大塚 朱美 (Akemi Ohtsuka)看護学科 教員紹介


大塚 朱美
看護の基盤となる援助技術を発展させ、地域や学校での対象者に対するセルフケアを意識した生活援助、養護教諭としては健康相談や事例研究を行い、適応的な生涯発達支援について研究しています。また、勤労青少年の教育の場として誕生した定時制課程は、現在、勤労青少年のみならず不登校やニューカマーなど生徒層が多様化しており、その経緯と現状から、高等学校全入時代の高等学校の社会への移行支援についても研究しています。

所属・職名 千葉科学大学 看護学部 看護学科 助教

学歴・職歴 2013年3月 千葉大学 大学院 教育学研究科
                     学校教育臨床専攻 修士課程 修了

学位 教育学修士 (千葉大学 2013年3月)

専門分野 基盤看護学

主な担当科目 <学部>
基盤看護技術論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、基盤看護学実習Ⅰ・Ⅱ                       

主な論文・著書等 <学術論文>
1型糖尿病歴のある高校生の「介入拒否」からとらえた養護教諭の対応(共著)
不登校経験とその後の生活との関係-定時制高校で適応的に過ごしていた事例から-(共著)
地域包括ケアシステムの補完代替療法の活用-ストレッチングに関する文献検討-(共著)
看護技術の『安心』に関する文献検討-(共著)
<発表>
生徒の介入拒否から考察する養護の作用-1型糖尿病をもつ生徒の事例検討から-(共同)
夜間定時制生徒の健康課題-食事と生活の実態から-(個人)

所属学会 日本学校健康相談学会、日本養護教諭教育学会、日本看護管理学会、日本国際情報学会

資格 看護師免許証

その他 ○出張講義テーマ
 看護と養護
 定時制のための保健室演習
○外部団体より委嘱
 神栖市 : 生涯学習推進会議委員(2014-2015年度)
 文部科学省 : 高等学校学習指導要領解説 看護編 作成協力者(2010年)
 文部科学省 : 文部科学省著作教科書 看護002・003・004 看護基礎医学1・2・3 審査協力者(2003年)

このページの先頭へ