平尾 哲二 (Tetsuji Hirao)生命薬科学科 教員紹介


平尾 哲二
化粧品は、医薬品とは異なり作用は穏やかですが、毎日使うことで、肌を健やかに保ち、美しく魅せ、生活の質を高めることができます。化粧品科学研究室では、化粧品製剤開発に欠かせない界面化学に関する基礎研究、角層成分解析など皮膚生理研究、化粧品の有用性評価研究などを行っています。
 詳しくは研究室のホームページをご覧下さい .

所属・職名 千葉科学大学 薬学部 生命薬科学科 教授
星薬科大学 薬学部 非常勤講師
千葉科学大学 大学院 薬学研究科 薬科学専攻 修士課程 教授
千葉科学大学 大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士課程(後期) 教授

学歴・職歴 1979年3月 東京大学薬学部薬学科卒業
1984年5月~2015年3月 (株)資生堂 リサーチセンター
1990年3月~1997年3月 (株)アドバンストスキンリサーチ研究所(出向)

学位 薬学博士(東京大学大学院薬学系研究科 2005年3月)

専門分野 化粧品科学 角層生化学 皮膚科学

主な担当科目 <学部>
化粧品概論、化粧品と皮膚生理、機能性化粧品、化粧品企業特論、薬用化粧品、化粧品開発とナノテクノロジー、化粧品学基礎実習、化粧品学実習

主な論文・著書等 <著書>
Structure and Function of Skin from a Cosmetic Aspect. In "Cosmetic Science and Technology" (K. Sakamoto, R. Lochhead, H. Maibach, and Y. Yamashita eds.) Elsevier. p.673-684, 2017
「医師・医療スタッフのための化粧品ハンドブック」 中外医学社 2016.
Corneocyte Analysis. In “Textbook of Aging Skin 2nd edition” (M.A. Farage, K.W. Miller, and H. I. Maibach, eds.) Springer-Verlag, published on-line, 2016.
有用性評価総論 日本香粧品学会 創立40周年記念誌 p.79-85, 2015
表皮・角層の科学 「化粧品科学ガイド」フレグランスジャーナル社 2007年2月(第2版 2010年6月)
<学術論文>
Hirao T, Takahashi M. Carbonylation of cornified envelopes in the stratum corneum. FEBS Lett 579(30), 6870-6874, 2005.
Hirao T. Involvement of transglutaminase in ex vivo maturation of cornified envelopes in the stratum corneum. Intl J Cosmet Sci 25:245-257, 2003.
Hirao T, Takahashi M, Kikuchi K, Terui T, Tagami H. A novel non-invasive evaluation method of cornified envelope maturation in the stratum corneum provides a new insight for skin care cosmetics. IFSCC Magazine 6(2), 103-109, 2003.
Hirao T, Terui T, Takeuchi I, Kobayashi H, Okada M, Takahashi M, Tagami H. Ratio of immature cornified envelopes does not correlate with parakeratosis in inflammatory skin disorders. Exp Dermatol. 12(5):591-601, 2003.
Hirao T, Denda M, Takahashi M. Identification of immature cornified envelopes in the barrier-impaired epidermis by characterization of their hydrophobicity and antigenicities of the components. Exp Dermatol 10(1):35-44, 2001.

所属学会 日本香粧品学会 日本化粧品技術者会 日本研究皮膚科学会

その他 ○受賞
・International Journal of Cosmetic Science 誌2003年最優秀論文賞. Hirao T. Involvement of transglutaminase in ex vivo maturation of cornified envelopes in the stratum corneum. Intl J Cosmet Sci 25:245-257, 2003.
・“Stratum Corneum III” (Basel, 2001) ベストポスター賞. Hirao T, Takahashi M, Tagami H. Non-invasive evaluation of cornified envelope maturation in the stratum corneum.
○学会活動等
2003年-現在 International Journal of Cosmetic Science誌 Editorial board
2009-2013年 日本香粧品学会 評議員・学術委員
2013-2015年 日本香粧品学会 理事・編集委員
2017年-現在 日本香粧品学会 理事・編集委員長

このページの先頭へ