学部の特色

新しい時代の薬学教育をつくります

薬剤師養成のための6年制の薬学科に加え、創薬・化粧品科学のスペシャリストを養成する4年制の生命薬科学科を設置しています。薬学科では、医療薬学系の講義、実習と充実した病院・薬局の実務実習を通じて、より実践的で人間性に溢れる薬剤師の養成を行います。生命薬科学科には、創薬科学コース、化粧品科学コースの2コースがあり、生命科学を基盤として、いろいろな領域の学問を学ぶことができます。特にこの学科は、これまでの学問の領域を超えたボーダーレスな新しい学問領域を学ぶため、健康に役に立つ新しい技術を習得する事ができます。また少人数教育を特徴として、新しい学問領域における実習や研究を中心に学習し、大学院進学も視野に入れて、創造性に富んだ高度な技術を身につけた研究者・技術者を養成します。

人に優しいくすりの専門家

学部長 細川正清 教授

薬学部では、薬学科(6年制)、生命薬科学科(4年制)ともに人を助けたいと考えることの出来る、くすりの専門家を育成しています。薬学科では、患者さんの心の痛みまで感じ取れ、さらに高度の医療技術を持った、人に優しい薬剤師を育てています。また、生命薬科学科では化粧品やくすりの力で人を助けたいという気概を持った、技術者、研究者を育成しています。このように薬学部では、両学科がお互いに協力しながら、人を助けたいと考え、人に優しいくすりの専門家を大切に育てています。

千葉科学大学 薬学部の教育

これまで薬剤師は、1)病院、薬局、2)保健衛生、3)製薬会社(研究、MR)などの分野で幅広く働いてきました。これらのうち1)および2)の一部は薬剤師免許が必要ですが、それ以外は免許を必要とせず薬学の知識を基礎に行ってきた仕事です。しかし、薬剤師教育6年制では薬剤師になる訓練と製薬会社などで働く研究者の養成は両立しません。したがって今後は、学生の関心、適性、希望などによりどちらの道に進むかを決めて勉強をする必要があります。そこで本学部では、薬剤師を目指す6年制の薬学科と、医薬品や化粧品の開発および研究者の養成を目指す生命薬科学科を用意し、学生の多様な多様な進路希望に応えます。

薬学部の教育体系図

教育システム

薬学科[6年制]
「学生一人ひとりに合わせたオーダーメイド教育」

医療の高度化に伴う最新の知識・技術の習得を行うとともに、患者さんの心の痛みまで感じ取ることができ、安心・安全を心がけた「人に優しい」「人を助けたい」薬剤師の養成を行っています。そのために、早い時期から医療人としての自覚を持ち、さらにコミュニケーション能力の習得が出来るような教育システムで効果的な教育を行っています。また、共用試験や国家試験に向けて習熟度別のきめ細かい指導も行い試験の合格率をあげるとともに、実際に現場で役に立ち、医療現場や災害現場での問題解決能力を備えた薬剤師の養成に、教員が全力で取り組んでおります。

生命薬科学科[4年制]
「生命(いのち)の科学を学んで新しい自分を発見しよう」

高齢化社会の進行や、より健康な生活を求める意識の高まりとともに、製薬産業、美容・健康関連産業は拡大を続け、薬業界からは登録販売者の要請が増加しています。本学科は薬学の基礎知識の修得を前提として実践的な知識技能を身につけ、本人の希望や能力により、大学院に向けた研究者志向から薬学知識と全人的な能力が求められる職場にまで対応できる、幅広い人材の育成を目指しています。

活躍する卒業生


薬剤師 山梨大学医学部附属病院勤務 病棟に常駐し、入院患者の服薬指導、薬の投与量や相互量のチェック、副作用モニターなどを担当。

理想の薬剤師を目指し、
勉強の毎日です。

千葉科学大学には一期生として入学しました。「新しい大学を創っていくんだ」と教職員と学生が一体になっていたことを思い出します。そんな雰囲気の中、研究室の先生もとても熱心で、国家試験対策や卒論対策はもちろんのこと、学ぶ楽しさまで教えていただけたことが、今での私の財産になっています。
現在は大学病院に勤務し、医療現場において薬物治療の専門職である、臨床薬剤師を目指しています。常に最新の情報を取り入れて勉強し続け、理想とする薬剤師像に一歩一歩近づいていきたいと思っています。

教育研究上の目標・目的・教育方針

 薬学部は、薬学に関する深い専門知識と技能を持ち、薬学・医療に対する使命感と倫理感にあふれ、国民の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師、研究者、技術者の養成を目的とする。

薬学科<6年制>の目的

 薬学に関する専門知識と技能を持ち、薬学・医療分野における使命感、倫理観、コミュニケーション能力及び問題解決能力を有し、薬学の立場からの危機管理の素養を備え、人の健康な生活の確保に貢献できる薬剤師の養成を目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
 本学科(6年制)は、将来、危機管理の素養を持って薬学の分野で活躍し、安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な薬剤師を養成することを目指しています。この目的を達成するために、薬の化学的、物理学的性質、生体へ及ぼす作用等を理解するのに必要な自然科学系分野の知識や基礎的英文読解能力を有し、医療人に必要な倫理観や使命感を身につけることができる意欲的な人を広く求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
 本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
 下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 1.薬学に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 3.基礎的英文読解能力のある者
  4. 4.コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

 薬学に関する知識と技術を学び、薬学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

 教育課程は一般基礎科目と専門教育科目から構成されており、一般基礎科目は人文・社会科学、外国語、保健体育等からなり、専門教育科目は学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目として化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる総合科目を年次進行で編成し実施する。

