教育研究上の目標・目的・教育方針Organization chart

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 大学概要
  3. 教育研究上の目標・目的・教育方針

教育研究上の目標

教育:
『健康で安全・安心な社会の構築』に寄与できる人材の養成
研究:
『健康で安全・安心な社会の構築』の探究
社会貢献:
地域と共生する大学づくり、平和で文化的な地域づくりへ参画

教育研究上の目的・教育方針

薬学部の教育目的

薬学部は、薬学に関する深い専門知識と技能を持ち、薬学・医療に対する使命感と倫理感にあふれ、国民の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師、研究者、技術者の養成を目的とする。

薬学科<6年制>

目的
薬学に関する専門知識と技能を持ち、薬学・医療分野における使命感、倫理観、コミュニケーション能力及び問題解決能力を有し、薬学の立場からの危機管理の素養を備え、人の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師の養成を目的とする。

生命薬科学科<4年制>

目的
薬学・生命科学に関する専門知識、技能及び問題解決能力を持ち、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、いのちあるものの幸福を目指し、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者の養成を目的とする。

危機管理学部の教育目的

危機管理の素養を身に付け、安全で安心な社会を構築する知識と技能を修得し、健康で平和な社会を実現する人材の養成を目的とする。

危機管理学部の教育方針

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
本学部は、危機管理の素養を身に付け、それぞれの専門分野における知識と技能を修得し、安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な人材を養成することを目指しています。この目的を達成するために、必要な専門知識、技能を身につけ、それぞれの専門分野に関わる業務に従事したい人を求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
本学部では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. それぞれの専門分野において安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
  4. コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

危機管理の素養を身につけ、それぞれの専門分野に関する専門知識と技能を有し、安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

教育課程は一般基礎科目と専門教育科目から構成されており、一般基礎科目は人文・社会科学、外国語、保健体育等からなり、専門教育科目は学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる卒業研究を主とする総合科目を年次進行で編成し実施する。
初年次教育では、それぞれの専門分野の基礎知識を学科基礎科目として修得し、更に「危機管理学入門」等の学部共通科目及び学科基礎科目により危機管理及び専門分野における基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。2年次から3年次にかけては、学科基礎科目に加えて、学科専門科目においてアクティブラーニング、SGDにより、それぞれの専門分野に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。3年次より研究室に所属し、リスク・危機管理に携わる者として必要なコミュニケーションスキル、研究手法等を学び、4年次に「卒業研究」をとおして総合的な問題解決能力が身につくように設定されている。
また、教育課程を通じて、キャリア科目において、それぞれの専門分野に関わる現場の見学や実務実習により、それぞれの専門分野において社会に貢献する態度を身につけ、将来の進路選択に活かせるように設定されている。
「卒業研究」は学科で求める知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)DP

危機管理学部では、危機管理の素養を身に付け、それぞれの専門分野における知識と技能を修得し、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(危機管理)の学位が授与される。

知識
それぞれの専門分野に必要な人文・社会科学の基礎的教養又は自然科学の基礎的な知識と応用力危機管理に重要なリスク・危機管理の知識、健康で平和な社会、安全で安心な社会を構築するために必要な知識
技能
客観的なデータに基づき、さまざまな場面においてPDCA(plan-do-check-act)などの手法を用いて危機管理に対応することができる実践的な技能
態度
それぞれの専門分野に携わる者として必要なコミュニケーション能力を有し、それぞれの専門分野において社会に貢献する態度
思考力
それぞれの専門分野に関わる問題に対して論理的・実践的な解決策を考案する能力

危機管理システム学科

目的
リスクや危機に迅速かつ的確に対応できる専門知識と技能を学び、安全で安心な平和社会を創り出すことに貢献できる人材の養成を目的とする。

環境危機管理学科

目的
地球温暖化などの地球環境問題に危機管理・リスク管理の視点から、暮らしの安全・安心の確保に加え、自然との共生と地球環境の持続的利用と環境教育の発展に貢献できることの出来る人材の養成を目的とする。

医療危機管理学科

目的
安全と安心を科学し、人の健康と生命を守るための知識と技術を学び、チーム医療、医療安全、災害医療を柱とした危機管理の素養を持った医療技術者の養成を目的とする。

航空技術危機管理学科

目的
災害時に使う航空機の運用・利用に奇与し、人命救助を効率的に行える機材などを設計・運用できる人材の育成を目的とする。

動物危機管理学科

目的
危機管理の視点から、野生動物の保護、人畜共通感染症対策、適正なペット管理と災害時のペット対策と利用など、ヒトと動物との関連におけるリスク評価とリスク管理に貢献することの出来る人材の養成を目的とする。

