1. 千葉科学大学ホーム
  2. 入試情報

「平成30年7月豪雨」「大阪府北部を震源とする地震」「平成30年度北海道胆振東部地震」による被災地在住の受験者に対する特別援助措置について

標記の災害による被災地在住の受験者に対し、つぎの要領で特別援助措置を実施します。

1. 特別措置の内容
(1)対象者
これらの災害で災害救助法が適用された地域で被災されたことにより、家庭事情が急変し、本学に進学する意思があるにもかかわらず、進学が困難となった平成31年度入学生(受験者、転・編入学を含む)を対象とします。
(2)援助内容
次表の内容を被災の程度に応じ援助します。具体的な援助方法は、個別に指示します。

被災程度 援助内容
次のいずれかに該当する場合
・保証人(学費支弁者)が亡くなられた場合
・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が半壊以上、半焼以上あるいは流出した場合
○検定料・入学金全額免除
○年間授業料全額あるいは半額免除
次のいずれかに該当する場合
・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が一部損壊した場合
・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が床上又は床下浸水の場合
○検定料・入学金全額免除

2. 申請方法
次の書類を、本学入試広報室に提出してください。
災害による特別援助措置申請書(PDF:199KB)
②罹災証明書 (公的機関発行のものをご用意ください。証明書が出ない場合などについては、本学入試広報室に相談してください)
③授業料の減免を希望する場合は、所得に関する証明書
※別途、本学が指定する期日までに提出
(「千葉科学大学自然災害による就学困難学生に対する授業料等減免措置に関する規程」別表2ロ号による <下表参照>)

【家計基準】
当該災害発生年の前年もしくは当年の収入金額いずれかが、給与所得者である場合は収入金額が841万円以下、給与所得者以外の場合は所得金額が355万円以下であること。
※緊急時の取り扱いについては、本学入試広報室に相談願います。

④その他、診断書など被災を証明する書類

3.選考方法等
被災の程度について書類審査を行い、その結果に基づき、学長が対象者を選定し、理事長が決定します。

4.その他
既受験者のうち本特別援助措置の適用を希望する者については、学長の判断により本取り扱いを遡及して適用します。

【連絡先】
千葉科学大学 入試広報室
受験生ホットライン 120-919-126
(直通)0479-30-4545
FAX 0479-30-4546
e-mail koho@cis.ac.jp

在籍高校における試験実施について(AOⅣ期、AOⅤ期)

今年度(平成30年度)日本各地で発生した大規模自然災害を受けて、受験生の皆様への受験上の配慮の一環として、 AOⅣ期、AOⅤ期においては、当初設定した試験会場に加え、在籍する高等学校での受験を可能とすることとしました。(看護学部・危機管理学部パイロットコースを除く)
在籍高校の了承を受け、この特別措置を希望する場合は詳細記載のPDFを確認いただき、手順に沿って手続きを行ってください。

【問合せ先】
千葉科学大学 入試広報室
受験生ホットライン 120-919-126
(直通)0479-30-4545

薬学部・危機管理学部・看護学部 特待生制度

千葉科学大学では、これまでに全国から集まった「人を助けたい」という気持ちあふれる学生たちが育ち、医療現場をはじめ、様々な社会の現場で活躍しています。これからも「人を助けたい」と思う学生の「志」をバックアップするため経済支援制度を行っていきます。

薬学部最大65名が入試特待生
  • 特待生S 6年間の全学費を免除(入学金を除く) 5名
  • 特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除(入学金を除く) 8名
  • 特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除(入学金を除く)19名
  • 特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除(入学金を除く)33名
  • 危機管理学部最大32名が入試特待生
  • 特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除(入学金を除く) 7名
  • 特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除(入学金を除く) 9名
  • 特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除(入学金を除く)16名
  • 看護学部最大18名が入試特待生
  • 特待生Ⅰ 4年間の全学費を免除(入学金を除く) 3名
  • 特待生Ⅱ 2年間の全学費を免除(入学金を除く) 6名
  • 特待生Ⅲ 1年間の全学費を免除(入学金を除く) 9名
  • 障害等のある方への受験上及び入学後の就学上の配慮

    病気・負傷や障害等のために受験上の配慮及び入学後の就学上の配慮を希望する場合は、以下の手順で事前に相談してください。
    なお、希望する受験上の配慮の内容により、対応できる試験会場が銚子会場のみとなる場合があります。

      (1) 障害等があり、受験上の配慮及び入学後の就学において配慮を希望する場合
    • ①願書受付開始前のできるだけ早い時期に入試広報室に連絡してください。連絡が遅い場合、対応できないことがあります。
    • ②事前相談では、試験当日の受験上の配慮だけではなく、希望する学科(必要に応じて本学健康管理センター)と入学後の就学、生活環境に支障がないか相談を行います。
    • ③相談時には、ア)受験上及び就学上の配慮等申請書 イ)健康診断書(病院様式で可) ウ)障害者手帳又は療育手帳の写し等を提出していただく場合があります。
    • ④事前相談後、本学から受験時等の対応について連絡をします。

    受験生の皆さんへ

    入学試験時間中に監督者の指示に従わない場合や不正行為を行った場合は、疑わしい行為も含めて厳正に対処します。

    受験生が試験時間中に机の上に置けるものは、「千葉科学大学入学試験要項」に記載していますので、試験前に必ず確認してください。これら以外のものは、特別の許可がない限り使用することはできませんので、すべてカバン等に入れて座席の下または、試験監督に指示された場所に置いてください。

    携帯電話等の電子機器の取り扱いについては、「千葉科学大学入学試験要項」の記載内容にかかわらず、試験開始前に、監督者から注意があった場合は、その指示に従ってください。

    試験当日、学校保健安全法施行規則によって出席停止が定められている感染症(インフルエンザ、麻疹、風疹等)に罹患し治癒していない場合は、他の受験生や監督者等に伝染の恐れがあるため、受験できません。ただし、病状により学校医や医師において伝染の恐れがないと認められた場合は、この限りではありません。
    なお、上記により受験できなかった場合でも、追試験等の特別措置や入学検定料の返還措置はございません。
    当日の体調管理には十分気を付けてください。

    大学進学相談会日程

    2018年度大学進学相談会日程は、決定次第、随時掲載しております。
    大学進学相談会」「トピックス」ページの情報をその都度ご確認ください。

    ご意見、ご質問は、千葉科学大学 入試広報室までお願いします。

    千葉県銚子市潮見町3番
    受験生ホットライン: 0120-919-126
    TEL:0479-30-4545 FAX:0479-30-4546
    E-mail:koho@cis.ac.jp

    制作には、細心の注意を払っておりますが、最終的には入学試験要項でご確認ください。

    page top