1. 千葉科学大学ホーム
  2. 入試情報
  3. 試験科目・出題範囲

2018年度試験科目・出題範囲

試験科目・配点・時間

入試区分 学部名 試験科目等 備考 配点



AO入試(専願)
Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期
(パイロットコースを含む)
全学部 ・書類審査(調査書・基礎資料)と面接による総合評価 ・専願制
・既卒者可
・特別推薦入試との併願不可
・Ⅵ期はパイロットコースを除く
 



特別推薦入試
(指定校選抜)
(専願)
全学部
(パイロットコースを除く)
・書類審査(調査書・高等学校長の推薦書等)
・面接による総合評価
・専願制
・卒業見込者に限る
・AO入試との併願不可
 
特別推薦入試
(専門高校・総合学科選抜)(専願)
特別推薦入試
(普通科選抜)
(専願)
推薦入試K方式(併願)
(パイロットコースを含む)
(入試特待生制度)
  1時間目
(60分)
調査書
(評定平均値×10点)
・併願制
・第二志望制
(看護学部及びパイロットコースを除く)
・特待生制度
(最大10名入学金除く1年間学費免除)
・既卒者可
・調査書 50点
・1科目 200点
・合計 250点
薬学部 英語・数学・物理・化学・生物から1科目選択
危機管理学部 英語・数学・物理・化学・生物・国語から1科目選択
※パイロットコースは上記の他に操縦適性検査及び面接を課す
看護学部 英語・数学・化学・生物・国語から1科目選択



前期 A方式
(入試特待生制度)
< 2日間共通> 1時間目
(60分)
2時間目
(60分)
3時間目
(60分)
・入試特待生制度:
入学金を除く学費全額免除
薬学部:最長6年間53名
危機管理学部:最長4年間17名
看護学部:最長4年間13名
・試験日自由選択制
危機管理学部は<2科目型>①②③から2科目選択(但し、3科目受験した場合は高得点2科目で判定)
・第二志望制度
(看護学部を除く)
・各科目 100点
薬学部:
計300点

危機管理学部:
計200点

看護学部:
計300点
薬学部
[3科目型]
①物理・化学・生物から1科目選択 ②英語 ③数学
危機管理学部 
[2科目型]
①物理・化学・生物から1科目選択 ②英語 ③数学・国語から1科目選択
看護学部
[3科目型]
①化学・生物から1科目選択 ②英語 ③数学・国語から1科目選択
B方式 1時間目(60分) 2時間目(60分) 薬学部・看護学部は< 2科目型>
危機管理学部は< 1科目型>①②から1科目選択(但し、2科目受験した場合は高得点1科目で判定)
・第二志望制度
(看護学部は第一志望のみ)
・各科目 100点
薬学部:
計200点

危機管理学部:
計100点

看護学部:
計200点
薬学部
[2科目型]
①化学・英語から1科目選択 ②数学
危機管理学部 
[1科目型]
①化学・生物・英語から1科目選択 ②数学・国語から1科目選択
看護学部
[2科目型]
①化学・生物・英語から1科目選択 ②数学・国語から1科目選択
後期入試   100分で2科目 ・第二志望制度
(看護学部は第一志望のみ
・各科目 100点
合計 200点
薬学部 英語・数学・物理・化学・生物から2科目選択(理科2科目選択は不可)
危機管理学部  英語・数学・物理・化学・生物・国語から2科目選択(理科2科目選択は不可)
看護学部 英語・数学・化学・生物・国語から2科目選択(理科2科目選択は不可)
センター
試験利用
入試(前期)
(入試特待生制度)
全学部  本学独自の学科試験を課さず、平成30年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した3科目により判定 ・入試特待生制度:
入学金を除く学費全額免除
薬学部:最長6年間12名
危機管理学部:最長4年間7名
看護学部:最長4年間5名
・各科目 200点
合計 600点
センター
試験利用
入試(中期)
全学部  本学独自の学科試験を課さず、平成30年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した2科目により判定   ・各科目 200点
合計 400点
センター
試験利用
入試(後期)
全学部  本学独自の学科試験を課さず、平成30年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した2科目により判定   ・各科目 200点
合計 400点
  社会人 薬学部
危機管理学部 
・書類審査
・面接
   

