コースの特色警察官・犯罪科学コース

社会の安全・安心を守る

警察官・犯罪科学コースの概要

犯罪捜査に役立つ知識や技術を身に付けて警察行政の現場で活躍できる人材を養成します。

学科のパンフレットはこちら(PDF:3.5MB)

警察官・犯罪科学コース概要イメージ

学ぶ内容

安心して暮らせる平安な日常を創り出し、維持するため、経験的知識と科学的知識を用い、夢ある将来を創造する意志を持って、解決策を求め、社会に貢献します。

主な開講予定科目

警察演習
実際の警察官としての職務について、様々な関係施設などの見学・演習をとおして理解し、必要な知識と技能を学びます。また、心構えやマナーを事前に学び、見学会後の発表会などもとおして、一人ひとりの理解力を高めます。
犯罪学
犯罪がおこる現象と原因について、犯罪行動や心理も踏まえ、さらに犯罪の防止と鎮圧のための対策についても学びます。これらによって、警察官として知っておくべき犯罪にかかわる事項を、学問的にも実務的にも理解することができます。
科学捜査
人による犯罪である以上、犯罪現場には犯人の行動など必ず証拠物件が残されます。そういった証拠物件を鑑定・検査することにより、科学的に犯罪を検証していくことを学びます。指紋認証やポリグラフなどの体験を通して警察官に必要な素養の実際を学びます。
警察法
法律は警察官にとって基本となる知識であり素養です。警察の歴史や組織、職務において必要となる刑法などの知識について学ぶことで、警察官となる準備と素養が学べます。

本学の授業計画(シラバス)はこちらをご覧ください。

取得資格可能な免許・資格

  • 防災士
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 簿記検定
  • ビジネス実務法務検定
  • 情報処理技術者(情報セキュリティアドミニストレータ等)
  • 危険物取扱者(乙種)
  • 消防設備士(乙種)

卒業後の進路

  • 警察官
  • 消防官
  • 公務員(国・地方自治体など)
  • 大学院進学
このページの先頭へ