1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 危機管理学部
  4. 環境危機管理学科
人々が安心して暮らすことのできる社会の構築を目指し、
より良い環境を作り出すことに貢献できる人材を養成します

大学のある銚子は雄大な自然に囲まれています。太平洋、利根川の「水」と屏風ヶ浦の「大地」という豊かで恵まれた環境は、水産業や農業、風力発電に適しています。この銚子にしかない豊かな環境を教材に持続可能な社会について学ぶと同時に、未来を担う子供たちに環境について教える術を学びます。

環境科学コース

  • 地球環境保全
  • 自然災害に関する危機管理
  • 安全な水の確保

地域の雄大な自然から環境保全と自然災害に関する危機管理と安全な水の確保について学びます。 環境科学コースはこちら

理科教員コース

  • 危機管理や環境問題に関する知識
  • 時代に即応できる理科・環境教育手法
  • 教員採用試験対策

持続可能な社会を実現するための教員を育成します。 博物館学芸員の資格取得を目指します。 理科教員コースはこちら

風力発電コース

  • 風力発電のメンテナンスに必要な総合的な危機管理の素養
  • 風力発電の機械、電気等の専門知識と技能
  • 風力発電の地球環境上の意義

風力発電コースはこちら

在校生の声

STUDENT'S REPORT
危機管理学部 環境危機管理学科 3年生
(千葉県出身)
太田 希志乃 さん

理科の教員を目指して頑張っています。
講義でPCを使って資料を作成したり、大勢の人の前で話をする機会もあり、プレゼン能力も養われます。

学科の特色

  • 環境を守り、次世代につなげる力を身につける
    環境危機管理学科は、「環境科学コース」と「理科教員コース」の2コースから構成されています。危機に直面する自然と向き合うことを基本として、フィールドで感じたことを実験や分析により裏付けられる力を身につけ、環境保全を目的として活用・発信できる人材を育成します。
  • 豊かな自然環境を活かした実践的なフィールドワーク
    大学のある千葉県銚子市は海、川、森など自然豊かな環境に恵まれ、2012年には「日本ジオパーク」にも認定されました。学科ではこの豊かな自然環境を活かした“体で学ぶ”講義や実験実習が多く開講されています。
  • 最新機器が揃う充実した実験設備
    環境の状態を正確に知るためには、精密な測定が重要です。充実した実験設備を活用しながら、基礎的な環境分析法を学ぶとともに、機器分析装置の操作法などを学んでより高度な分析技術を習得します。
  • 理科教員・博物館学芸員などの資格が取得可能
    環境や危機管理について学べるだけでなく、中学校・高等学校の理科教員免許状を取得することが可能です。カリキュラムで模擬授業や教材開発ができる科目や教員採用試験を意識した科目なども開講され、時代に即応できる理科・環境教育手法を身につけます。また、博物館学芸員資格も取得可能です。

環境危機管理学科の教育目的

地球温暖化などの地球環境問題に危機管理・リスク管理の視点から、暮らしの安全・安心の確保に加え、自然との共生と地球環境の持続的利用と環境教育の発展に貢献できることの出来る人材の養成を目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
本学科は、自然との共生、地球環境の持続的利用に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与できる人材を養成することを目指しています。この目的を達成するために、環境科学、環境保全などの専門知識、環境調査、地球環境の持続的利用技術などの技能を身に付け、環境に関わる分野の業務に従事したい人を求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 自然との共生、地球環境の持続的利用が可能な安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
  4. コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

危機管理の素養を身につけ、環境に関する専門知識と技能を有し、自然との共生、地球環境の持続的利用が可能な安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

初年次教育では自然科学系の基礎知識を学科基礎科目として修得し、更に「危機管理学入門」等の学部共通科目及び「環境基礎」、「環境基礎実習」等の学科基礎科目により危機管理及び専門分野における基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。2年次から3年次にかけては、「野外調査法Ⅰ」等の学科基礎科目に加えて、学科専門科目において、SGDや演習、実習などによりアクティブラーニングを実践し、環境科学、水質科学、海洋科学、再生可能エネルギーの科学など環境に関する専門知識及び環境保全、環境調査、環境分析、風力発電の実務など地球環境の持続的利用に関する技能が効果的に修得できるように設定されている。3年次より研究室に所属し、環境に関する専門分野に携わる者として必要なコミュニケーションスキル、研究手法等を学び、4年次に卒業研究をとおして総合的な問題解決能力が身につくように設定されている。

また、教育課程を通じて「キャリアデザイン」、「教養ゼミナール」、「環境科学ゼミナール」、「企業等体験実習」等のキャリア科目において、環境に関わる現場の見学や演習により、自然との共生、地球環境の持続的利用が可能な社会の構築に貢献する態度と技術を身に付け、将来の進路選択に活かせるように設定されている。
「卒業研究」は学科で求める知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

環境危機管理学科では、自然との共生、地球環境の持続的利用に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与する態度と思考力を身につけた者に学士(危機管理)の学位が授与される。

知識
自然科学の基礎的な知識と応用力
環境科学、水質科学、海洋科学、再生可能エネルギーなど環境に関する専門知識
技能
環境保全、環境調査、環境分析、再生可能エネルギーなど地球環境の持続的利用に関する技能
態度
環境に関する専門分野に携わる者として必要なコミュニケーション能力を有し、自然との共生、地球環境の持続的利用が可能な社会の構築に貢献する態度
思考力
問題に対して、論理的・実践的な解決策を考案する能力
page top