:航空技術危機管理学科 パイロットコースは除きます。

入試区分 学部名 試験科目等 備考 配点
A
O

AO入試
Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期
(専願制)
航空技術危機管理学科
パイロットコース
・書類審査(調査書・基礎資料)
・面接
・操縦適性検査
・専願制
・既卒者可
 



パイロットコース一般 航空技術危機管理学科
パイロットコース
①物理・化学・生物から1科目 ②英語 ③数学・国語から1科目 ・面接、操縦適性検査あり ・各科目 100点
合計 300点
パイロットコース
センター試験利用入試(併願制)
1次試験 2次試験   ・各科目 200点
合計 600点
平成30年度大学入試センター試験の出題科目から、必須1科目と選択2科目の合計3科目により判定 ・書類審査(調査書・基礎資料)
・面接(英語による面接を含む)
・操縦適性検査

※特待生制度・学納金等詳細は2018年度入学試験要項で確認してください。
※障がい等があり、受験及び入学後の就学において特別な配慮を希望する場合、願書受付開始日までに事前に入試広報室(0120-919-126)までご連絡ください。

出題範囲

数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトル)
英語 コミュニケーション英語Ⅰ、Ⅱ、英語表現Ⅰ
理科 物理 物理基礎、物理
化学 化学基礎、化学
生物 生物基礎、生物
国語 国語総合(古文・漢文を除く)

※学部、入試区分及び学部により出題範囲に違いがありますので、2018年度入学試験要項で確認してください。

センター試験利用入試(前期)試験科目

選考方法

本学独自の学科試験を課さず、以下に示す試験科目から各学科で指定した3科目で判定
薬学部は、理科から2科目、数学、英語及び国語から1科目で判定
看護学部は、必須2科目と選択1科目で判定

◎(選択必須科目) ●(必修科目) ○(選択科目)

学部 薬学部 危機管理学部 看護学部
学科 薬学科 生命薬科学科 危機管理システム学科 環境危機管理学科 医療危機管理学科 航空技術危機管理学科 動物危機管理学科 看護学科




数学Ⅰ
数学Ⅰ・数学A
数学Ⅱ
数学Ⅱ・数学B
簿記・会計      
情報関係基礎      


物理基礎
化学基礎
生物基礎
地学基礎      


物理  
化学
生物
地学      


英語

国語



世界史A      
世界史B      
日本史A      
日本史B      
地理A      
地理B      

現代社会      
倫理      
政治・経済      
倫理、
政治・経済
     
配点 1科目200点 合計3科目600点

センター試験利用入試(後期)試験科目

選考方法

本学独自の学科試験を課さず、以下に示す試験科目から各学科で指定した2科目で判定
薬学部は、理科から1科目、数学、英語及び国語から1科目で判定

◎(選択必須科目) ●(必修科目) ○(選択科目)

学部 薬学部 危機管理学部 看護学部
学科 薬学科 生命薬科学科 危機管理システム学科 環境危機管理学科 医療危機管理学科 航空技術危機管理学科 動物危機管理学科 看護学科




数学Ⅰ
数学Ⅰ・数学A
数学Ⅱ
数学Ⅱ・数学B
簿記・会計      
情報関係基礎      


物理基礎
化学基礎
生物基礎
地学基礎      


物理  
化学
生物
地学      


英語

国語



世界史A      
世界史B      
日本史A      
日本史B      
地理A      
地理B      

現代社会      
倫理      
政治・経済      
倫理、
政治・経済
     
配点 1科目200点 合計2科目400点

備考

  • 理科の科目のうち、基礎を付した科目(理科①)については、センター入試で解答した2科目の得点を合わせて、1科目として扱う。
  • 理科、地理歴史及び公民の科目のうち、同一名称を付した科目 (例えば、世界史Aと世界史B、物理基礎と物理)を組み合わせることはできません。
  • 平成30年度大学入試センター試験のデータにより判定します。過年度データは利用できません。
  • 100点満点の科目は200点満点に換算します。
  • なお、志望学科の指定した選択科目を指定数以上受験している場合は、高得点の科目を採用します。
  • 上記の条件を満たしていない場合は不合格となります。
ご意見、ご質問は、千葉科学大学 入試広報室までお願いします。
千葉県銚子市潮見町3番
受験生ホットライン:
0120-919-126
TEL:0479-30-4545
FAX:0479-30-4546
E-mail:koho@cis.ac.jp

制作には、細心の注意を払っておりますが、最終的には入学試験要項でご確認ください。

page top