教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 大島 利夫
大島

大島 利夫 (おおしま としお)  / Toshio Ohshima

医療危機管理における課題の一つに院内感染対策があります。長年インフェクションコントロールの仕事を行ってきた経験を活かし、院内感染における感染制御および薬剤耐性菌の同定や薬剤耐性メカニズムについて研究しています。特に、院内感染で問題となるClostridium difficile> の検査とそのリスクファクター、緑膿菌、MRSAなどを研究テーマとしています。また、臨床微生物検査学における自動機器の評価や微生物検査の精度管理の研究にも取り組んでいます。

所属 危機管理学部 保健医療学科 教授
学位 医学博士(杏林大学 博甲医第433号)、保健衛生学士(北里大学) 
専門分野 臨床微生物学 、感染制御学 、染色体遺伝子検査学
学歴・職歴 昭和56年3月 北里大学衛生学部卒業
平成28年3月 杏林大学大学院 医学研究科博士課程修了

職歴
日本歯科大学歯学部 病理学教室(助手)
東海大学医学部付属病院 臨床検査技術科
主な担当科目【学部】 臨床微生物検査学、臨床微生物検査学実習、微生物・医動物学実習、関係法規、医療安全管理学
主な論文・著書 <学術論文>
Toshio Ohshima, Takako Osaki, Yukari Yamamoto, Satomi Asai, Hayato Miyachi, Shigeru Kamiya., Evaluation of Risk Factors for Clostridium difficile Infection Based on Immunochromatography Testing and Toxigenic Culture Assay. Journal of Clinical Microbiology. Vol. 56. (12), e00555, 2018.
Satomi Asai, Toshio Ohshima, et. al., Carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in A Febrile Neutropenia Patient With Acute Myelogenous Leukemia After Hematopoietic Stem Cell Transplantation. Infectious Diseases in Clinical Practice. Vol. 26. (5), e38-39, 2018.
Toshio Ohshima, Saori Nomiya, et al., Performance evaluation of a newly developed and fully automated bacteriological analyzer ‘RAISUS ANY’ for antimicrobial susceptibility testing of fastidious bacteria Haemophilus influenzae and Streptococcus pneumoniae. The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine. 42(1): 37-40, 2017.
Toshio Ohshima, Satomi Asai, et al., The Implementation of a Hospital-wide Practice for the Selective Use of Carbapenems Based on the Monitoring of Susceptibility of Pseudomonas aeruginosa Isolates. The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine. 42(4): 176-181. 2017.
Satomi Asai, Kazuo Umezawa, HideoIwashita, Toshio Ohshima, et al., An outbreak of blaOXA-51-like- and blaOXA-66-positive Acinetobacter baumannii ST208 in the emergency intensive care unit. Journal of Medical Microbiology. 63: 1517-1523, 2014.
Satomi Asai, Toshio Ohshima, et al., Differential coexpression of Mex efflux pumps in a clinical strain of metallo-beta-lactamase- producing Pseudomonas aeruginosa during the stepwise evolution of resistance to aminoglycosides. Infectious Diseases in Clinical Practice. 19(1): 38-42, 2011.
Miyachi H, Masukawa A, Ohshima T, et al., Automated specific capture of hepatitis C virus RNA with probes and paramagnetic particle separation. Journal of Clinical Microbiology. 38(1): 18-21, 2000.
<著書>
遺伝子検査技術-遺伝子分析科学認定士テキスト-改訂2版 共著 宇宙堂八木書店 55-64, 2016.
遺伝子分析科学 共著 宇宙堂八木書店 112-121, 2011.

所属学会 日本臨床検査医学会、日本医学検査学会、日本臨床微生物学会、日本感染症学会、日本環境感染学会、日本遺伝子診療学会、日本臨床検査学教育学会、日本医療安全学会
資格 臨床検査技師 登録第73618号
認定微生物検査技師(臨床微生物学会第06031号)
遺伝子分析科学認定士(日本遺伝子分析科学同学院MA-391号)
その他 受賞:平成21年 緒方富雄賞(日本臨床検査同学院)
日本無菌生物ノートバイオロジー学会 評議委員
日本遺伝子分析科学同学院 広報委員、試験実行委員
日本医療安全学会 代議員
page top