コースの特色理科教員コース

環境教育の分野に対応できる教員を目指し、専門知識を学ぶ

理科教員コースの概要

危機管理と環境問題に関する知識を深く持ち、自然災害と防災、地域の自然と資源開発という新たな分野に対応し、環境問題について教え伝えることのできる教員を育成します。

理科教員コース概要イメージ

学ぶ内容

  • 危機管理や環境問題に関する知識
  • 時代に即応できる理科・環境教育手法
  • 教員採用試験対策

主な開講科目

生物学
環境を、生物学的事実と専門用語を用いて考え、語ることのできる力を身につける上で前提となる、基礎的生物学的概念の中から、生命科学の方法論、生命の起源と進化、生物の多様性、生体の構造と機能、遺伝子、そしてセントラルドグマについて概説します。
地域環境保全論
「環境保全の意味」を環境倫理学、「社会的リンク論」の視点から整理し、「持続可能性」の考え方や、人間が環境に与えるインパクトとそれを評価する「環境リスク」の視点について解説。地域の持続可能性について考える地域エコツアーの総合的な解説を行います。
海洋の科学
海洋の基本的な構造・性質・機能や、特に光・温度・密度・圧力・流れなど、海洋生物の生活に強く影響する海洋の物理・化学的要因、地球規模の環境問題やエネルギー問題について学び、環境親和的思考のできる人材を目指します。
教職理科演習
中学・高校の理科教師を希望する者を対象とした講義。科学教育は、自然科学の持つ特性、実証性、論理性、客観性、創造性などを学びその資質を養成し、理科教育は、それらを含めて自然科学の基礎と教育科学の融合を図り、人間形成を志向します。

本学の授業計画(シラバス)はこちらをご覧ください。

取得資格可能な免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • eco検定
  • 危険物取扱者(乙種)
  • 気象予報士
  • 公害防止管理者
  • 環境計量士
  • 上級バイオ技術者
  • ビオトープ管理者
  • 環境プランナー

卒業後の進路

  • 自然保護・安全機関
  • 教育機関
  • 環境分析機関
  • 環境関連コンサルタント
  • 環境分析機器製作企業
  • 食品会社
  • 中学校・高等学校理科教員
  • 大学院進学
このページの先頭へ