看護学部の教育目的

安全・安心な健康生活の確保に向けて、豊かな人間性と高い倫理観、高い専門性と自律性を有し、看護の立場から見た危機管理の素養を身に付け、看護を創造し、看護実践の改革に寄与していける基礎的能力を持った人材の育成を目的とする。

看護学科

目的
  1. ヒューマンケアの理念に基づき生命の尊厳を重視した、豊かな人間性のある看護実践能力の育成を目的とする。
  2. 安全・安心な健康生活を追求するにあたり、看護の立場からみた危機管理の素養を培ったジェネラリストとしての看護実践能力の育成を目的とする。
  3. 地域住民の健康と生活に深い関心を寄せ、高い倫理観を持ち地域の保健医療福祉に貢献できる能力の育成を目的とする。
  4. 高い専門性と自律性を有し、常に探究心を持ち、看護の特質を追究していく能力の育成を目的とする。
  5. 国際社会で活躍・貢献できる基礎的能力の育成を目的とする。 ⑥保健医療福祉チームのメンバーとして恊働できる能力の育成を目的とする。

薬学研究科の教育目的

薬学研究科薬科学専攻修士課程

薬科学専攻修士課程は、学部における一般的および専門的教養の基礎の上に、専門の教育と研究を通して広範な学識と、研究能力と、さらに進んで研究指導能力を養うとともに、薬学の進展に寄与できる人材の養成を目的とする。

薬学研究科薬科学専攻博士課程(後期)

薬科学専攻博士課程(後期)は、健康の維持・増進や病気の治療に貢献することを目標に、新しい薬の創製や薬物の作用機能の解明、さらに医療の中での薬物の適正使用に関する研究を重視し、創薬・生命科学の領域でリーダーシップをとり、薬を通して社会に貢献できる人材を養成することを目的とする。

薬学研究科薬学専攻博士課程

高度な医療薬学を学び薬剤師を指導・監督する能力を備えた高度専門職業人、あるいは薬剤師の視点を持った創薬研究者を養成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP

薬学研究科は、薬科学専攻、並びに薬学専攻より構成される。ともに薬学の視点から「健康で安全な社会の形成」を実現する人材の育成を目的としている。すなわち、薬科学専攻修士課程では主に4年制薬学課程を修めた者を対象として、健康の維持や増進、病気の治療に貢献するため、新規生理活性物質の創製、その生理活性物質の薬効評価および作用機作の解明、動物実験を通じた生理活性物質の安全性評価など、一連の創薬科学の研究領域において広い学識と研究能力を身につけることを欲する者を受け入れる。
さらには薬科学専攻博士課程(後期)では主に5年制博士課程の修士課程を修めた者を対象として、医療人としての倫理性を備え、自己の発想を大切にして真理を探求する意欲を持ち、創薬科学の研究領域においてリーダーとなる指導能力を身につけ、研究の発展に寄与することを欲する者を受け入れる。

薬学専攻博士課程では、主に6年制薬学課程を修めた者や薬剤師と実務経験を有する者を対象として、医療薬学の分野において、問題解決能力を備えたリーダーとなる高度専門職薬剤師、あるいは薬剤師の視点からの創薬研究能力を身につけた薬剤師研究者(Pharmacist-Scientist)を目指す者を受け入れる。

