看護学部の取り組み

千葉科学大学大学院
看護学研究科(修士課程)開設

平成30年度に【千葉科学大学大学院 看護学研究科(修士課程)】を開設します。
看護学分野の高度な専門性を追及し、実践現場で指導的役割が担える人材、看護学の教育研究者、小児看護学分野の高度実践看護師(CNS)、それぞれの分野で活躍できる人材を育てます。働きながら学べる環境も整えています。看護のキャリアアップを支援します。詳細は本学ホームページをどうぞご確認下さい。

看護実践連携研究会

地域の看護実践や看護教育の質の向上を目標に活動している研究会です。
現場の看護職の皆様と看護学部の教員とで共同研究を行ない、研究結果の発表会も開催します。
発表会は学生も参加しています。

看護の日イベント

毎年5月の休日に地域住民を対象に「看護の日」を実施しています。血圧や血管年齢、肺年齢、骨年齢の測定等を学生が行っています。地域に貢献するとともに、学生が地域の健康課題を考える好機になっています。

まちの保健室

町中の大学の出先事務所で、「まちの保健室」を開設。
1回目はアロマ・ハンドマッサージ。
学生の技術と熱い思いが市民や観光客の心と身体を癒しました。

養護実践講座

 養護教諭課程では、養護教諭の理解を深め、主体性や発言力を養うことを目的に、現職養護教諭と研修会を行っています。1年は養護教諭のイメージ、2年は保健だより、3年は実習校紹介、4年は保健指導案を作成します。

手話サークル

紹介文「人を助けたい」という思いを、将来の看護師、薬剤師、救急救命士、教員等として実現させるために手話を楽しく学んでいます。講師は、銚子市聴覚障害者協会のろう者と手話通訳者です。成果は大学祭で発表しました!

学生災害看護
支援チームサークル

危機管理意識を高く持ち活動できるよう2016年度に発足。活動はBLS(一次救命処置)演習、千葉県東部メディカルラリーボランティア、オープンキャンパスのBLSや災害看護ブースのサポート等です。希望者に米国でのBLSインストラクター資格取得や、マラソン大会の救護所ボランティアなど計画中です。

スキンケア研究会

銚子市内の病院・施設・在宅ケアに携わる看護・介護職と学生愛好会が、継続的に皮膚・排泄ケア領域のスキルアップを図りながら、顔の見えるつながりを構築するネットワークです。

研修会を通して現場の課題解決を目指します。