 初年次教育では一般基礎科目の「リスク危機管理論」により、薬学領域における危機管理の基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。また、専門科目においては、自然科学系の基礎知識を学部基礎科目、学科基礎科目として修得し、化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目の講義、実習をとおして、薬学の専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。4年次には、薬学の基礎的知識のまとめとして、「基礎・衛生・社会薬学演習」、「医療薬学演習」が、基礎的な臨床的知識及び技能の修得のために、「臨床薬剤学実習」、「事前病院・薬局実務実習」が設定されている。さらに5年次には臨床的知識、技能の修得のため「薬局実務実習」、「病院実務実習」を行い、6年次にはすべての集大成として「基礎・衛生・社会薬学特別講義」、「医療薬学特別講義」が設定されている。また、社会薬学科目「早期体験学習」、「ヒューマニズム」、「医療倫理」等を通じて医療人としての使命感、倫理観を身に付け、「コミュニケーション」、「医療コミュニケーション」等によりコミュニケーション能力の醸成を行うように科目が設定されている。
 学科専門科目である化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目、専門実習科目においては、アクティブラーニングを実践するためにSGDや演習、実習などにより、薬学に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。
 教育課程を通じて、一般基礎科目の人文・社会科学、外国語、保健体育等の科目を履修することにより基礎的教養が身に付くよう設定されている。また、社会薬学科目や「薬局実務実習」、「病院実務実習」のキャリア科目により、薬剤師を目指す者として必要なチーム医療や地域住民の健康増進・福祉向上への取り組みに積極的に参画する態度が醸成される。
 「総合薬学演習」及び「卒業研究」は、薬剤師を目指す者に必要な知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)DP
 薬学科では、薬学に関する知識と技術を学び、薬学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(薬学)の学位が授与される。
知識
 人文・社会科学の基礎的教養
 自然科学の基礎的な知識と応用力
 薬学に関する専門知識
技能
 薬学に関する技能、薬学の立場から危機管理の素養を備え安全で有効な薬品の使用を推進する技能
態度
 薬剤師を目指す者として、必要なコミュニケーション能力、薬学・医療に対する使命感や倫理観、次世代を担う人材を育成する意欲と態度を有し、チーム医療や地域住民の健康増進・福祉向上への取り組みに積極的に参画する態度、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲
思考力
 薬学・医療分野において、患者・生活者本位の視点に立ち、新たな課題を解決する能力

生命薬科学科<4年制>の目的

 薬学・生命科学に関する専門知識、技能及び問題解決能力を持ち、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、いのちあるものの幸福を目指し、創薬科学、化粧品科学をはじめとする薬学、生命科学など幅広い分野で活躍・貢献できる研究者、技術者の養成を目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
 本学科(4年制)は、将来、危機管理の素養を持って薬学・生命科学の分野で活躍し、安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な研究者、技術者を養成することを目指しています。この目的を達成するために、薬の化学的、物理学的性質、生体へ及ぼす作用等を理解するのに必要な自然科学系分野の知識や基礎的英文読解能力を有し、倫理観や使命感を身につけることができる意欲的な人を広く求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
 本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
 下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 1.薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 3.基礎的英文読解能力のある者
  4. 4.コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

 薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、薬学・生命科学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

 教育課程は一般基礎科目と専門教育科目から構成されており、一般基礎科目は人文・社会科学、外国語、保健体育等からなり、専門教育科目は学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目、創薬科学専門科目、化粧品科学専門科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる卒業研究を主とする総合科目を年次進行で編成し実施する。

 初年次教育では一般基礎科目の「リスク危機管理論」により、薬学領域における危機管理の基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。また、専門科目においては、自然科学系の基礎知識を学部基礎科目、学科基礎科目として修得できるように設定されている。1年次から3年次には学科専門科目として化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目の講義、専門実習をとおして、薬学の専門的知識・技能が段階的に修得できるように設定されている。さらに「医薬品開発」等の創薬科学専門科目、「化粧品概論」等の化粧品科学専門科目を履修することにより、創薬科学、化粧品科学に関する知識が修得できるよう設定されている。学科専門科目、創薬科学専門科目、化粧品科学専門科目、専門実習科目においては、SGDや実習などによりアクティブラーニングを実践し、薬学・生命科学に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。3年次より研究室に所属し創薬・化粧品科学に関する専門分野に携わる者として必要な研究手法等を学び、4年次に「卒業研究」を通して総合的な問題解決能力が身に付くように設定されている。
 教育課程を通じて、一般基礎科目の人文・社会科学、外国語、保健体育等の科目を履修することにより基礎的教養が身に付くよう設定されている。また、「教養特別講義」、「企業等体験実習」等のキャリア科目において、薬学・生命科学の発展に貢献する態度を身につけ、将来の進路選択に活かせるように設定されている。「コミュニケーション」、「生命倫理学」の学習を通じて、コミュニケーション能力と倫理観、使命感が身に付くよう設定されている。
 「卒業研究」は学科で求める知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)DP
 生命薬科学科では、薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(生命薬科学)の学位が授与される。
知識
 人文・社会科学の基礎的教養
 自然科学の基礎的な知識と応用力
 薬学・生命科学に関する専門知識
技能
 創薬科学、化粧品科学、生命科学等に関する基礎的技能
態度
 薬学・生命科学に関する専門分野に携わる者として必要なコミュニケーション能力、使命感や倫理観を有し、薬学・生命科学の発展に貢献する態度
思考力
 薬学・生命科学の分野における問題を論理的・実践的に解決する能力
このページの先頭へ