コースの特色化粧品科学コース

化粧品を通して化学を学ぶ

化粧品はくすりと同じで化学物質から出来ています。
薬学の知識・技術が役に立ちます。
化粧品には製剤技術が必要です。
薬学部で学ぶ製剤技術が化粧品開発に有用です。
化粧品開発には安全性の技術が必要です。
薬学部で学ぶ技術が化粧品の安全性の研究に役立ちます。
これまで薬学部から多くの卒業生が
化粧品会社の研究所に就職しています。
薬剤師の免許は必要とされていません。

化粧品科学コースの概要

  • 化粧品は、生命の力を最大限に引き出す原動力になります。化粧品は、皮膚の表面の科学だけでは、計りきれない大きな力を持っています。このコースでは、生命科学をしっかりと学んで、化粧品の生命に対する作用について、様々な点から探究していきます。
  • 化粧品は、美白、保湿、アンチエイジングといった健康と生活の向上に欠かせないものです。化粧品は「くすり」と同様に化学物質から出来ています。薬学部で学ぶ製剤技術や化合物の安定性や安全性の技術を活かして、よりよい化粧品の開発を行う人材を育成します。
化粧品科学コース概要イメージ

学ぶ内容

薬と同じく化学物質から出来ている化粧品。化学を基礎とした化粧品原料・素材、製剤技術を学び、さらに皮膚や毛髪の生理機能等のバイオテクノロジーも学びます。

  • 化粧品原料・素材、製剤技術の修得
  • 化粧品や食品の研究・開発
  • 最新の機器を用いた実験・実習

取得可能な免許・資格

  • 毒物劇物取扱責任者
  • 登録販売者
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 食品衛生管理者
  • 薬事監視員
  • 上級バイオ技術者
  • 治験コーディネーター
  • 臭気判定士

  • 卒業要件とは別に、大学が定める科目の修得が必要です。

卒業後の進路

【化粧品会社】竹本容器株式会社/株式会社プロテックス・ジャパン 等
【製薬関連会社】アストラゼネカ株式会社/株式会社サティス製薬/岡野製薬株式会社/株式会社クリニカルトライヤル 等
【薬局・ドラッグストア】トライジス株式会社/株式会社カメガヤ 等
【食品】株式会社千葉県食肉公社/大栄フーズ株式会社 等
【教育】千葉県教育委員会(中学校理科) 等
【進学】千葉科学大学大学院/札幌医科大学大学院/奈良先端大学院大学 等

このページの先頭へ