藤本 一雄 (Kazuo Fujimoto)危機管理システム学科 教員紹介


藤本 一雄
当研究室では、自然災害によるリスクを社会全体で軽減することを目標として、地域の自然災害に関連する総合的なデータベースの構築、広域での地震危険度の評価手法の開発、地震防災への地理情報システム(GIS)の応用など防災・減災に関する研究を行います。これらの成果を地域社会に積極的に還元していくことで、より安全で安心して暮らせる社会の実現を一緒に目指していきたいと考えている意欲的な学生を歓迎します。
 詳しくは研究室のホームページをご覧下さい .

所属・職名 千葉科学大学 危機管理学 危機管理システム学科 教授
千葉科学大学 大学院 危機管理学研究科 危機管理学専攻 修士課程 教授
千葉科学大学 大学院 危機管理学研究科 危機管理学専攻 博士課程(後期) 教授
千葉科学大学 図書館長

学歴・職歴 1999年3月 東京工業大学 大学院 総合理工学研究科
               人間環境システム専攻 博士課程 修了

学位 博士(工学) (東京工業大学 1999年3月)

専門分野 地震工学、地震防災学、災害リスクマネジメント

主な担当科目 <学部>
災害情報論入門、銚子学、地震と火山の科学、地理情報(GIS)入門、専門文献講読Ⅰ、意志決定の科学、卒業研究
<大学院>
総合危機管理特論 I (基盤)、総合危機管理特論 III (災害・社会)、総合危機管理演習 II (災害・社会)、総合危機管理学ゼミナール I (対策論)

主な論文・著書等 <学術論文>
藤本一雄・戸塚唯氏:東日本大震災被災者の後悔に関する証言に対するドキュメント分析から考える防災活動の目的、地域安全学会論文集、No.27、pp.1-11、2015.
藤本一雄・戸塚唯氏:2011年東北地方太平洋沖地震の危機対応時に千葉・茨城県の小・中学校が直面した問題の因果関係、自然災害科学、Vol.32、No.4、pp.313-322、2014.
藤本一雄・能登貴仁:住民の防災対策実施を支援するための地震ハザードマップを作成する際の考慮事項、災害情報、No.11、pp.32-42、2013.
藤本一雄・室井房治・鈴木達也・影島聖道・能登貴仁:千葉県北東部沿岸地域の津波避難に関する考察-主に2011年東北地方太平洋沖地震と2010年チリ地震における千葉県銚子市沿岸住民の津波避難行動の比較から-、自然災害科学、Vol.31、No.1、pp.23-33、2012.
藤本一雄・木村栄宏:大学生の意見を取り入れた携帯防災マニュアルの作成、自然災害科学、Vol.30、No.2、pp.233-242、2011
藤本一雄・戸塚唯氏:確率論的地震ハザードマップのリスク情報に対するリスク認知特性、日本リスク研究学会誌、Vol.20、No.1、pp.49-58、2010.
<発表>
藤本一雄:戦災体験談から見た逆境から立ち直る力に関する基礎的分析、地域安全学会梗概集、No.37、pp.13-16、2015.
5. 藤本一雄・原田典斉:OODAループの観点から見た東日本大震災での学校の危機対応における意思決定過程、地域安全学会東日本大震災特別論文集、No.3、pp.13-16、2014.10.
藤本一雄・坂本尚史、狩野 勉、細川正清、仲田博史、室井房治、近藤伸也:最悪の結果から考える弱点発見ワークショップの試行、日本安全教育学会第15回宮城大会講演予稿集、2014.
<著書>
日本建築学会:地盤震動と強震動予測―基本を学ぶための重要項目―、7章 地震波動論の基礎(一部)、資料編Ⅱ 平成16年(2004)年新潟県中越地震、丸善出版株式会社、2016.

所属学会 日本地震工学会、地域安全学会(理事、学術委員)、日本自然災害学会(編集委員)、日本安全教育学会、日本建築学会、日本災害情報学会

その他 受賞:日本地震工学会論文奨励賞(2007年)  
現在の社会貢献: 匝瑳市防災会議・委員、銚子ジオパーク推進協議会・顧問、千葉県教育庁平成28年度防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業(命の大切さを考える防災教育公開事業)推進委員会 推進委員
過去の社会貢献:千葉県地震被害想定調査検討会・構成員(2014~2016年)、千葉県石油コンビナート防災アセスメント検討部会・委員(2014~2015年)、四街道市総合計画審議会委員(2012~2014年)、銚子市危機管理担当・参与(2011~2015年)

このページの先頭へ