教員・研究室紹介

各教員の担当科目・研究内容・業績は教員氏名をクリックすることで閲覧できます

一般教育・教職課程 教員紹介はこちら

創薬科学系

研究テーマ 薬化学、薬品合成化学、薬用資源学
研究内容 薬学では医薬品の合成法の改良や新規生理活性化合物の合成およびこれらを達成可能にする新反応の開発などが重要な分野です。植物などの天然物も無数の有機化合物が含まれており、薬として有用な化合物である生薬中に含まれる有効成分を取り出し、有効な作用の解明や、生薬を組み合わせた漢方処方の有効性を科学的に検証する研究、さらに最近は、環境調和型合成方法や光学活性な医薬品の効率的な合成法の検討についても研究を行っています。

物理薬学系

研究テーマ 薬品分析学、薬品物理化学、製剤/化粧品科学
研究内容 薬学は科学、物理、生物、医療など広範囲の専門分野が連携して薬の開発と使用法を研究する学際領域の学問分野です。物理薬学系では、物理化学をベースとして医薬品や化粧品に関する幅広い研究を分子レベルの視点から行っています。具体的には、ナノテクノロジーなど最新の分析・測定技術を駆使することにより、ドラッグデザインのための生体高分子との新規結合解析法の開発、さらに国内外でも例のない総合的な化粧品学の教育・研究システムの構築と人材育成を行っています。

医療薬学系

研究テーマ 薬物治療学、薬物動態学、臨床薬剤学、臨床医学
研究内容 臨床での安心・安全な薬物による治療を目的として多種多様な研究を行っています。生命体を構成する細胞間の情報伝達の仕組みを研究することで、薬の効く機能を明らかにし、新しい作用を総合的に理解することで、副作用の少ない薬を開発しています。一方、これらの治療薬の生体内運命を解析し、最適な治療を行うオーダーメード医療の実現を目指した研究を行い、動脈硬化症の制圧のため、動脈壁の代謝やそれを調節する因子、薬物、遺伝子の研究も推進しています。

臨床実務系

研究テーマ 医薬品評価学、薬学総合教育、臨床薬学教育
研究内容 臨床試験を重要視し、人間に対する医薬品の有効性や安全性について、統計学的に評価するためのバイオスタティスティクス(生物統計学)を研究しています。また、6年制が本格的にスタートし、臨床の薬学の重要性が見直され、医療現場で薬剤師が薬のスペシャリストとして活躍するために、早期体験学習、病院薬学実習、事前実習の充実化を図り、学生が医療現場との交流の重要性を把握し、臨床に係る実践的な能力を習得できる有意義な実習の実施が可能な環境の整備も行っています。

生命情報系

研究テーマ 分子細胞生物学、生化学/応用遺伝子学、衛生/公衆衛生学
研究内容 「生体における情報伝達システム=生命情報」の仕組みを解明し、疾病予防を目的に研究をしています。細胞の老化・がん化・障害などを引き起こす食品・環境中の汚染物質を調べ、生体への影響を検討し、生体機能がどのように変質するのか、細胞の行動に注目して調査しています。また、遺伝子については、血圧調節と臓器障害に関係する遺伝子に着目し、遺伝子を人工的に改変したマウスを用いて、遺伝子の機能が疾病に及ぼす影響について研究を行っています。

生命医薬科学系

研究テーマ 免疫/微生物学、薬理学、病態生化学
研究内容 脳梗塞、アルツハイマー病などでみられる神経細胞の生死に関わる分子や病態形成に関与する異常タンパク質の分解や除去を行う分子の機能を研究し治療薬の開発を目指しています。微生物からヒトに至るまで全ての生命に必至な物質であるポリアミンの細胞増殖促進機構や脳における生理機能について研究し、脳梗塞の診断や治療薬の開発につなげます。病原体感染症の迅速簡便な検出診断法やリウマチなどの免疫変調の基づく疾患の診断法の開発を研究しています。
このページの先頭へ