1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 危機管理学部
  4. 保健医療学科
地域・救急・災害医療のあらゆる現場に対応し、
人の健康と生命を守る医療技術者を養成します。

保健医療学科の強み

  • 人と健康と生命を守る、即戦力の医療技術者を養成。
  • 国家資格取得をこまやかにサポート。
  • 薬学部・看護学部との連携教育により、チーム医療への対応力と実践力を育成。

学科概要

保健医療学科では、チーム医療、医療安全、災害医療を柱とした危機管理の素養を持つ医療のスペシャリストを養成します。
1年次より「臨床検査学」「臨床工学」「救急救命学」の3コース体制のもとで専門教育に取り組み、人と健康と生命を守るための高度な知識と技術を修得します。また、臨床検査技師、臨床工学技士、救急救命士の国家資格取得に向けて特別授業を開講するとともに、医療と医療危機管理に関連する多彩な資格取得をサポート。専門分野での活躍はもちろん、医療現場における安全管理から災害発生時の保健医療活動まで、さまざまな要請に対応できる即戦力の医療技術者を養成します。

臨床検査学コース

危機管理の素養を持ち、遺伝子関連検査などの先端医療に貢献できる臨床検査技師を養成します。

臨床工学コース

危機管理の素養と医療機器の工学的な専門技能を、医療の幅広い分野で発揮できる臨床工学技士を養成します。

救急救命学コース

災害や感染症を理解し、救急医療の心・技・体を兼ね備えた救急救命士を養成します。

在校生の声

学科の特色

  • 医療における危機知識を持った臨床検査技師・臨床工学技士・救急救命士を養成
    臨床検査学、臨床工学、救急救命学の3コース体制。人の健康と生命を守るための知識と技術を学び、チーム医療、医療安全、災害医療を柱とした危機管理の素養を持った医療技術者を養成し、医療現場における安全管理や災害発生時の保健医療活動に貢献します。
  • 危機管理能力を持つ臨床検査技師を養成「臨床検査学コース」
    「免疫検査」「臨床検査」「血液検査」などについて学び、データの提供・解析能力を養っていく。また、医療安全や災害医療などについて考えることで、医療の質と安全を確保し、医療事故の防止や院内感染を予防できる臨床検査技師を養成する。
  • 命を守るエンジニア・臨床工学技士を養成「臨床工学コース」
    医療と工学の関わりについて学び、心臓や肺・腎臓の役割をする生命維持装置などの扱い方を身につけ、命を守るエンジニア・臨床工学技士を育成する。また、医療の安全を守り、災害時には医療スタッフとして活躍できるよう、危機管理についても学習していく。
  • 即戦力となる救急救命士を養成「救急救命学コース」
    救急現場において、患者と周囲の状態を把握し、どのような処置を優先して行うべきか迅速に判断できる救急救命士を育成する。また、災害医療や感染症、国内外の救急医療システムについても学習していく。

保健医療学科の教育目標

  1. 安全で安心な平和社会を創り出すことに貢献し、保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)に関する専門的知識及び技能を有し、医療技術分野におけるリスクや危機に迅速かつ的確に対応できる基礎的能力の育成
  2. 医療安全対策や、災害医療の場において貢献できる基礎的能力の育成
  3. チーム医療に携わる者として医療全般にわたり広い視野と見識を持ち、他の医療従事者とコミュニケーションをとりながら協力し、医療に貢献できる能力の育成
  4. 生涯を通じ、進歩する医療技術に対し生涯を通じ最新の知識・技術を修得しようとする能力の育成
  5. 問題に対し論理的・実践的な解決策を考案する能力の育成
  6. リスク・危機管理の実践を通じ、国際社会においても活躍・貢献できる基礎的能力の育成
ディプロマポリシー(学位授与方針)DP

保健医療学科
保健医療学科では、人の健康と生命を守るための知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(危機管理)の学位が授与されます。

知識
自然科学の基礎的な知識と応用力
保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)における専門知識
技能
保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)の専門知識に基づく医療技術
態度
医療人・社会人として必要なコミュニケーション能力を有し、チーム医療に貢献する態度
思考力
問題に対して論理的・実践的な解決策を考案する能力
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

保健医療学科
危機管理と医療技術の素養を身につけ、保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)に関する専門知識と技能を有し、チーム医療を通して安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示します。

初年次教育では自然科学系の基礎知識を学科基礎科目として修得し、更に「危機管理学入 門」等の学部共通科目及び「医学概論」等の学科基礎医学科目により危機管理及び専門分野における基礎的な知識・技能が修得できるように設定されています。2年次から3年次にかけては、「病理学」、「微生物学」等の学科基礎医学科目に加えて、コース別専門科目(臨床検査学・臨床工学・救急救命学コース)において、SGD(Small Group Discussion)や演習、実習などによりアクティブラーニングを実践し、保健医療分野に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されています。3年次より研究室に所属し、医療人・社会人として必要なコミュニケーションスキル、研究手法等を学び、4年次に卒業研究をとおして総合的な問題解決能力が身につくように設定されています。
また、教育課程を通じて「キャリアデザイン」、「教養ゼミナール」、「臨床検査臨地実習」、「臨床工学臨床実習」、「病院内実習」等のキャリア科目において、人の健康と生命を守る医療現場の見学や実務実習により、チーム医療に貢献する態度を身につけ、将来の進路選択に活かせるように設定されています。
「卒業研究」は学科で求める知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられています。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP

保健医療学科

入学者選抜
本学科は、保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)に関する専門知識と技能を有し、チーム医療を通して安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な人材を養成することを目指しています。この目的を達成するために、人の健康と生命を守るための知識と技能を身につけ、保健医療分野の業務に従事したい人を求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 保健医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)に関する専門知識と技能を身に付け、チーム医療を通して安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
  4. コミュニケーション能力を有する者
page top