奨学金・特待生制度

奨学金制度について

人物、学業に優れ、かつ経済的理由のため修学が困難な学生に経済的援助を行い、教育の機会均等を図るために日本学生支援機構や地方公共団体などによる奨学金制度の相談窓口を学生課が担当します。

国の教育ローン

国民生活金融公庫による公的な融資制度 「国の教育ローン」があります。
詳しくは最寄りの金融機関にお尋ねください。

ホームページ

http://www.jfc.go.jp/

日本学生支援機構奨学生の申込について

※留学生は出願できません。

1.奨学金の種類

○ 第一種奨学金(無利息)
貸与月額 自宅通学者月額54,000円
     自宅外通学者月額64,000円
○ 第二種奨学金(利息付)
貸与月額は、自宅・自宅外にかかわらず、下記の金額から希望する月額を各自で決定する。
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円
の5種類から選択。(薬学課程においては140,000円を選択できます)

2.申込資格

日本学生支援機構の奨学金は、優れた学生であって経済的理由により修学に困難であると認定された者に対して貸与することになっています。

○第一種奨学金
〔1年次生〕
高等学校又は専修学校の高等課程最終2か年の学習成績の評定を全履修科目について平均した値が3.5以上の者又は国の行う大学入学資格検定に合格した者。
〔2年次生以上〕
大学での学習成績が、本人の属する学科の上位3分の1以内であること。
○第二種奨学金〔全学年共通〕
次のいずれかに該当する者とする。
(1) 1年次生の者は、高等学校又は専修学校の高等課程における最終2か年の学習成績が、当該出身学校において平均水準以上と認められる者。
2年次生以上の者は、大学の学習成績が本人の属する学科の平均水準以上と認められる者。
(2) 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者。
(3) 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込があると認められる者。
(4) 大学入学資格検定に合格した者で、上記の(1)(2)又は(3)に準ずると認められる者
  • ※日本学生支援機構奨学生には、上記の学力基準の他に家計収入基準も設定されています。
    家計収入については家族の居住地や家族人数によって計算値が違ってきます。
    また、家計収入が日本学生支援機構が定めている収入基準をオーバーしている場合は出願することができません。家計収入については、出願時に提出していただく資料から大学側で計算します。
  • ※出願者が募集内示数より多い場合は、出願基準に該当していても採用枠に入れない場合があります。

兄弟姉妹学納金減免制度について

経済的負担を軽減するための制度。兄、姉が在学中で弟、妹が入学した場合、その入学した年度から、兄弟姉妹の重複在学期間中、兄、姉の授業料の半額免除を行います。

在学生の特典 入学生の特典
兄または姉の卒業までの授業料
50%免除
弟または妹の入学金
10万円免除
制度の一例
  • ※兄弟姉妹学納金減免制度の利用を希望する方は、希望する年度ごとに申請をし審査を受ける必要があります。
    適用のためには在学期間中一定の条件を満たす必要があります。また他減免制度との併用制限がありますので、適用・継続条件については必ず「兄弟姉妹学納金減免制度 規程」をご確認ください。

兄弟姉妹学納金減免制度 規程 (PDF:91KB)

特待生制度について

薬学部・危機管理学部・看護学部 入試特待生制度

薬学部対象

特待生種別 内容 入試得点率 該当入試対象者数 ※2
A方式 センター
前期
特待生S 6年間の全学費を免除※1 90%以上 3名 2名
特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除※1 85%以上 6名 2名
特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除※1 80%以上 14名 5名
特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除※1 75%以上 30名 3名

危機管理学部対象

特待生種別 内容 入試得点率 該当入試対象者数 ※2
A方式 センター
前期
パイロット
センター
特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除※1 90%以上 2名 2名 3名
特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除※1 80%以上 5名 2名 2名
特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除※1 75%以上 10名 3名 3名

看護学部対象

特待生種別 内容 入試得点率 該当入試対象者数 ※2
A方式 センター
前期
特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除※1 90%以上 1名 2名
特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除※1 80%以上 4名 2名
特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除※1 75%以上 8名 1名
  • ※1 入学金を除く
  • ※2 「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生合格者とします。従って「入試得点率」を満たしていても成績順位によっては下位の特待生種別となる場合、もしくは特待生となれない場合があります。
Point.1 専願制入試合格者もチャレンジできる
AO入試、特別推薦入試の合格者も合格学科に限り挑戦可能
Point.2 センター試験利用でも挑戦できる
センター試験の得点で判定することも可能なので自己採点後に挑戦可能
Point.3 最大13会場に試験会場設定
一般入試前期A方式
(1/29,1/30)
札幌※、仙台、水戸、さいたま、千葉、東京、新潟、
甲府※、長野、静岡、福岡※、那覇※、銚子
(※札幌・甲府・福岡・那覇会場は1/29のみ実施)

詳しくはこちら

推薦入試K方式(特待生制度)

人数 最大10名
対象 薬学部・危機管理学部・看護学部に合格した者のうち成績上位者から志願者数の10%以内を対象とする。
期間 1年間
内容 学費全額(授業料・実験実習費・施設設備費)を免除。ただし、入学金は免除しない。
このページの先頭へ