補助金公募情報

助成名 【セコム財団】 学術集会および科学技術振興事業助成
公募主体 (公財)セコム科学技術振興財団
対象分野・事業  安全・安心に関する科学技術の振興を目的とする学会・シンポジウム・研究会などの学術集会や、将来研究者や技術者を目指す若者・子供たちの啓発・育成を目的とする集会の開催費用を支援します。また、集会のみならず、研究者の活動(成果発表のための海外渡航など)を支援する事業や、若者・子供たちの啓発・育成を支援する事業などへの助成も行います。
助成金額 1件あたり最大100万円
提出方法 紙媒体
応募締切
(学内は2週間前)
8月7日(金)(必着)
助成名 (公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団 第32回(2020年度)研究助成
公募主体 (公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団
対象分野・事業 バイオサイエンスの基礎分野において、独創的且つ先駆的研究をめざす国内の若手研究者 (1)M分野 「メディカルサイエンス分野」 (2)B分野 「バイオテクノロジー分野」 以上合計23件程度 (3)E分野 「環境バイオ分野」 4件程度
助成金額 M分野B分野:1件当たり200万円  E分野:1件当たり100万円
提出方法 研究者登録の上、研究者専用ページから申請
応募締切
(学内は2週間前)
2020年7月1日(水)-2020年9月30日(水)
助成名 住友生命 第 14 回 未来を強くする子育てプロジェクト
公募主体 住友生命保険相互会社
対象分野・事業 女性研究者への支援:現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とする。
助成金額 助成金として 1 年間に 100 万円(上限)を 2 年間まで支給
提出方法 紙媒体
応募締切
(学内は2週間前)
2020 年 7 月 13 日(月)~2020 年 9 月 4 日(金)必着
助成名 食創会 第25回安藤百福賞
公募主体 公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団
対象分野・事業 日清食品の創業者安藤百福が設立した公益財団法人が食文化の向上と青少年の健全育成のための活動を行っており、新しい食品の開発に貢献する独創的な基礎研究、食品開発、およびベンチャーを対象とした表彰事業を主宰
助成金額 大賞(副賞1000万円)、優秀賞(副賞200万円)、発明発見奨励賞(副賞100万円)
提出方法
応募締切
(学内は2週間前)
9/30(水)
助成名 公益財団法人中島記念国際交流財団 日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金募集
公募主体 公益財団法人中島記念国際交流財団
対象分野・事業 情報科学・生命科学
助成金額 1件500万円以内
提出方法 紙媒体
応募締切
(学内は2週間前)
令和2 年 8月 3日(月) ~ 8月 21日(金)締切日の17時まで
助成名 一般社団法人カーボンリサイクルファンド 研究助成ファンドによる2020年度研究助成活動に係る募集
公募主体 一般社団法人カーボンリサイクルファンド
対象分野・事業 社会的課題を解決するため、CO2(あるいは炭素原子)を資源として利用する カーボンリサイクル及び関連技術、並びにカーボンリサイクルを実現するため の社会科学分野に関する研究
助成金額 一件上限1,000万
提出方法 E-mail及び印刷物の両方
応募締切
(学内は2週間前)
2020年5月15日(金)~6月12日17時(金)
助成名 EAファーマ株式会社 アカデミア公募 創薬研究パートナー募集
公募主体 EAファーマ株式会社
対象分野・事業 1. 創薬候補および創薬標的候補プロジェクト 2. 疾患基礎技術プロジェクト
助成金額
提出方法 電子媒体
応募締切
(学内は2週間前)
2020年5月7日(木)~2020年7月31日(金)
助成名 公益財団法人 JFE21 世紀財団 2020 年度 技術研究助成 募集
公募主体 公益財団法人 JFE21 世紀財団
対象分野・事業 鉄鋼技術研究、地球環境・地球温暖化防止技術研究
助成金額 200 万円/件
提出方法 電子媒体
応募締切
(学内は2週間前)
6 月 19 日(金)
助成名 公益財団法人 鉄鋼環境基金 第41回(2020年度) 環境助成研究の募集について
公募主体 公益財団法人 鉄鋼環境基金
対象分野・事業 一般研究助成、若手研究助成とも、鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題に関する研究を助成対象
助成金額 一般研究助成:1件当たり 1,500 千円/年以下・若手研究助成:1件当たり 1,000 千円/年以下
提出方法 電子媒体
応募締切
(学内は2週間前)
5月31日 必着
助成名 公益財団法人セコム科学技術振興財団 一般研究助成募集
公募主体 公益財団法人 セコム科学技術振興財団
対象分野・事業 国民の健康で安全な生活の確保、災害防止等国民生活に密着した研究について助成。これらの研究のうち社会的要請があり研究成果が実用化に結びつく可能性が高い、あるいは、研究成果が今後の科学技術の発展に寄与する、長期かつ大型の研究・開発等(社会科学の研究を含む)を公募。
助成金額 1件あたり準備研究期間は500万円以内、本格研究期間は年間1,500万円以内で総額5,000万円以内
提出方法 準備研究助成申請書(書式A)に記入の上、当財団まで送付
応募締切
(学内は2週間前)
令和2年3月24日(火)~令和2年4月14日(火)(必着、締切厳守)

一般・教育機関の方へメニュー

全般
教職員募集
一般の方へ
市民公開講座情報
危機管理学セミナー情報
教育機関の方へ
大学見学
企業の方へ
教員の研究内容紹介