"チームSKY"による徹底指導

豊富なエアラインパイロット経験を持つ元日本航空(JAL)機長の山田光男教授、元全日本空輸(ANA)査察機長・元日本貨物航空(NCA)査察機長の羽鳥哲夫教授、日本航空(JAL)の整備本部整備部長を務めた山梨明教授。彼ら"チームSKY"をはじめとする講師陣が、航空業界の第一線で培った知識とスキルを駆使し、不測の事態に対応できるエアラインパイロット、パイロット業務を理解した航空技術者を養成します。

教員紹介

山田 光男
千葉科学大学危機管理学部航空技術危機管理学科 教授

専門分野 航空安全、航空危機管理
略歴 1973年3月 千葉大学工学部機械科卒
1992年6月 日本航空機長
2001年12月日本アジア航空室長
2004年7月1日 日本航空B767乗員部 副部長
2011年1月 日本航空機操縦士協会 編集委員会長

羽鳥 哲夫
千葉科学大学危機管理学部航空技術危機管理学科 教授

専門分野 操縦訓練技法、操縦士審査技術
略歴

ANAに自社養成訓練生として入社し、YS-11,B727,B747の副操縦士を経て、1991年B747機長発令。
2003年 B747-400運航乗員部 副部長・査察機長
2010年 NCA 査察室長・査察機長
2011年 NCA 乗員部長
2012年 NCA 先任機長

NCAでは日本初となるB747-8F導入に関わり、米シアトルのBOEINGにてテストパイロットを担当。
政府専用機パイロットの審査を防衛省からの依頼を受けて担当。総飛行時間18,500時間。