学部の特色

新しい時代の薬学教育をつくります

薬剤師養成のための6年制の薬学科に加え、創薬・化粧品科学のスペシャリストを養成する4年制の生命薬科学科を設置しています。薬学科では、医療薬学系の講義、実習と充実した病院・薬局の実務実習を通じて、より実践的で人間性に溢れる薬剤師の養成を行います。生命薬科学科には、創薬科学コース、化粧品科学コースの2コースがあり、生命科学を基盤として、いろいろな領域の学問を学ぶことができます。特にこの学科は、これまでの学問の領域を超えたボーダーレスな新しい学問領域を学ぶため、健康に役に立つ新しい技術を習得する事ができます。また少人数教育を特徴として、新しい学問領域における実習や研究を中心に学習し、大学院進学も視野に入れて、創造性に富んだ高度な技術を身につけた研究者・技術者を養成します。

人に優しいくすりの専門家

学部長 細川正清 教授

薬学部では、薬学科(6年制)、生命薬科学科(4年制)ともに人を助けたいと考えることの出来る、くすりの専門家を育成しています。薬学科では、患者さんの心の痛みまで感じ取れ、さらに高度の医療技術を持った、人に優しい薬剤師を育てています。また、生命薬科学科では化粧品やくすりの力で人を助けたいという気概を持った、技術者、研究者を育成しています。このように薬学部では、両学科がお互いに協力しながら、人を助けたいと考え、人に優しいくすりの専門家を大切に育てています。

千葉科学大学 薬学部の教育

これまで薬剤師は、1)病院、薬局、2)保健衛生、3)製薬会社(研究、MR)などの分野で幅広く働いてきました。これらのうち1)および2)の一部は薬剤師免許が必要ですが、それ以外は免許を必要とせず薬学の知識を基礎に行ってきた仕事です。しかし、薬剤師教育6年制では薬剤師になる訓練と製薬会社などで働く研究者の養成は両立しません。したがって今後は、学生の関心、適性、希望などによりどちらの道に進むかを決めて勉強をする必要があります。そこで本学部では、薬剤師を目指す6年制の薬学科と、医薬品や化粧品の開発および研究者の養成を目指す生命薬科学科を用意し、学生の多様な多様な進路希望に応えます。

薬学部の教育体系図

教育システム

薬学科[6年制]
「学生一人ひとりに合わせたオーダーメイド教育」

医療の高度化に伴う最新の知識・技術の習得を行うとともに、患者さんの心の痛みまで感じ取ることができ、安心・安全を心がけた「人に優しい」「人を助けたい」薬剤師の養成を行っています。そのために、早い時期から医療人としての自覚を持ち、さらにコミュニケーション能力の習得が出来るような教育システムで効果的な教育を行っています。また、共用試験や国家試験に向けて習熟度別のきめ細かい指導も行い試験の合格率をあげるとともに、実際に現場で役に立ち、医療現場や災害現場での問題解決能力を備えた薬剤師の養成に、教員が全力で取り組んでおります。

生命薬科学科[4年制]
「生命(いのち)の科学を学んで新しい自分を発見しよう」

高齢化社会の進行や、より健康な生活を求める意識の高まりとともに、製薬産業、美容・健康関連産業は拡大を続け、薬業界からは登録販売者の要請が増加しています。本学科は薬学の基礎知識の修得を前提として実践的な知識技能を身につけ、本人の希望や能力により、大学院に向けた研究者志向から薬学知識と全人的な能力が求められる職場にまで対応できる、幅広い人材の育成を目指しています。

活躍する卒業生


薬剤師 山梨大学医学部附属病院勤務 病棟に常駐し、入院患者の服薬指導、薬の投与量や相互量のチェック、副作用モニターなどを担当。

理想の薬剤師を目指し、
勉強の毎日です。

千葉科学大学には一期生として入学しました。「新しい大学を創っていくんだ」と教職員と学生が一体になっていたことを思い出します。そんな雰囲気の中、研究室の先生もとても熱心で、国家試験対策や卒論対策はもちろんのこと、学ぶ楽しさまで教えていただけたことが、今での私の財産になっています。
現在は大学病院に勤務し、医療現場において薬物治療の専門職である、臨床薬剤師を目指しています。常に最新の情報を取り入れて勉強し続け、理想とする薬剤師像に一歩一歩近づいていきたいと思っています。

教育研究上の目的・目標・教育方針

薬学・生命科学に関する専門知識と技能を持ち、薬学・医療に対する使命感、倫理観及び問題解決能力を有し、危機管理の素養を備え、いのちあるものの健康な生活の確保に貢献できる薬剤師、研究者、技術者等の人材を養成する。

薬学科<6年制>の目標

薬学に関する専門知識と技能を持ち、薬学・医療分野における使命感、倫理観、コミュニケーション能力及び問題解決能力を有し、薬学の立場からの危機管理の素養を備え、人の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師等の人材を養成する。

