大高 泰靖 (Hiroyasu Ohtaka)薬学科 教員紹介


大高 泰靖
 私たちが飲んだ薬は、その多くは胃腸で吸収され、血液により全身に届けられ、患部で薬が効きます。薬が血液と共に全身を流れる際に、血液に含まれるタンパク質(血漿タンパク質)と結合し、その結合のし易さが薬の効果に影響を与えます。
 そのため、いろいろな薬について、血漿タンパク質との結合し易さを測定し、どの薬が結合し易いかを調査しています。これらの結果を、薬の効き目に個人差がある現象の解明や各人の健康状態に応じて薬の量を調整するテーラーメード医療に役立てようと考えております。
 詳しくは研究室のホームページをご覧下さい .

所属・職名 千葉科学大学 薬学部 薬学科 准教授
千葉科学大学 大学院 薬学研究科
            薬科学専攻 博士課程(後期) 准教授
            薬科学専攻 修士課程 准教授

学歴・職歴 2001年3月 岡山理科大学 大学院 工学研究
                  システム科学専攻 博士課程 修了
2001年4月~2005年3月 ジョーンズ・ホプキンス大学(米国) 生物学科
                  博士研究員(~2004年3月)、助手(~2005年3月)
2005年4月~ 千葉科学大学 薬学部 薬学科 助手・助教・講師を経て現職

学位 博士(工学) (岡山理科大学 2001年3月)

専門分野 熱力学、分析化学、物理化学

主な担当科目 <学部>
薬品物理化学Ⅰ、薬品物理化学Ⅱ、薬品分析学 II (部分担当)、機器分析学(部分担当)、薬品分析物理学実習、薬学入門、特別実習
<大学院>
(修士課程) 薬品物理学・分析化学特論、薬品物理学・分析化学演習B、特別研究、(博士課程) 生命科学ゼミナールⅠ、特別講義Ⅰ、特別研究

主な論文・著書等 <著書>
「薬学分析化学」 廣川書店(東京) 2015年1月(部分担当)
日本薬学会物理系薬学部会・分析化学担当教員会議編 「薬学分析科学の最前線」 じほう(東京) 2010年3月 (部分担当)
日本薬学会編 スタンダード薬学シリーズ2 「物理系薬学 IV. 演習編」 東京化学同人(東京) 2008年5月 (部分担当)
Current Protocols in Cell Biology, unit 17.8, “Isothermal Titration Calorimetry” John Wiley & Sons (New York) 2004年(部分担当)
<学術論文>
"Diffusion-facilitated Direct Determination of Intrinsic Parameters for Rapid Photo-induced Bimolecular Electron-Transfer Reactions in Non-polar Solvents", A. Scully, H. Ohtaka, M. Takezaki, T. Tominaga, J. Phys. Chem. A, in Press (2015).
"Androidタブレットと学生証内蔵NFCタグを用いたポータブル出席登録補助システムの構築", 大高泰靖、植野千恵, 千葉科学大学紀要, 8, 111-114 (2015)
"薬学共用試験OSCEにおける時間管理の効率化の検討", 大高泰靖、武田光志、齋藤彌、澁川明正, 千葉科学大学紀要, 7, 111?114 (2014)
"4-Phenylbutyric acid protects against neuronal cell death by primarily acting as a chemical chaperone rather than histone deacetylase inhibitor", S. Mimori, H. Ohtaka, Y. Koshikawa, K. Kawada, M. Kaneko, Y. Okuma, Y. Nomura, Y. Murakami, Bioorg. Med. Chem. Lett., 23, 6015-6018 (2013)
"Phase transitions of highly asymmetric chain-length N-lignocerylsphingomyelin (C24:0-SM) bilayer", H. Ohtaka, Y. Kawasaki, M. Kodama, J. Therm. Anal. Calorim., 113, 1593-1602 (2013)
"The Main Transition Enthalpy of the Gel-to-Liquid Crystal Phases for a Series of Asymmetric Chain Length D-Erythro (2S, 3R) Sphingomyelins", M. Kodama, Y. Kawasaki, H. Ohtaka, Thermochim Acta, 532, 22-27 (2012)

所属学会 日本薬学会、日本エイズ学会、日本熱測定学会

その他 ◯ 出張講義テーマ
  薬剤師資格と薬学部で学ぶこと
  体験実験を伴う「薬物乱用防止教室」の実施
  エイズ感染の現状と新治療薬の創り方
  クエン酸と重曹を利用した実験
  小学生向きサイエンスショー
◯ 公開講座、出張講義・実験実績
  薬物乱用防止教室 (2013/12-現在) 計29回(銚子・旭・神栖市の小・中・高校にて)
    (同教室の詳細・申込みはこちら)
  一般向け公開講座 (2011/10-現在) 計3回(千葉、東京にて)
  出張講義 (2005/4-現在) 計18回(千葉、茨城、東京、山梨、岡山、静岡などにて)
  出張実験 (2005/4-現在) 計18回(銚子市、神栖市の小学校・中学校・高校にて)
  教員免許状更新講習会 講師 (2013/8-現在) 計3回(千葉科学大学にて)
◯ 作成プログラム
  Androidタブレットと学生証内蔵NFCタグを用いたポータブル出席登録補助システム
  薬学共用試験OSCE用 時間管理プログラム(Windows OS)

このページの先頭へ