藤本 一雄 (Fujimoto Kazuo)

 


 当研究室では、自然災害によるリスクを社会全体で軽減することを目標として、地域の自然災害に関連する総合的なデータベースの構築、広域での地震危険度の評価手法の開発、地震防災への地理情報システム(GIS)の応用など防災・減災に関する研究を行います。これらの成果を地域社会に積極的に還元していくことで、より安全で安心して暮らせる社会の実現を一緒に目指していきたいと考えている意欲的な学生を歓迎します。

 

>> 詳しくは研究室のホームページをご覧下さい

 


 

所属・職名

千葉科学大学 危機管理学部 危機管理システム学科 教授

千葉科学大学 大学院 危機管理学研究科
             危機管理学専攻 修士課程 教授

千葉科学大学 大学院 危機管理学研究科
            危機管理学専攻 博士課程(後期) 教授
千葉科学大学 図書館長

学歴

1999年3月 東京工業大学 大学院 総合理工学研究科
               人間環境システム専攻 博士課程 修了

学位

博士(工学) (東京工業大学 1999年3月)

専門分野

地震工学、地震防災学、災害リスクマネジメント

主な担当科目

◯ 大学院
 総合危機管理特論 I (基盤)、総合危機管理特論 III (災害)、総合危機管理演習 II (災害)、総合危機管理学ゼミナール I (対策論)


◯ 学部
 地震と火山の科学、コンピュータグラフィックス、地理情報(GIS)入門、セキュリティ論、意志決定の科学、専門文献講読 I 、モデル化とシミュレーション

主な論文・著書等

◯ 学術論文
  • 藤本一雄・室井房治・鈴木達也・能登貴仁:千葉県北東部沿岸地域の津波避難に関する考察-主に2011年東北地方太平洋沖地震と2010年チリ地震における千葉県銚子市沿岸住民の津波避難行動の比較から-、自然災害科学、Vol.31、No.1、2012.5.
  • 藤本一雄・能登貴仁:住民の防災対策を支援する地震ハザードマップのあり方に関する基礎的検討、第30回日本自然災害学会学術講演会概要集、pp.183-184、2011.11.
  • 能登貴仁・藤本一雄:地震ハザードマップのわかりやすさに関する研究、第30回日本自然災害学会学術講演会概要集、pp.181-182、2011.11.
  • 藤本一雄・木村栄宏:大学生の意見を取り入れた携帯防災マニュアルの作成、自然災害科学、Vol.30、No.2、pp.233-242、2011.9.
  • 藤本一雄・濱川克規:AHPを用いた地震防災対策選択における意思決定に関する研究、地域安全学会梗概集、No.28、pp.43-46、2011.5.   
  • 藤本一雄・翠川三郎:マグニチュードの影響を考慮した計測震度と地震動強さ指標の関係式、日本地震工学会論文集、Vol.10、No.2、pp.1-11、2010.5.   
  • 藤本一雄・戸塚唯氏:確率論的地震ハザードマップのリスク情報に対するリスク認知特性、日本リスク研究学会誌、Vol.20、No.1、pp.49-58、2010.3.   
  • 藤本一雄・翠川三郎:近接観測点ペアの地震記録に基づく気象庁震度観測点での地盤の平均S波速度の簡易推定、地域安全学会論文集、No.10、pp.339-346、2008.11.   
  • 藤本一雄・翠川三郎・大町達夫:大学キャンパスの安全管理マッピングシステムの開発、地域安全学会論文集、No. 6、pp.43-50、2004.11.

◯ 著書
  • 日本建築学会:2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報、4.3.2 千葉県の建物被害、4.6 津波被害(第4章 関東地方の被害)、日本建築学会、2011.7.

所属学会

日本地震工学会、地域安全学会、日本自然災害学会、日本リスク研究学会、日本建築学会、日本災害情報学会

その他