パイロット

前ページへ戻る

高度な危機管理能力が安全な運航につながる

飛行機運航には、 常に正しい判断が求められます。間違えれば、多くの人の命を落としてしまうことにもなりかねません。操縦技量のみならず、さまざまな状況変化を把握し、対応することが重要です。小さな雲があったらどっちによけるのか揺れるのなら高度を上げるのか、下げるのか万が一、エンジンが壊れたらどこに行くのかパイロットにこそ、高度な危機管理能力が必須です。

パイロット
になるには
航空会社のパイロットになるための方法はいくつかありますが、パイロット養成課程や航空学科などのある大学に進学するのはその一つです。訓練を積み、「事業用操縦士」「計器飛行証明」といった国家資格を取得して、航空会社の有資格者採用に応募します。
千葉科学大学で目指すなら

危機管理学部 航空技術危機管理学科 パイロットコース

安全な街づくりを担う警察官や防犯のプロを目指すために、人々が安心して暮らせる社会の実現に必要な科学的な知識と技能、公務員として必要なリスク危機管理の知識を修得します。

学科を知ろう!

COMING SOON!

コースを知ろう!

COMING SOON!

在校生の話を聞いてみよう!

スタディサプリ進路で在校生の話を聞く

世界の空を飛ぶパイロットを目指し、
訓練と健康維持に勤しんでいます

安部 剛史 さん

危機管理学部 航空技術危機管理学科
パイロットコース 1年
福岡県 リンデンホールスクール中高学部卒

卒業生の活躍を見てみよう!

スタディサプリ進路で先輩の活躍を見る

パイロット

稲村 周太郎 さん

危機管理学部 航空技術危機管理学科 パイロットコース
2019年卒

  • この学科の情報をもっと詳しく
  • 就職キャリアサポートについてもっと詳しく
Top
LINE 最新情報をお届け!