1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 薬学科
地域・救急・災害医療の現場でチーム医療の一翼を担える、
危機管理の素養に優れた次世代の薬剤師を養成します。

確実な国家資格取得へと導く、学生一人ひとりに合わせた薬学臨床教育。
高機能患者シミュレーターを用いた、実践的な薬剤師教育。
入学時からスタートする、こまやかな学習支援体制。

学科概要

本学の薬学科が目指す薬剤師像とは、チーム医療の一員として活躍できる知識と技能はもちろん、医療・薬剤分野におけるリスクマネジメント能力、漢方医療や代替医療に関する深い知識、患者さまに信頼されるコミュニケーション能力をトータルに兼ね備えた医薬スペシャリストです。

6年間を通じて臨床現場で求められる専門知識とスキルをより高いレベルで身につけるとともに、学生ひとりひとりに合わせた学習支援体制で、薬剤師国家試験合格に導きます。

さらに危機管理学部・看護学部との連携教育を通じて危機管理の素養とチーム医療での実践力を養い、地域医療から救急・災害医療まで、あらゆる現場に対応できる新しい時代の薬剤師を養成します。

在校生の声

学ぶ内容

徹底した国家試験対策(習熟度に合わせた対策)、臨床現場で役立つ薬剤師教育(本物を用いた実践的な指導)

薬学科のこだわり

  • 将来の医療に対応できる薬剤師養成
    高機能患者シミュレーターを利用して病気状態を体験することで、患者さんの状態を把握できる薬剤師を養成します。
  • 実習を通じて問題解決能力を身につける
    3つの基礎実習、12の専門実習、3つの実務実習の中で、コミュニケーション能力と問題解決能力を身につけます。
  • 救急・災害・医療現場での 連携を目指して
    救急救命士・臨床工学技士・臨床検査技師を養成する保健医療学科、看護師を養成する看護学部との連携により、他の医療職を目指す学生と交流学習することができます。
  • 個別指導体制
    4年生からの研究室配属により、少人数指導体制に移行し、学生の性格・学力に応じた個別指導を行います。 学科特設サイト
  • 万全の国家試験対策
    個人の学力に応じたきめ細かい指導を含めた350コマに及ぶ国家試験対策の補講や独自の模擬試験による対策を行います。
  • 学習しやすい環境
    キャンパス内に多くの学習スペースを確保し、個々の性格に合った環境で勉強できます。
  • 卒業研究において最先端研究を実施
    教員の個別指導により薬学領域の最先端研究を、国家試験対策と同時に行います。
  • 学生が気軽に話せる教員
    学生と教員の間に垣根がないため、いろいろなことを教員と話し合うことができます。

薬学科の教育目標

※2018年度のものを掲載しています。改組(構想中)により変更の可能性があります。2019年度入学試験要項をご確認ください。

  1. 薬学に関する知識と技術を学び、薬学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する能力の育成
  2. 人文・社会科学の基礎的教養および自然科学の基礎的な知識と応用力を備え、薬学に関する専門知識に基づき医療に貢献できる能力の育成
  3. 薬学に関する技能を有し、薬学の立場から危機管理の素養を備え安全で有効な医薬品の使用を推進できる能力の育成
  4. コミュニケーション能力、薬学・医療に対する使命感や倫理観、次世代を担う人材を育成する意欲と態度を有し、医療に貢献できる能力の育成
  5. チーム医療や地域住民の健康増進・福祉向上への取り組みに積極的に参画し生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲を有し、医療に貢献できる能力の育成
  6. 薬学・医療分野において、患者・生活者本位の視点に立ち、新たな課題を解決する能力を有し医療に貢献できる能力の育成
アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
本学科(6年制)は、将来、危機管理の素養を持って薬学の分野で活躍し、安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な薬剤師を養成することを目指しています。この目的を達成するために、薬の化学的、物理学的性質、生体へ及ぼす作用等を理解するのに必要な自然科学系分野の知識や基礎的英文読解能力を有し、医療人に必要な倫理観や使命感を身につけることができる意欲的な人を広く求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 薬学に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 基礎的英文読解能力のある者
  4. コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

