教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 柏木 敬子
柏木

柏木 敬子 (かしわぎ けいこ)  / Keiko Kashiwagi

『ポリアミン』を研究テーマにしています。ポリアミンとはアミノ基(-NH2)を複数持つ化合物の総称で、全ての生物に存在する生命に必須なものです。ポリアミンは、細胞増殖を促進する作用があるので、そのメカニズムを研究しています。さらにポリアミンから生成するアクロレインが強い毒性物質であることが明らかになったので、そのメカニズムの解明とアクロレイン除去物質を探索し、医療に役立てようとしています。

所属 薬学部 薬学科 教授
薬学研究科 薬科学専攻 教授
薬学研究科 薬学専攻 教授
千葉科学大学 学務部 参与
学位 薬学博士  ( 千葉大学 1987年 9月 )
専門分野 生化学 、病態生化学
学歴・職歴 1980年3月 千葉大学 大学院 薬学研究科 修士課程 修了
主な担当科目【学部】 病態生化学 I 、病態生化学 II 、病態生化学実習
主な担当科目【大学院】 医療薬学ゼミナールⅡ(薬学専攻)、生命科学ゼミナールⅡ(薬科学専攻)、特別研究(薬学専攻、薬科学専攻)、特別講義Ⅱ(薬学専攻、薬科学専攻)、薬学特論(薬科学専攻)、薬理学・病態生化学演習B(薬科学専攻)、薬理学・病態生化学特論(薬科学専攻)
主な論文・著書 <学術論文>
Yoshida, T., Sakamoto, A., Terui, Y., Takao, K., Sugita, Y., Yamamoto, K., Ishihama, A., Igarashi, K., and Kashiwagi, K.: Effect of spermidine analogues on cell growth of Escherichia coli polyamine requiring mutant MA261. PLoS One. 11, e0159494 (2016)
Nakamura, M., Uemura, T., Saiki, R., Sakamoto, A., Park, H., Nishimura, K., Terui, Y., Toida, T., Kashiwagi, K., and Igarashi, K.: Toxic acrolein production due to Ca2+ influx by the NMDA receptor during stroke. Atherosclerosis 244, 131-137 (2016)
Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Modulation of protein synthesis by polyamines. IUBMB Life 67(3), 160-169 (2015)
Sakamoto, A., Terui, Y., Yoshida, T., Yamamoto, T., Suzuki, H., Yamamoto, K., Ishihama, A., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Three members of polyamine modulon under oxidative stress conditions: two transcription factors (SoxR and EmrR) and a glutathione synthetic enzyme (GshA). PLoS One 10(4), e0124883 (2015)
Terui, Y., Sakamoto, A., Yoshida, T., Kasahara, T., Tomitori, H., Higashi, K., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Polyamine stimulation of eEF1A synthesis based on the unusual position of a complementary sequence to 18S rRNA in eEF1A mRNA. Amino Acids 47(2), 345-356 (2015)
柏木敬子:原核細胞及び真核細胞のポリアミン輸送系の性質とその生理的意義, ポリアミン 2 (1), 2-11 (2015)
Sakamoto, A., Terui, Y., Horie, C., Fukui, T., Masuzawa, T., Sugawara, S., Shigeta, K., Shigeta, T., Igarashi, K., and Kashiwagi, K.: Antibacterial effects by protruding and recessed shark skin micropatterned surfaces of polyacrylate plate with a shallow groove. FEMS Microbiol. Lett. 361, 10-16 (2014)
Terui, Y., Saroj, S. D., Sakamoto, A., Yoshida, T., Higashi, K., Kurihara, S., Suzuki, H., Toida, T., Kashiwagi, K., Igarashi, K.: Properties of putrescine uptake by PotFGHI and PuuP and their physiological significance in Escherichia coli. Amino Acids 46, 661-670 (2014)
Nakamura, M., Tomitori, H., Suzuki, T., Sakamoto, A., Terui, Y., Saiki, R., Dohmae, N., Igarashi, K., and Kashiwagi, K.: Inactivation of GAPDH as one mechanism of acrolein toxicity. Biochem. Biophys. Res. Commun. 430, 1265-1271 (2013)
Sakamoto, A., Terui, Y., Yamamoto, T., Kasahara, T., Nakamura, M., Tomitori, H., Yamamoto, K., Michael, A. J., Igarashi, K., and Kashiwagi, K.: Enhanced biofilm formation and/or cell viability by polyamines through stimulation of response regulators UvrY and CpxR in the two-component signal transducing systems, and ribosome recycling factor. Int. J. Biochem. Cell Biol. 44, 1877-1886 (2012)

所属学会 日本生化学会、日本薬学会、日本分子生物学会、日本ポリアミン学会、米国生化学分子生物学会(ASBMB)
資格 薬剤師
第1種放射線取扱主任者免許
その他 外部資金獲得状況:
公益財団法人双葉電子記念財団 平成25年度自然科学研究助成金 研究代表者:柏木敬子 研究題目:アクロレインによる細胞機能並びに脳機能の障害機序解明
公益財団法人双葉電子記念財団 平成24年度自然科学研究助成金 研究代表者:柏木敬子 研究題目:アクロレインによる細胞機能並びに脳機能障害のメカニズム解明
日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)研究代表者:柏木敬子 研究題目:細胞増殖因子ポリアミンの機能解明とその濃度調節機序 研究期間:平成23年4月~平成26年3月
日本学術振興会 科学研究費(基盤研究C)研究代表者:柏木敬子 研究題目:ポリアミン輸送蛋白質及びNMDA受容体の分子解剖と活性構造相関 研究期間:平成20年4月~平成23年3月

教育上の役割:
薬学共用試験CBT担当
page top