アドミッションポリシー(平成29年度 入学者受け入れ方針)
人を助けたいという意志を持ち、人の健康な生活の確保に貢献する薬剤師等を目指す意識と意欲を有する者を国内外より幅広く受け入れる。
入学者選抜
人を助けたいという意志を持ち、薬学に関する専門的知識と技能を学び、問題解決能力を養い、人の健康な生活の確保に貢献する薬剤師、研究者、技術者等を目指す意識と意欲を有する者を国内外より幅広く受け入れる。
初年次における教育上の配慮、高大連携
入学時の一泊合宿研修等により、時間割編成、勉強法、大学生活に関するガイダンスを行い、入学後の勉学・生活がスムーズに進められるように配慮する。初年次は、チューターに加えてアドバイザーによる少人数受持体制を取り、きめ細かなサポートを行う。将来的に高大連携を視野に入れ、近隣の高校との教育提携を進める。
カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)
人の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師等の人材の養成を目的として、順次性のある体系的な教育課程を編成し、教育方法の改善を行いつつ、単位制度の実質化及び厳格な成績評価を行う。
教育課程の体系化
人の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師等の人材を養成するため、学部基礎科目、学科基礎科目、化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる総合科目を年次進行で編成し実施する。
単位制度の実質化
授業を構成する講義、演習、実習等について、シラバスに事前・事後学習課題を明記し、当該授業は、これらの事前・事後学習をもって当該単位となることを明らかにし、実施する。また、年間受講単位数の上限を設定する。
教育方法の改善
授業アンケートを行って学生の自己評価と授業に対する評価を集約し、学生にフィードバックするとともに、薬学共用試験、実務実習における外部評価者の評価を分析して、教育の活性化と教育指導方法の改善を目指し、組織的に取り組む。
成績評価
厳格な成績評価を行うため、担当教員は授業科目ごとの評価方法をシラバスに明記した上で定期試験、演習、授業時の課題等により多角的、総合的に学力を判定する。また、実務実習については学外の専門家による客観的評価を受け、多角的、総合的に学力を判定する。
ディプロマポリシー(学位授与方針)
「学士(薬学)」は、薬学に関する専門知識と技能を持ち、薬学・医療分野における使命感、倫理観、コミュニケーション能力及び問題解決能力を有し、薬学の立場からの危機管理の素養を備え、人の健康な生活の確保に貢献できる者に授与される。
知識・理解
「学士(薬学)」は、薬学に関する専門知識を持ち、人の健康な生活の確保に貢献できる者に授与される。
汎用的技能
「学士(薬学)」は、コミュニケーション能力、問題解決能力等、薬学に関する技能を持ち、人の健康な生活の確保に貢献できる者に授与される。
態度・志向性
「学士(薬学)」は、薬学・医療に対する使命感と倫理観を持ち、薬学の立場からの危機管理の素養を備え、人の健康な生活の確保に貢献できる者に授与される。
総合的な学習経験と創造的思考力(自らが立てた新たな課題を解決する能力)
「学士(薬学)」は、薬学・医療分野において自らが立てた新たな課題を解決する能力を生涯にわたり向上させる努力をする者に授与される。

生命薬科学科<4年制>の目標

薬学・生命科学に関する専門知識、技能及び問題解決能力を持ち、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、いのちあるものの幸福を目指し、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者等の人材を養成する。

アドミッションポリシー(平成29年度 入学者受け入れ方針)
いのちあるものを助けたいという意志を持ち、科学の幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者等を目指す意識と意欲を有する者を国内外より幅広く受け入れる。
入学者選抜
いのちあるものを助けたいという意志を持ち、薬学・生命科学に関する専門的知識と技能を学び、問題解決能力を養い、いのちあるものの幸福を目指し、科学の幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者等を目指す意識と意欲を有する者を国内外より幅広く受け入れる。
初年次における教育上の配慮、高大連携
入学時の一泊合宿研修等により、時間割編成、勉強法、大学生活に関するガイダンスを行い、入学後の勉学・生活がスムーズに進められるように配慮する。初年次は、チューターに加えてアドバイザーによる少人数受持体制を取り、きめ細かなサポートを行う。将来的に高大連携を視野に入れ、近隣の高校との教育提携を進める。
カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)
創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者等の人材の養成を目的として、順次性のある体系的な教育課程かつ幅広い学びを保証する教育課程を編成し、教育方法の改善を行いつつ、単位制度の実質化及び厳格な成績評価を行う。
教育課程の体系化
創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者等の人材を養成するため、学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目、創薬科学専門科目、化粧品科学専門科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる卒業研究を主とする総合科目を年次進行で編成し実施する。
単位制度の実質化
授業を構成する講義、演習、実習について、シラバスに事前・事後学習課題を明記し、当該授業は、これらの事前・事後学習をもって当該単位となることを明らかにし、実施する。また、年間受講単位数の上限を設定する。
教育方法の改善
授業アンケートを行って学生の自己評価と授業に対する評価を集約し、学生へフィードバックするとともに、教育の活性化と教育指導方法の改善を目指し、組織的に取り組む。
成績評価
変更案:厳格な成績評価を行うため、担当教員は授業科目ごとの評価方法をシラバスに明記した上で定期試験、演習、授業時の課題等により多角的、総合的に学力を判定する。
ディプロマポリシー(学位授与方針)
「学士(生命薬科学)」は、薬学・生命科学に関する専門知識、技能及び問題解決能力を持ち、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、いのちあるものの幸福を目指し、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる者に授与される。
知識・理解
「学士(生命薬科学)」は、薬学・生命科学に関する専門知識を持ち、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる者に授与される。
汎用的技能
「学士(生命薬科学)」は、薬学・生命科学に関する技能及び問題解決能力を持ち、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる者に授与される。
態度・志向性
「学士(生命薬科学)」は、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、いのちあるものの幸福を目指し、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる者に授与される。
総合的な学習経験と創造的思考力(自らが立てた新たな課題を解決する能力)
「学士(生命薬科学)」は、薬学・生命科学分野において自らが立てた新たな課題を解決する能力を生涯にわたり向上させる努力をする者に授与される。
このページの先頭へ