1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 危機管理学部
  4. 保健医療学科
  5. 臨床検査学・臨床工学コース
国家資格のダブルライセンスを目指す!

臨床検査学・臨床工学コース概要

危機管理の素養を持ち、臨床検査技師と臨床工学技士の国家試験受験資格取得を目指す人材を養成します。

ダブルライセンスを取得するために
  • 4年間で、臨床検査技師と臨床工学技士の国家試験に必要なすべての科目を配置したカリキュラムを作成し、ダブルライセンス取得に向けたサポート体制に取り組んでいます。
  • それぞれの国家試験に向けた対策講座、面談を定期的に行い、効率的な成績向上に取り組んでいます。
ダブルライセンスの活躍するフィールド
  • ダブルライセンス取得後は、主に大学病院や地域の基幹病院で働くことができます。
  • ダブルライセンス取得者は、就職の際に選択肢が増えることで、将来の自分を明確にイメージすることができます。
  • 医療機器メーカー、教育研究機関での研究・開発を行うことができます。
ダブルライセンスの重要性
  • 臨床検査と臨床工学二つの専門領域を勉強することで、それぞれの仕事や立場への理解が得られ医療連携におけるチーム活動に貢献できます。
  • 資格の垣根を越えて幅広い業務に対応できる医療従事者を育成します。
  • 疾患の発見や治療、医療機器の保守・点検など、様々な所で高度な専門性を発揮することができます。

学ぶ内容

チーム医療への貢献、医療機器の研究開発、医療安全への貢献、災害医療の貢献

開講科目

医用工学概論
医学と工学の学際的な領域の学問である医用工学(ME:Medical Engineering)には、診断治療機器学、生体信号計測学、医用電気工学、医用電子工学などの科目が含まれます。本講義では、実際の医療に応用される理工学的手法と計測技術に関する基礎知識を学び、医用工学機器ならびに医療システム化に対応できうる能力を養います。
生体機能代行装置学Ⅰ(代謝)
数ある生命維持管理装置の中でもっとも多くの患者に使用されている血液浄化装置を扱います。膜分離や吸着を利用して患者血液を浄化し、病態の改善を図る治療法を総称して血液浄化療法と呼びます。代表的な腎不全治療法として血液透析を、その原理、構造、操作、保守・点検、患者管理につき学びます。また血液透析以外の腎不全治療法、腎不全以外の血液浄化療法(アフェレシス療法)もあわせて扱い、総合的に理解できるよう学びます。
血液検査学
血液は血球と血漿から構成され、血球は赤血球、白血球、血小板の三系統からなります。その形態学的特徴と機能の関係、血液疾患と医学検査との関わりについて習得します。
臨床検査学総論Ⅰ
臨床検査医学における血液以外の検体検査(尿検査、便検査、脳脊髄液検査など)、および採血に際しての一般的な注意などを中心に学びます。臨床検査の現場としては最も日常的な部分であり実際的なことが多い分野です。
本学の授業計画(シラバス)はこちらをご覧ください。

取得可能な免許・資格

  • 臨床検査技師 国家試験受験資格
  • 臨床工学技士 国家試験受験資格
  • 第1・2種ME技術実力検定
  • 防災士
  • 食品衛生管理者
  • 健康管理士一般指導員

卒業要件とは別に、大学が定める科目の修得が必要です。

卒業後の進路

社会は人の生活の安全を創造、維持する技術を求めています!安全に対する需要は、普段の生活から、交通、製造、さらには医療現場、自然災害への対応と多岐にわたります。安全の創造に関する幅広い知識、意識を学んだ皆さんの可能性はたいへん広く、様々な分野における活躍が期待されます。

  • 民間病院の臨床検査専門職
  • 臨床検査関連企業
  • 病院の臨床工学専門職
  • 医療・介護支援機器メーカー
page top