エンジニア

前ページへ戻る

航空から一般企業まで、技術で社会を支える

航空機に携わることで安全な飛行機運航を支えるエンジニア。航空機の本体、内装部品、電気、電子装備などの開発、設計、製造に関わったり、航空機の整備や点検を行います。機械工学、電気工学、情報工学、航空工学など、幅広い領域の知識と技術が求められ、宇宙開発、産業ロボット、自動車、家電など、他分野の企業での活躍も可能です。

エンジニア
になるには
航空機の整備をする人には、航空整備士国家資格の取得が義務づけられています。受験するには、卒業後、航空会社や整備会社に就職して経験を積み、取得を目指します。また、他分野の企業に就職し、大学で学んだことを活かして経験を積むことも考えられます。
千葉科学大学で目指すなら

危機管理学部 航空技術危機管理学科 航空工学コース

航空機に関わる数学、物理、化学などの知識を習得するとともに、自分で模型飛行機を設計し飛すことで、実践的な流体力学を学びます。また、エアラインで使われているBoeing767のTurbo Fan Engine(JT9D)を分解し組み立てる実習も行われます。広くメカニカルエンジニアとして活躍するための基礎を身につけることができます。

学科を知ろう!

COMING SOON!

コースを知ろう!

COMING SOON!

在校生の話を聞いてみよう!

スタディサプリ進路で在校生の話を聞く

整備士として働く女性の姿に
憧れてこの道に。
航空機関係の職業につきたい

北村 まりの さん

危機管理学部 航空技術危機管理学科
航空工学コース 4年生
北海道 釧路江南高等学校卒

卒業生の活躍を見てみよう!

スタディサプリ進路で先輩の活躍を見る

エンジニア
 
 
  • この学科の情報をもっと詳しく
  • 就職キャリアサポートについてもっと詳しく
Top
LINE 最新情報をお届け!