教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 植田 成
植田

植田 成 (うえだ しげる)  / Shigeru Ueda

環境にやさしい生体触媒である酵素を用いた臨床検査試薬の開発に従事しています。企業研究者として、新規な手法を用いた高感度試薬などいくつかつかの製品化実績があります。新たな環境下、これらの経験を活かしていきたいと考えています。

所属 危機管理学部 保健医療学科 准教授
学位 農学博士  ( 京都府立大学 2004年 3月 )
専門分野 臨床検査学
学歴・職歴 1981年3月 京都大学農学部 食品工学科 卒業
1981年4月 東洋醸造株式会社
1992年1月 旭化成工業株式会社(合併)
1995年4月-1996年5月 シュツットガルト大学生物工学研究室
2012年4月-2017年3月 九州大学臨床検査医学講座 非常勤講師
主な担当科目【学部】 医学概論、生化学分析検査学I・II、生化学分析検査学実習I・II  
主な論文・著書 <学術論文>
S. Ueda, T.Hirata and S. Sakasegawa. Hypoxanthine-guanine phosphoribosyltransferase is activated via positive cooperativity between guanine and IMP. FEBS Lett. 596, 1072-1080, 2022
S. Ueda and S. Sakasegawa. A novel assay for serum creatinine using a creatine kinase cycling reaction. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 85,1063-1068, 2021
S. Ueda and S. Sakasegawa. Pyruvate kinase from Geobacillus stearothermophilus displays an unusual preference for Mn2+ in a cycling reaction. Anal. Biochem. 570, 27-31,2019
S. Ueda, S. Sakasegawa and H. Atomi. Development of an enzymatic cycling method using pyruvate kinase for assaying pyruvate or phosphoenolpyruvate. Current Biotechnology, 7, 125-131, 2018
S. Ueda and S. Sakasegawa. Development of an enzymatic cycling method by a purine nucleoside phosphorylase for assaying inorganic phosphate. Analytical Methods., 44,6235-6239.2017
S. Ueda, M Oda, S Imamura and M Ohnishi. Transient-phase kinetic on the cofactor binding to 3alpha-hydroxysteroid dehydrogenase from Pseudomonas sp. B-0831 using fluorescence stopped-flow procedure. Eur. J. Biochem. 271, 1774-1780, 2004
S. Ueda and S. Sakasegawa. Enzymatic cycling method using creatine kinase to measure creatine by real-time detection. Anal. Biochem.,506, 8-12. 2016
S. Ueda, M Oda, S Imamura and M Ohnishi. Kinetic study of the enzymatic cycling reaction conducted with 3alpha-hydroxysteroid dehydrogenase in the presence of excessive thio-NAD+ and NADH. Anal. Biochem,332, 84-89, 2004
<出願特許>
出願番号:2021-175831(2021年10月27日).発明者:植田成、酒瀬川信一、平田竜也. 発明の名称:ピロリン酸又はホスホリボシルピロリン酸の測定方法、これらを測定するための測定用組成物及び試薬キット並びにこれらの増幅方法. 出願人:旭化成ファーマ株式会社、学校法人加計学園
所属学会 日本臨床化学会(理事、酵素・試薬専門委員会副委員長)、日本臨床検査自動化学会、日本生物試料分析化学会、IFCC Working group for pancreatic enzymes member、日本臨床検査標準協議会(JCCLS)認証評価委員会委員長、ISO/TC334国内審議委員会委員
page top