教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 八角 憲男
八角

八角 憲男 (はっかく のりお)  / Norio Hakkaku

企業経営では、危機を回避し、より優位な経営状況を導くため、「ブランド」の構築が特に重要なテーマになっています。そうした動きは、他の「あらゆる組織」「地域」「個人」についてもそれが必須のものと捉える経営行動について研究しています。

所属 危機管理学部 危機管理学科 教授
学位 修士(法学)  ( 東洋大学 1999年 9月 )
専門分野 ブランド価値評価 、無形資産 、M&A
学歴・職歴 2009年 広島大学 大学院 社会科学専攻マネジメント専攻 博士課程後期 単位取得
主な担当科目【学部】 会計原理,財務諸表論,国際経営論,企業法務論,経営情報システム,ビジネスコミュニケーション,特別ビジネス講義など
主な論文・著書 <学術論文>
「無形資産の価値評価モデルに関する一考察 ―『経済産業省モデルを中心にして』―」広島大学マネジメント研究,Vol.13,pp.57-72(2012-12)
「会計概念の『無形資産』から経営資源の『知的資産』へ」日本国際情報学会 誌,Vol.10,No.1,pp.25-37(2013-12)
<発表>
「地域再認識の必然性とブランド戦略―コーポレートブランド経営を中心として―」日本産業経済学会第12 回全国大会,名古屋外国語大学,2015 年9 月11 日。
「中小企業のコーポレートブランド構築と戦略経営―銚子電気鉄道(株)の事 例を中心に―」千葉科学大学フォーラム,銚子プラザホテル,2015 年10 月17 日。
「企業価値の向上と組織論的アプローチ”,千葉科学大学フォーラム,銚子プラ ザホテル,2016 年10 月8 日。

所属学会 日本危機管理学会、日本会計研究学会、日本マネジメント学会、危機管理システム学会、経営行動研究学会、日本国際情報学会
その他 社会貢献 山陽新聞社主催「吉備創生カレッジさん太キャンパス」講師 テーマ『ブランドが注目される時代 ―企業・地域・個人―』 「ブランド構築が求められる企業」2008年5月,山陽新聞社本社ビル. 「地域活性化とブランド」2008年6月,山陽新聞社本社ビル. 「パーソナルブランドとは何か」2008年6月,山陽新聞社本社ビル.
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部企画 『専門家に学ぶ,倉敷市民のための公開講座』講師 テーマ『知的資産経営が必須の時代―ブランド構築を中心として―』2009年12月 倉敷駅前商店街倉敷町づくりセンター。
文部科学省現代的プログラム(平成19年度,現代GP活動) 倉敷朝市三齋市 倉敷駅前商店街(大学側企画責任者) 店舗名「倉芸工房」平成20年6月~平成20年7月。
ラジオ出演 ?RSKラジオ(山陽放送) 番組「にっちもさっちもラジオヤジ」2008年5月。 「企業経営」の学びの中核となる経営学や会計学について,「知的資産,ブランド,モチベーション,職場の環境づくり,貨幣で測定」というキーワードで解説をした。
文部科学省現代的プログラム(平成18年度,現代GP活動) ?八角憲男「倉敷チボリ公園店舗経営」『平成19年度中間報告書』倉敷芸術科学大学,平成20年,pp.32-35。 ?八角憲男「倉敷チボリ公園店舗経営」『平成20年度最終報告書』倉敷芸術科学大学,平成21年,pp.51-55。
page top