学部の特色

「健康で安全・安心な生活の確保」を柱に

看護学は、対象の「健康」と「生活上に関わるケアニーズ」に確実に応えるため、常に対象者の立場を重視し、人権の尊重、安全の保障、危機予防を重視した学問です。本学看護学部では、「危機管理」と密なる関連性を持った看護学である、災害看護学、国際看護学、リスクマネジメント論、感染看護学のうち3科目を必修科目とし、看護の立場から安全・安心な健康生活を追究する危機管理の素養を培うことを目指します。また、少子高齢化社会の到来、疾患構造の変化、医療技術の進歩により、保健医療福祉に対する国民のニーズは多様化し、現在の医療現場では、チーム医療を担う人材の質の高さが求められています。チーム医療の一員として、地域医療の発展に寄与するため、本学部では、既存の2学部と連携した教育を実施し、他職種とのチームアプローチを重視しながら、地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を育成します。

千葉科学大学看護学部の教育4つのポイント

千葉科学大学看護学部の教育
1.ヒューマンケアの理念に基づいた看護専門職を育成
「人を助けたい」という信念は、救命のみならず、ケアする、看取るというケアリングの根本理念とも連動していることから、ヒューマンケアの理念に基づいた看護実践者を育成します
2.薬学部、危機管理学部と連携した講義を実施し、他職種とのチームアプローチを重視し看護を提供できる人材を育成
「いのちと生活Ⅲ(生活と危機管理)」「いのちと生活Ⅳ(薬と危機管理)」「医療専門職連携導入」「医療専門職連携発展」などの既存2学部と連携する科目を開設し、他職種と協働できる幅広い見識を持った看護専門職を育成します。
3.危機管理意識の高い人材を育成。
国内初の危機管理学部のある大学ならではの災害看護学・リスクマネジメント論・感染看護学・国際看護学を開講し、危機管理意識の高い人材を育成します。
4.地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を育成
疾病構造の変化、ならびに医療の高度化・地域化は、チームでの保健医療福祉サービスが求められることから、地域住民のニーズに即したサービスについて理解するため、地元の保健医療機関を中心に実習を行います。

教育研究上の目的・目標・教育方針

安全・安心な健康生活の確保に向けて、豊かな人間性と高い倫理観、高い専門性と自律性を有し、看護の立場から見た危機管理の素養を身に付け、看護を創造し、看護実践の改革に寄与していける基礎的能力を持った人材を育成する。

看護学科の目標

  • ①ヒューマンケアの理念に基づき生命の尊厳を重視した、豊かな人間性のある看護実践能力の育成
  • ②安全・安心な健康生活を追求するにあたり、看護の立場からみた危機管理の素養を培ったジェネラリストとしての看護実践能力の育成
  • ③地域住民の健康と生活に深い関心を寄せ、高い倫理観を持ち地域の保健医療福祉に貢献できる能力の育成
  • ④高い専門性と自律性を有し、常に探究心を持ち、看護の特質を追究していく能力の育成
  • ⑤国際社会で活躍・貢献できる基礎的能力の育成
  • ⑥保健医療福祉チームのメンバーとして恊働できる能力の育成
アドミッションポリシー(入学者受入方針)
入学者選抜
看護学に関する専門的な知識・技術・態度を深く学び、保健医療福祉に対する使命感と倫理観を身に付け、国民の安全・安心な健康生活の確保に向けて貢献できる看護実践者を目指す者を受け入れる。そのため、入学者選抜に当たっては、本学部のアドミッションポリシーに共感でき、看護実践者になる志高い者、加えてその志を知的好奇心に向けて発展できる基礎的な学力のある者を幅広く受け入れる。
初年次における教育上の配慮、高大連携
入試合格者に対しては、入学前教育ならびに、一泊研修でのカリキュラムガイダンス、ならびに大学生活への円滑な導入に向けてのガイダンスを行う。更に、チューター制を取り入れ、学習上の課題・問題の早期把握に努める。
また、高大連携に関しては、将来的に高大連携を視野に入れた教育提携校を35校提携している。
カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)
教育課程の体系化
ジェネラリストとしての看護実践者教育にあたり、科学的思考力・コミュニケーション能力・協働・連携能力の育成を中軸に配置し、「健康」「生活」「危機管理」を重視して系統的に系列ならびに科目構成を行い、段階的に実施する。
単位制度の実質化
単位制度の実質化に向けては、シラバスにおいて事前・事後学習課題を明文化し、当該授業は、これらの事前・事後学習を持って当該単位となることを明らかにし実施する。
教育方法の改善
看護学科の授業は、講義・演習・授業より成立し、とりわけ、実習が全授業時間の1/3を占める。学生には、入学早期から、看護実践の現場に出向き看護実践者の活動内容を見聞し、動機づけを行うと共に、その後学習の進度に即して実践現場に出向いて、課題発見型の実習を取り入れ、その結果を看護学の体系の中でどのような意味があるか追究する教育方法を取り入れている。主体的学習者としての発達が円滑に進んでいるかは、授業評価、面接、チューター制度による意見等から総合的に判断し、改善をしていく。
成績評価
シラバスには、授業概要に加え、到達目標、成績評価と方法、基準が明記されている。実習においては、実習要綱に同様の事項が記載されており、当該方法によって成績評価を行い判定する。成績に対する異議申し立ては、期間を定めルールにのっとって申したてが行えるようになされている。
ディプロマポリシー(学位授与方針)
知識・理解
「学士(看護学)」は、安全・安心な健康生活の確保に向けて、豊かな人間性と高い倫理観、高い専門性と自律性を有し、看護の立場から見た危機管理の素養を身に付け、看護を創造し、看護実践の改革に寄与していける基礎的能力を持った者に授与される。
汎用的技能
「学士(看護学)」は、看護学から見た危機管理の素養としての問題解決能力・コミュニケーション能力、連携能力を修得した者に授与される。
態度・志向性
「学士(看護学)」は、安全・安心な健康生活の確保に向けて、看護専門職として、高い倫理観と責任感・使命感を持って社会に貢献する意思を有する者に授与される。
総合的な学習経験と創造的思考力
自らが立てた新たな課題を解決する能力
「学士(看護学)」は、看護専門職としての基礎的能力に加え、高い危機管理意識の育成に向けた知識・技術・態度を習得すると共に、看護を創造し、看護実践の改革に寄与していける基礎的能力を持った者に授与される。
このページの先頭へ