学科の特色航空技術危機管理学科

機械や機器の開発から航空機の運航に至るまで、
災害や事故に強い安全な社会の実現に貢献できる人材を育成します

危機管理の素養と工学的な知識をあわせ持った人材を育成し、人を助けることのできる機械を開発すると同時に、災害時に威力を発揮する航空機の運航に関わる人材を育成し、技術で人を助けます。

すべては航空の安全のために。使命感を持って日々学んでいます。

二等航空整備士になるのに必要な機体の構造や空気力学、航空法規、材料力学、電気などを学んでいます。また他にも消防設備士の資格を取るための講義もあります。二等航空整備士の使命は最新技術を学び航空の安全に貢献することにあり、全ての学びは危機管理にもつながります。航空技術危機学科では航空関係だけではなく防災知識が身につき資格を得るチャンスも多くありますので、就職に役立つのは間違いないと思います。

防災機器を開発したい 航空機の整備をやりたい パイロットになりたい

防災について興味がある 航空機について興味がある エアラインパイロットに興味がある

危機管理×工学が生み出す新たな可能性
技術でこそ、救える命がある。

防災技術コース
  • 防災について学びながら工学に関わりの深い基礎学力を高める。
  • 実機の操作や、もの作り実習を通して、体験的に工学の知識を定着させると同時に、火災や水害、地震などの実験装置によって防災技術の専門的知識を深める。
  • 危機管理の素養を基に救出救助に関する知識を進化させ工学分野にアプローチする。
航空整備コース
  • 航空機の力学を学びながら、工学に関わりの深い基礎学力を高める。
  • 航空機の理論・構造・安全等専門知識を深める。
  • 機体やエンジン実習を通じて、体験的に工学の知識を定着させ、航空機の安全に関する専門的知識を深める。
パイロットコース
  • 航空機の運航に関する基礎的な知識や飛行に必要な技能を修得すると同時に、危機管理の基礎を学ぶ。
  • 航空機の理論・構造・安全等専門知識を深めると同時に「事業用操縦士」資格の取得を目指し、技量を高める。

防災に関する工学知識

ものの仕組みを理解し、
新たに作り出す能力

航空機に関する工学知識

航空機の構造を理解し、
安全運航を作り出す能力

事業用操縦士

いかなる状況においても
的確に対応できる能力

防災技術コース

防災機器の開発者人命救助に役立つ技術
被害を最小にとどめる防災機器、人を守り人を救うための機器の開発に貢献する。
消防設備士安全・安心な生活を支える技術
消防用設備等の工事・整備・点検を行う国家資格。電気、無線技能にも精通し、様々な分野で安心を支える。

防災技術コースはこちら

航空整備コース

航空整備士安全・安心な生活を支える技術
被害を最小にとどめる防災機器、人を守り人を救うための機器の開発に貢献する。
航空機の開発者安全・安心な生活を支える技術
工学知識を活かして、安全な航空機の開発に携わり人や貨物の安全な輸送を作り出す。

航空整備コースはこちら

パイロットコース

エアラインパイロット安全・安心な生活を支える技術
旅客機の操縦を通じて、安全・安心な生活に貢献する。

パイロットコースはこちら

このページの先頭へ