1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 生命薬科学科
薬・化粧品科学のスペシャリストになろう

豊富な薬学知識に加え、生命科学に関する高度な専門的知識・技術を修得することにより、
薬学、医学、生命科学などの幅広い知識を持ち、製薬・創薬領域で活躍できる研究者・技術者を養成します。

薬学の基礎を学ぶとともに、さらに化粧品科学に精通することによって、
化粧品の開発から安全な使用法の啓蒙までの全ての領域で、社会に貢献できる人材を育成します。

創薬科学コース

  • 漢方薬からアルツハイマー病薬までに及ぶ豊富な薬学知識の修得
  • 創薬に関する実践的な知識と技能の修得
  • 生命科学に関する高度な専門的知識・技術の修得

薬学・医学・生命科学などの幅広い知識を持ち、製薬・創薬領域で活躍できる研究者・技術者を育成します。 創薬科学コースはこちら

化粧品科学コース

  • 薬学の基礎を修得
  • 化粧品に関する実践的な知識と技能の修得
  • 化粧品科学に関する専門的知識・技術の修得

化粧品の開発から安全な使用法の啓発までの全ての領域で社会に貢献できる人材を育成します。 化粧品科学コースはこちら

在校生の声

STUDENT'S REPORT
薬学部 生命薬科学科 4年生
(神奈川県出身 相洋高等学校 卒業)
川口 萌 さん

研究者になるための知識を身につけることができる4年間。人前に立ち意見を述べる機会も増え、人にきちんと情報を伝えられるスキルが育まれました。

学科の特色

  • 少人数教育なので、実習では誰もが最新の機器に触れることができる
    「創薬科学コース」「化粧品科学コース」の2つのコースを用意し、薬学の基礎から専門知識までを学び、研究者・技術者・化粧品の開発など社会に貢献する人材を育成します。少人数制なので、実習に参加する誰もが実際に機器に触れ、操作などを体験することで技術を身につけていくことができます。1-2年生でも希望すれば、薬学部にある15研究室(化粧品系、生物系、化学系、物理系、医療系)」で研究活動ができます。
  • 薬・化粧品科学のスペシャリストを目指す
    「創薬科学コース」では、一人でも多くの人を病の苦しみから救うため、薬の科学を広く学び、製薬企業の技術者・医薬情報担当者(MR)として活躍できる能力を身につけます。また、「化粧品科学コース」では、生命科学を基礎とした化粧品原料・素材、製剤技術を学び、さらに皮膚や毛髪の生理機能等のバイオテクノロジーも学びます。
  • 学外見学と体験学習の活用
    学生の見聞を広めて幅広い知識を習得するとともに、実践的な研究活動を体験してもらうために、学外の化粧品企業や医療関係企業への見学やインターンシップ制度を利用した企業での体験学習などを積極的に行っています。外部との交流を通じて、問題解決能力に優れた医療人を育てます。本学で実施する化粧品シンポジウムには、化粧品関係の専門家が出席されるため、実践的な化粧品に関する知識・技術・経験を直接教わることができます。
  • 卒業後は化粧品業界や医療業界のほかにも幅広く活躍できる
    薬や化粧品の知識と経験を活かして、製薬会社(研究開発・医薬情報担当者 ・製造)、CRC、ドラッグストア、食品(特に健康)、化粧品・バイオ産業(研究開発)、保健所、関連企業など企業・公務員への就職や研究所・大学の研究室へ進むことができます。大学院を入れると6年間で薬学修士の学位を取得でき、製薬会社など研究機関で活躍します。

