植木 岳雪 (Takeyuki Ueki)環境危機管理学科 教員紹介


植木 岳雪
段丘や地すべりなどの地形発達史,鮮新ー更新統の層序と編年を行っている.国土の基盤情報である地質図幅の整備に貢献している.主なフィールドは,関東平野,長野県,愛知県・三重県,四国東部などである.最近は,千葉県西部の完新統と古地震にも興味を持っている.さらに,地形学・地質学を題材とした学校教育や生涯学習の実践にも力を入れている.古植物学や考古学の研究者と共同研究を行っている.

所属・職名 千葉科学大学 危機管理学部 環境危機管理学科 教授
千葉科学大学大学院 危機管理学研究科 教授

学歴・職歴 1990年4月 静岡県高等学校教諭(1995年3月まで)
2002年3月 東京都立大学大学院理学研究科地理科学専攻博士課程修了
2003年4月 産業技術総合研究所地質情報研究部門研究員・主任研究員(2013年3月まで)
2013年4月 千葉科学大学危機管理学部教授(現在に至る)

学位 博士(理学)  (東京都立大学 2002年3月)

専門分野 地形学,地質学,第四紀学,古地磁気学,理科教育学

主な担当科目 <学部>
環境基礎,教養ゼミナールⅠ・Ⅱ,環境地質学,環境科学ゼミナールⅠ・Ⅱ,地震と災害,理科教材開発指導,理科教材開発演習,環境科学演習,環境科学実験,野外調査法,環境科学特別演習Ⅰ・Ⅱ,卒業研究
<大学院>
表層地質環境特論

主な論文・著書等 <著書>
植木岳雪・原 英俊・尾崎正紀(2013)八王子地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅),産業技術総合研究所地質調査総合センター,1葉及び137p.
植木岳雪・酒井 彰(2007)青梅地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅),189ページおよび1葉.
● 原 英俊・植木岳雪・辻野泰之.(2014)北川地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅),産業技術総合研究所地質調査総合センター,1葉及び72p.
植木岳雪・鈴木毅彦(2014)第2章 八王子の地史・気候と植生 3.丘陵の地形と地質,新八王子市史 自然編.八王子市,東京,39-51.
竹村貴人・植木岳雪・遠藤邦彦 2014. 3.6 東京都の地盤.新・関東の地盤,地盤工学会関東支部,東京,116-129.
<学術論文>
植木岳雪 印刷中.危機管理と第四紀学の視点を取り入れた防災教育 :2014年と2015年に行った一般市民向けの講演の実践事例.第四紀研究.
Takeyuki UEKI, Masami IZUHO, Ian BUVIT, Gunchinsuren BYAMBAA and Tsogtbaatar BATMUNKH 2016.Radiocarbon ages of the Holocene terrace of the Chikoi River, border of northe Mongolia and Siberian Russia.Geographical reports of Tokyo Metropolitan University,51,29-32
植木岳雪 2016.大学生が授業外イベントに参加しない理由:石琴(サヌカイト)のコンサートの事例.千葉科学大学紀要,9,217-222.
植木岳雪 2016.大学生に対するストーンペインティングの授業実践報告.千葉科学大学紀要,9,207-216.
植木岳雪 2016.茨城県中部における大学3年生を対象とした野外実習の実践報告.千葉科学大学紀要,9,195-205

所属学会 日本地理学会,日本地質学会,日本第四紀学会,東京地学協会,日本地学教育学会,日本理科教育学会,日本科学教育学会

資格 中学校,高等学校教諭専修免許(理科)
中学校,高等学校教諭一種免許(社会,数学)
博物館学芸員資格,測量士補

その他 外部資金取得状況:2013年以来3件 2016-2018年 文部科学省科学研究費基盤研究C「ボーリングコアを用いた理科地学領域の授業改善:野外自然体験学習の代替として」
社会貢献:日本第四紀学会幹事など, 地域貢献:銚子ジオパーク教育普及委員会委員など
出張講義テーマ:地域の地形・地質の成り立ち,地震と地盤による災害,理科に関する実験・野外観察
環境危機管理学科ホームページ https://sites.google.com/site/envcrisiscis/
環境危機管理学科教員ブログ http://env-crisis-cis.blogspot.jp/

このページの先頭へ