力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP
修士課程
薬科学専攻修士課程では、学士課程での教育によって得た薬学の基礎知識を発展させて、一連の創薬科学研究の全体像を理解した上で、基盤的な専門知識と研究技能、問題の発見とその解決能力を身につけることで、創薬研究を担うに必要な能力を修得させる。 すなわち、創薬科学特論を履修し学習することで、創薬科学研究に関わる生理活性物質の創製、その薬効評価や作用機作、動物実験を基盤とした安全性の評価等について基盤的知識を修得させる。さらに、創薬科学演習を通じて、論文の読解や問題の発見、プレゼンテーション能力を育成する。特別研究を通じて、先端的研究技術の修得と問題の発見とその解決能力の育成を行う。
博士課程(後期)
薬科学専攻博士課程(後期)では、修士課程で得た基盤的知識・技能を発展させて、先端的専門知識と高度な研究技能、研究の企画・遂行能力を修得させ、創造性豊かな研究・開発能力を持ち、創薬科学の研究領域で指導的能力を発揮できる人材を養成する。 すなわち、特別講義、生命科学ゼミナール、特別研究を通じて、自らの専門分野における研究の現状や最新の研究手法を理解した上で、自らの研究の位置づけやその研究の意義を議論し、新たな目標を設定して研究計画の立案とそれを実施できる高度な研究技術と研究能力を養成する。また、倫理性や強い責任感を育成し、研究結果に客観的に評価できる力を育てる。
薬学専攻博士課程
薬学専攻博士課程では、6年制新薬学課程で得た基盤的知識・技能を発展させる。薬剤師としての視点から医療薬学の領域、さらには生命科学、創薬科学の領域で、活躍するに必要な先端的専門知識と高度な研究技能、研究の企画・遂行能力を修得させ、専門職薬剤師としてあるいは薬剤師研究者として指導的能力を発揮できる人材を養成する。 すなわち、特別講義、医療薬学ゼミナール、特別研究を通じて、主に医療の場における問題の発見と解決や、新規医薬品の創製につながる基礎研究、あるいは既存薬のより有効な使用法の提案などに関わる研究能力を養成する。
ディプロマポリシー(学位授与方針)
修士(薬科学)
所定の期間在学し、薬学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数(32単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査および試験に合格することが、学位授与の必要要件である。修士論文の審査および試験は、その論文が創薬科学を含む薬学の進歩に寄与する研究成果を有しているかどうか、修士学位申請者が研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、学術研究における倫理性を有しているかどうか等を基に行われる。
博士(薬科学)
所定の期間在学し、薬学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数(24単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、博士論文の審査および試験に合格することが、学位授与の必要要件である。博士論文の審査および試験は、その論文が創薬科学を含む薬学の進歩に寄与する特に優れた研究成果を有しているかどうか、博士学位申請者が研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に行われる。
博士(薬学)
所定の期間在学し、薬学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数(32単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、博士論文の審査および試験に合格することが、学位授与の必要要件である。博士論文の審査および試験は、その論文が医療薬学を中心とする薬学の進歩に寄与する特に優れた研究成果を有しているかどうか、博士学位申請者が研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に行われる。

危機管理学研究科の教育目的

危機管理学研究科修士課程

危機管理学研究科修士課程は、国際的にも大きな取り組みが求められる温暖化などの地球環境問題やこれまでに例を見なかった様な大規模災害に的確に対応するため、従来の学部学科の枠組みを超えてより高度な専門知識を備えた危機管理の専門家を養成することを目的とする。

危機管理学研究科博士課程(後期)

危機管理学研究科博士課程(後期)は、自立して研究活動を行うとともに、危機管理対策に精通して、環境・災害・医療技術の各分野の知識を総合的に連携し、知識・判断力と経験を兼ね備えた危機管理の中核を担うことが出来る人材の養成を目的とする。

薬学研究科薬学専攻博士課程

高度な医療薬学を学び薬剤師を指導・監督する能力を備えた高度専門職業人、あるいは薬剤師の視点を持った創薬研究者を養成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP

危機管理学研究科は、環境・災害・医療技術の分野における危機管理に関する諸問題を解決するため、理工系、医療技術系、および人文社会系の視点を融合して、危機管理学の学問的な発展をはかり、安全で安心できる社会の構築を目指して、高度の専門能力をもつ人材の育成を目的としている。すなわち、修士課程では、国際的にも大きな取り組みが求められる温暖化などの地球環境問題やこれまでに例を見なかった様な大規模災害に的確に対応するため、従来の学部学科の枠組みを超えてより高度な専門知識を備えた危機管理の専門家を目指す者を受け入れる。さらには博士課程(後期)では、自立して研究活動を行うとともに、危機管理対策に精通して、環境・災害・医療技術の各分野を総合的に連携し、知識・判断力と経験を兼ね備えた危機管理の中枢を担うことを目指す者を受け入れる。

力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

危機管理学研究科は、危機管理の視点から理学、工学、保健衛生学、社会学などの多角的な知見をもとに、安全で安心できる社会の構築を目指すことができる人材を育成することを目指す。そのためには、危機管理の基礎的素養を生かし、さらに大学院の課程での危機管理学および環境・災害・医療技術分野の専門知識に加え、人文社会系の知見も学び、それらを総合的に活用する能力を養う。具体的には、次のような方針に沿って教育を行う。

