千葉科学大学 受験生向け情報サイト

キャンパスライフ

千葉科学大学は、本部キャンパスとマリーナキャンパスで構成される、広大なシーサイドキャンパスです。
ここでは、各学部棟など充実の施設が完備されている、シーサイドキャンパスをご案内します。

マップ

1薬学部棟

薬学部棟

2危機管理学部棟

危機管理学部棟

3看護学部棟

4階建て・延べ面積6500m2。災害に備え、避難場所ともなる4階の研修室、1階中央部分が後方への避難通路となっています。

看護学部棟

4講義・実験棟

研究室・実験室をはじめとして、薬学部(6年制)の共用試験(CBT)用のPCルームや、動物研究施設などが設置されています。

5図書館

約10万冊規模。市民の方への貸し出しも可能です。

6薬草園

数多くの薬用植物、有用植物を栽培できるよう整備されています。

薬草園

7格納庫

セスナ機とヘリコプターを1台ずつ、ボーイング767の実物エンジンを収容して、主に整備の実習を行います。

8厚生棟

学生食堂(約300席)・コンビニエンスストアなどがあります。一般の方もご利用が可能です。

9体育館

バスケットコート、トレーニングルーム、格技場などがあります。

10喫茶棟

一般の方もご利用が可能です。(約100席)

11防災シミュレーションセンター

刻々と変化する災害の進行・被害の拡大をシミュレーションし、対策にあたる現場での緊急対応の模擬体験ができる施設。

12本部キャンパス⇔マリーナキャンパスのシャトルバス

歩くと10分くらいかかるキャンパス間、「アシスくん」のシャトルバスを運行しています。

本部キャンパス⇔マリーナキャンパスのシャトルバス


千葉科学大学スマートフォンサイトはこちら