薬学に関する知識と技術を学び、薬学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

教育課程は一般基礎科目と専門教育科目から構成されており、一般基礎科目は人文・社会科学、外国語、保健体育等からなり、専門教育科目は学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目として化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる総合科目を年次進行で編成し実施する。

初年次教育では一般基礎科目の「リスク危機管理論」により、薬学領域における危機管理の基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。また、専門科目においては、自然科学系の基礎知識を学部基礎科目、学科基礎科目として修得し、化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目の講義、実習をとおして、薬学の専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。4年次には、薬学の基礎的知識のまとめとして、「基礎・衛生・社会薬学演習」、「医療薬学演習」が、基礎的な臨床的知識及び技能の修得のために、「臨床薬剤学実習」、「事前病院・薬局実務実習」が設定されている。さらに5年次には臨床的知識、技能の修得のため「薬局実務実習」、「病院実務実習」を行い、6年次にはすべての集大成として「基礎・衛生・社会薬学特別講義」、「医療薬学特別講義」が設定されている。また、社会薬学科目「早期体験学習」、「ヒューマニズム」、「医療倫理」等を通じて医療人としての使命感、倫理観を身に付け、「コミュニケーション」、「医療コミュニケーション」等によりコミュニケーション能力の醸成を行うように科目が設定されている。
学科専門科目である化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目、社会薬学科目、医療薬学科目、専門実習科目においては、アクティブラーニングを実践するためにSGDや演習、実習などにより、薬学に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。
教育課程を通じて、一般基礎科目の人文・社会科学、外国語、保健体育等の科目を履修することにより基礎的教養が身に付くよう設定されている。また、社会薬学科目や「薬局実務実習」、「病院実務実習」のキャリア科目により、薬剤師を目指す者として必要なチーム医療や地域住民の健康増進・福祉向上への取り組みに積極的に参画する態度が醸成される。
「総合薬学演習」及び「卒業研究」は、薬剤師を目指す者に必要な知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

薬学科では、薬学に関する知識と技術を学び、薬学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(薬学)の学位が授与される。

知識
人文・社会科学の基礎的教養
自然科学の基礎的な知識と応用力
薬学に関する専門知識
技能
薬学に関する技能、薬学の立場から危機管理の素養を備え安全で有効な薬品の使用を推進する技能
態度
薬剤師を目指す者として、必要なコミュニケーション能力、薬学・医療に対する使命感や倫理観、次世代を担う人材を育成する意欲と態度を有し、チーム医療や地域住民の健康増進・福祉向上への取り組みに積極的に参画する態度、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲
思考力
薬学・医療分野において、患者・生活者本位の視点に立ち、新たな課題を解決する能力

千葉県三大学の連携教育プログラム

実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム千葉大学、城西国際大学と本学の3大学薬学部が連携する、6年制の薬学部教育にあたる文部科学省・大学間連携共同教育推進事業「実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム」が採択されています。それぞれの大学が得意分野の教育を担当し、よりハイレベルな薬剤師教育を行います。千葉科学大学は「危機管理のできる薬剤師教育」を担当します。

取得可能な免許・資格

  • 薬剤師 国家試験受験資格
  • 薬事監視員
  • 向精神薬取扱責任者
  • 毒物劇物取扱責任者

卒業要件とは別に、大学が定める科目の修得が必要です。

卒業後の進路

  • 病院薬剤師
  • 調剤薬局・ドラッグストア薬剤師
  • 医薬品・食品関係企業の管理薬剤師
  • 治験コーディネーター
  • 官公庁(薬事・保健衛生行政)
  • 麻薬取締官
  • 自衛官(薬剤官)
  • 製薬企業(研究、開発、治験、医薬情報担当者<MR>、衛生管理) 等

自己評価について

6年制薬学教育が導入され、すべての薬系大学は自己評価・第三者評価を進めて行くことになりました。 今回、千葉科学大学薬学部では「自己評価」を行っておりますので、その結果を公表します。 自己評価書はこちら

page top