生命薬科学科の教育目標

  1. 薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、薬学・生命科学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する能力の育成
  2. 人文・社会科学の基礎的教養および自然科学の基礎的な知識と応用力を有し薬学・生命科学に関する専門知識に基づき自然科学に貢献できる能力の育成
  3. 創薬科学、化粧品科学および生命科学等に関する基礎的技能を有し、薬学・生命科学に応用できる能力の育成
  4. 薬学・生命科学に関する専門分野に携わる者として必要なコミュニケーション能力および使命感や倫理観を有し、薬学・生命科学の発展に貢献出来る能力の育成
  5. 薬学・生命科学の分野における問題を論理的・実践的に解決する能力の育成
アドミッションポリシー(入学者受入方針)AP
入学者選抜
本学科(4年制)は、将来、危機管理の素養を持って薬学・生命科学の分野で活躍し、安全・安心な社会の構築に寄与する意欲的な研究者、技術者を養成することを目指しています。この目的を達成するために、薬の化学的、物理学的性質、生体へ及ぼす作用等を理解するのに必要な自然科学系分野の知識や基礎的英文読解能力を有し、倫理観や使命感を身につけることができる意欲的な人を広く求めます。留学生ではこれらに加えて勉学に必要な日本語能力を身につけている人を受入れます。
本学科では、入学志願者の基礎的知識を評価するための一般入学試験、意欲や表現力、コミュニケーション能力等の適性を多面的に判定するためのAO入学試験等、複数の選抜制度を設けています。
求める人物像
下記の項目のいずれか複数の項目を満たす人を求めます。
  1. 薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
  2. 自然科学分野の基礎的知識を備えている者
  3. 基礎的英文読解能力のある者
  4. コミュニケーション能力を有する者
力リキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)CP

薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、薬学・生命科学の立場から危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に貢献する人材養成を目的として、教育課程編成、当該教育課程における学修方法・学修課程、学修成果の評価の在り方について示す。

教育課程は一般基礎科目と専門教育科目から構成されており、一般基礎科目は人文・社会科学、外国語、保健体育等からなり、専門教育科目は学部基礎科目、学科基礎科目、学科専門科目、創薬科学専門科目、化粧品科学専門科目、専門実習科目及びこれらの集大成となる卒業研究を主とする総合科目を年次進行で編成し実施する。

初年次教育では一般基礎科目の「リスク危機管理論」により、薬学領域における危機管理の基礎的な知識・技能が修得できるように設定されている。また、専門科目においては、自然科学系の基礎知識を学部基礎科目、学科基礎科目として修得できるように設定されている。1年次から3年次には学科専門科目として化学系薬学科目、物理系薬学科目、生命薬学科目の講義、専門実習をとおして、薬学の専門的知識・技能が段階的に修得できるように設定されている。さらに「医薬品開発」等の創薬科学専門科目、「化粧品概論」等の化粧品科学専門科目を履修することにより、創薬科学、化粧品科学に関する知識が修得できるよう設定されている。学科専門科目、創薬科学専門科目、化粧品科学専門科目、専門実習科目においては、SGDや実習などによりアクティブラーニングを実践し、薬学・生命科学に関する専門的知識・技能が効果的に修得できるように設定されている。3年次より研究室に所属し創薬・化粧品科学に関する専門分野に携わる者として必要な研究手法等を学び、4年次に「卒業研究」を通して総合的な問題解決能力が身に付くように設定されている。
教育課程を通じて、一般基礎科目の人文・社会科学、外国語、保健体育等の科目を履修することにより基礎的教養が身に付くよう設定されている。また、「教養特別講義」、「企業等体験実習」等のキャリア科目において、薬学・生命科学の発展に貢献する態度を身につけ、将来の進路選択に活かせるように設定されている。「コミュニケーション」、「生命倫理学」の学習を通じて、コミュニケーション能力と倫理観、使命感が身に付くよう設定されている。
「卒業研究」は学科で求める知識・技能・態度・思考力についての総合的な評価科目として、教育課程の集大成と位置付けられている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

生命薬科学科では、薬学・生命科学に関する知識と技術を学び、薬学・生命科学の立場からの危機管理の素養を備え、安全・安心な社会の構築に寄与する態度や思考力を身につけた者に学士(生命薬科学)の学位が授与される。

知識
人文・社会科学の基礎的教養
自然科学の基礎的な知識と応用力
薬学・生命科学に関する専門知識
技能
創薬科学、化粧品科学、生命科学等に関する基礎的技能
態度
薬学・生命科学に関する専門分野に携わる者として必要なコミュニケーション能力、使命感や倫理観を有し、薬学・生命科学の発展に貢献する態度
思考力
薬学・生命科学の分野における問題を論理的・実践的に解決する能力
page top