コースの特色防災技術コース

危機管理の知識を修得し、現場で人命救助等に使用する機械や
機器の開発ができる人材を体験や実習を通じて育成

防災技術コースの概要

  • 災害発生時の被害を最小限にとどめるための技術から生活に密接する製品に至るまで、幅広い分野の技術を修得し、安全・安心な生活を支える人材を養成します。
  • 安全が求められる機械や機器を設計したり、運用に関わることのできる人材を育成します。
防災技術コース概要イメージ
4年間の流れ
消防設備のあり方を評価し、安全に配慮した消火設備を提案したい!
4年間の流れ

主な開講科目

想像ものつくり実験
理屈が示された手順書に沿って、はさみ・カッター・ドリルなどで木材や金属を加工し作品を作ります。知恵を織り込んで性能のより作品にしましょう。
消防設備概論
消防設備は、国民の生命や財産を火災などから守る重要な役割を果たしています。消防設備の工事、整備などを行うために必要な知識を基礎から応用に至るまで例題を用いて幅広く解説します。
防災技術概論
捜索、救出、搬送に関わる機械や機器について、その構造や機構を学びます。実際に機械や機器の操作を体験しながら、現状の機器の課題を考察し、基礎知識を学びます

本学の授業計画(シラバス)はこちらをご覧ください。

サポートする資格・試験

  • 消防設備士【甲種】(受験資格)
  • 航空特殊無線技士
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 防災士

卒業後の進路

  • 防災機器関連企業
  • 電気・情報通信機器製造企業
  • 輸送用機器製造関連企業
  • 情報サービス関連企業
  • 地方公務員
  • 大学院進学
このページの先頭へ