トップ→化粧品科学コース

化粧品科学コース

化粧品は、生命の力を最大限に引き出す原動力になります。化粧品は、皮膚の表面の科学だけでは、計りきれない大きな力を持っています。このコースでは、生命科学をしっかりと学んで、化粧品の生命に対する作用について、様々な点から探究していきます。

化粧品は、美白、保湿、アンチエイジングといった健康と生活の向上に欠かせないものです。化粧品は「くすり」と同様に化学物質から出来ています。薬学部で学ぶ製剤技術や化合物の安定性や安全性の技術を活かして、よりよい化粧品の開発を行う人材を育成します。

新着情報

  • 2015/3/19 化粧品科学コースサイトリニューアル

薬学部で化粧品を研究する4つの理由

化粧品はくすりと同じ化学物質からできている

研究に必要な知識が共通している。

化粧品には製剤技術が必要

薬学部で学ぶ製剤技術が化粧品開発に有用。

化粧品の開発には安全性の技術が不可欠

薬学の知識・技術が化粧品の安全性、商品としての信頼性を高めます。

薬学部出身の開発者が多くいる

薬剤師免許は必要とされていません。(4年制コースでも大丈夫!)