修士課程
危機管理学の基礎学力および専門性を発展させるとともに、環境・災害・医療技術の各分野におけるリスク評価に関する専門分野を分野横断的に学習することによって、研究分野に関連する幅広い専門的知識と、広い学識を修得させる。すなわち、 研究指導、セミナー、実践的教育を介して、研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、学術研究における倫理性を備え、高度技術者・研究者として自己の研究を各専門分野における危機管理の立場から的確に位置づけ、自ら課題を発見し解決する能力を育成する。
博士課程(後期)
修士課程での教育によって得た高度なリスク評価に関する専門的知識と広い学識をさらに発展させるとともに、自己の研究を位置づけて体系化を図ることで幅広い視野と深い専門性をもって社会の要請に応え、危機管理学の立場から環境・災害・医療技術の分野を統合的に総括し、新たな提案・提言を行うことのできる人材を養成する。すなわち、研究指導、セミナー、実践的教育を通じて、特に優れた研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、学術研究における倫理性を備え、危機管理の立場からの対策・制度の研究に挑戦する創造力と活力のある研究能力を育成する。
ディプロマポリシー(学位授与方針)
修士(危機管理学)
所定の期間在学し、薬学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数(32単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査および試験に合格することが、学位授与の必要要件である。修士論文の審査および試験は、その論文が創薬科学を含む薬学の進歩に寄与する研究成果を有しているかどうか、修士学位申請者が研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する幅広い専門的知識、学術研究における倫理性を有しているかどうか等を基に行われる。
博士(危機管理学)
所定の期間在学し、危機管理学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数(24単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、博士論文の審査および試験に合格することが、学位授与の必要要件である。博士論文の審査および試験は、その論文が学術上あるいは実際上危機管理学に寄与する特に優れた研究成果を有しているかどうか、環境・災害・医療技術の分野のうち複数の分野のまたがる危機管理に関する新たな提案・提言が含まれているかどうか、博士学位申請者が研究企画・推進能力、研究成果の論理的説明能力、研究分野に関連する高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有しているかどうか等を基に行われる。

看護学研究科の教育目的

対象の健康と生活に着目し、当事者主体の立場を尊重し、広い視野に立脚し 看護学分野の高度な専門性を追及し、看護学の実践的研究能力を培い、健康で 安全・安心な社会の構築に向け、地域社会の保健医療福祉の発展に寄与できる 人材を育成する。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
  1. 将来、①実践現場において指導的役割を担う可能性がある者、もしくは、②小児看護学の高度実践看護師を希望する者、③看護学の教育研究者を希望する者。
  2. 実践での課題・問題、もしくは文献等から得られた知見を基に、科学的・論理的に思考できる者。
  3. 自らの看護上の課題・問題を追究していくことができる者。
  4. 自らの意見を持ち、適切に表現できると共に、他者の意見を受け入れることができる柔軟な思考力・調整能力・態度を有する者。
  5. 社会的関心を有し、倫理的な態度を持って、他者の尊厳を重視できる者。
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

本研究科では、将来、実践現場での看護実践の質向上に向けて、指導的役割が担える人材、ならびに、特定分野での卓越した高度実践看護師、さらに看護学の教育研究者の人材を養成するために、専門分野を構成し、以下の教育課程で編成している。

  1. 専門科目の基盤となる科目として、共通科目を配置した。
  2. 専門分野は、3分野から構成する看護学(地域生活支援分野看護学、育成分野看護学、危機管理分野看護学)を配置し、いずれの分野においても指導的役割が担える人材、ならびに看護学の教育研究者の養成が可能な専門科目を配置した。
  3. 育成分野看護学では、小児看護の専門看護師養成に必要な科目を配置した。
  4. 各分野において、教育・研究を行う基礎的能力を育成する専門科目を配置した。
ディプロマポリシー(学位授与方針)

本研究科では、①実践現場において指導的役割が担える人材、②特定分野での卓越した高度実践看護師、③看護学の教育研究者の養成を行う。そのため、修士課程に所定の期間在学し、教育目標達成の目的で計画されたカリキュラムを学修し、所定の単位を取得すると共に、学位論文審査ならびに最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に、学位(修士(看護学))を授与する。

  1. 高い倫理観を有し、対象の健康と生活に着目し、当事者主体を重視し課題を探求する能力を有している。
  2. 看護実践の場での課題・問題解決に向けて、広い視野に立脚して捉え、探求する能力を有している。
  3. 看護実践の場における現象に高い関心を寄せ、科学的手法を用いて探求し、実践の質向上に向けて教育研究する能力を有している。
  4. 看護の対象ならびに協働する看護職・他職種・他機関との円滑な連携能力を有している。
  5. 看護学の発展院寄与する研究・教育に取り組む基礎的能力を有している。
    高度専門看護職業人を目指すものは、上記1~5に加え、以下の能力を身につけている。
  6. 看護学の専門分野における卓越した臨床看護能力を有している。
page top