ボランティア活動推進

人を助けたい、という人の大学のボランティア活動

平成24年4月に千葉科学大学「ボランティアセンター」が設置され、その設置理念を“ボランティアを通して、社会に望まれる人材の育成(「人を助けたい」という人)”と定めました。①労わりの精神、②主体的に考えを自発的に行動する力、③コミュニケーション能力や協調性、④広い視野・考え方・価値観の体得、を社会に貢献しながら学ぶ体制を確立するため、学外連携ボランティア推進室が平成26年に設置されました。学生に対してボランティア情報が正しく告知され、適切なボランティア活動が実施されることを目的にボランティア団体などに登録をしてもらい、推進室を通じて学生団体や一般学生へもボランティアや地域貢献に関する情報を流し参加を促す仕組みが整いました。主なボランティア団体は、学生消防隊、警察支援サークル・スターラビッツ、学校教育支援学生サークル・リトルスクール、環境ボランティアサークル、ローターアクト、学生ボランティアセンターです。

学生がボランティア活動に参加するまで

学生がボランティア活動に参加するまで

ボランティア活動の主な実施

ボランティア活動の具体的な事例としては、地域スポーツ大会の観客整理、地域貢献活動としての祭りやイベントの警備参加、地域警察と協力して振り込め詐欺・違法薬物等防止の啓発活動、地域安全パトロール、地域町内会での非難計画策定支援とイメージトレーニング、災害・復旧活動へのボランティア派遣、地域学校での防災教育の学習支援、消防団での団員募集の支援、エコキャップの学内回収、バリアフリーチェック隊への参加、学童保育(放課後児童クラブ)での学習支援、通学合宿(小学生)支援、青年会議所主催の元気な子育て支援、小中学校での郷土教育の学習支援、ゴミ拾い活動、地域の花壇作りなどがあります。

  • 熊本地震災害ボランティア

  • 常総市災害ボランティア

  • エンデューロ大会(救護)

ボランティア活動に参加しよう!(学生の皆さんへ)

本学で紹介するボランティア活動を行うためには、登録、情報の確認、申込という手順で進めます。また、活動に際して必ず保険に加入してもらいます。保険には募集団体で用意するものと、活動者で加入するもの(社会福祉協議会「ボランティア活動保険」)があります。活動者(学生)での加入には本学が手続き及び費用の援助を行っています。詳細については学外連携ボランティア推進室(以降、推進室)まで。

1ボランティア登録を行う

ボランティア活動を行う学生は卒業までに1度、ボランティア登録を行ってもらいます。「ボランティア登録用紙(様式(PDF:60KB))」に必要事項を記入し、推進室に提出して下さい。

※入学時に登録を行った学生は、再度登録を行う必要はありません。
※「ボランティア登録用紙」は推進室にも用意してあります。

2希望のボランティア活動を探す

ボランティア募集情報はマリーナキャンパス講義棟の掲示板本部キャンパス管理教養棟の掲示板に掲示されています。また、ポータルサイトの「お知らせ」からも提供されます。活動してみたいボランティアが見つかったら、推進室で詳細な情報を確認してください。

3参加したいボランティア活動を申込む

活動を希望するボランティアに対して、「ボランティア活動届(様式(PDF:56KB))」に必要事項を記入し、推進室に提出して下さい。

※「ボランティア活動届」は推進室にも用意してあります。

次のいずれかに該当する学生のボランティア活動は禁止とします
  • ボランティア活動によって、学業がおろそかになっていると判断される者
  • 活動時間が週28時間を越える者
  • 活動後1週間以内に試験が控えている者
    (参考:学期末試験期間【前期】7月下旬~8月上旬 【後期】1月下旬)
4ボランティア活動の終了を報告する

活動が終了したら、1週間以内に「ボランティア活動報告書(様式(PDF:34KB))」を推進室に提出して下さい。

※ボランティア活動の証明になります。
※得られた情報は募集団体の評価や後輩へのアドバイスとして有用に活用させてもらいます。

学生ボランティアの募集(外部団体の皆様へ)

千葉科学大学では、ボランティア情報の学生への提供は学外連携ボランティア推進室(以降、推進室)が行っています。学生ボランティアを募集される団体は、次の手順で手続きをお願い致します。お手をわずらわせますが、学生が安全に活動できるよう、ご協力の程よろしくお願い致します。

1募集団体の登録

学生ボランティアを募集する団体は、まず、団体の登録を行って頂きます。下記のボランティア募集団体登録要件を確認して頂いた後に、「ボランティア募集団体登録票(様式(PDF:54KB))」に必要事項を記入して推進室にご提出下さい。1度登録して頂いた団体は、以降のボランティア募集において登録を行う必要はありませんが、2年間募集のない団体は再度登録をお願い致します。

ボランティア募集団体登録要件
次のいずれかに該当する団体をボランティア募集団体として登録させて頂きます。
  • 法人格を有する団体
  • 代表者が明確であり、規約により組織・運営が行われ、活動実績のある団体(町内会等)

※上記の条件を満たしていても、教育上不適切と考えられる団体は登録をお断りする場合があります。
※個人での登録・ボランティア募集はお断りしております。お近くの社会福祉協議会にご相談下さい。

2ボランティア募集情報の受付
  1. 本学でお取り扱いできるボランティア活動の要件をご確認下さい。
  2. ボランティア募集団体の登録内容が変更されていないか確認させて頂きます。
  3. 募集する活動に対して、下記の事項を推進室にご連絡下さい。
     ・活動名      ・活動日時         ・活動内容    ・活動場所
     ・集合場所     ・待遇(食費、交通費等)  ・募集人数    ・事前説明の有無
     ・保険の種類    ・申し込み期限       ・担当者     ・担当者との連絡法

※確認事項が不明確な場合、お取り扱いできない場合があります。

3募集資料の提供

当該活動に対して、募集に関する資料(チラシやポスター等)がある場合は、推進室に郵送して下さい。学生への周知の際に活用させて頂きます。

ボランティア活動に対する意識調査報告

本学の学生に対して、ボランティア活動への参加意思、および希望する活動の種類を調査しました(調査日:2014年9月、学生数:1715名、回収率21%)。ボランティアを募集する際の資料として活用して頂けると幸いです。

ボランティア活動への参加意思

ボランティア活動への参加意思

希望するボランティアの種類

  • 高齢者や障がい者を対象とした活動
  • 子育てする親や子供の支援活動
  • スポーツ関連活動(練習援助や審判等)
  • 芸術関連活動
  • 自然保護や環境保全活動
  • 国際交流活動(通訳や留学生支援等)
  • 災害時支援・防災活動
  • イベント補助(祭りやマラソン等)
  • 交通安全・防犯活動
  • 学習・教育支援活動
  • その他
希望するボランティアの種類

一般・教育機関の方へメニュー

全般
教職員募集
一般の方へ
市民公開講座情報
危機管理学セミナー情報
教育機関の方へ
大学見学
企業の方へ
教員の研究内容紹介