推進室からのお知らせ

3月1日に開催されるJAPAN CHALLENGER AWARD in銚子は金融機関や企業の前でプレゼンおよびマッチングを行うビジネスコンテストで、グランプリは審査員と参加する観覧者からの投票で決定します。受賞者には起業支援を行うなど、起業家や新規事業を検討中の企業に対するトータルサポートパッケージです。開催までの流れはこちらをご覧ください。
イオンモール銚子にて産学連携商品(さば料理専門店×千葉科学大学)販促イベントを行います。 本学の学生とサバ専門店SABARが開発し人気メニューとなった「ちょうしがよくなるサバつくね」を紹介します。 日時:令和2年1月11日(土)~1月13日(月・祝)10時から8時 場所:イオンモール銚子1階風の広場 さばイベントPOP
公益社団法人私立大学情報教育協会より、産学連携事業「大学教員の企業現場研修」の案内がありましたのでお知らせいたします。参加費は無料です。(情報交換会は別途会費あり)参加を希望される方はFAX/郵送/メールのいずれかにてお申込みください。詳細につきましては下記掲載ページにてご確認ください。
9月28日(土)CISフォーラムが開催されました。大学や地元企業が最新研究発表やシーズを紹介する場として2012年から開催しており、今年のテーマは「新時代を勝ち抜く農業と漁業」。過去最大の参加人数となりました。
9月12日(木)JA共済の地域貢献活動の一環として、イノシシの農作物被害対策を研究する動物危機管理学科の渋谷未央講師への研究資材贈呈式が行われ、屋外センサーカメラ11台やイノシシ忌避効果資材30リットルなどが寄贈されました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。今回は『ストレスと上手に付き合うために~ストレス測定の体験&考え方のクセを知る~』をテーマに大変多くの方にご参加頂きました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。『こどもと遊ぼう』をテーマに多くのご家族の方にご参加頂きました。
「防災士」養成講座(資格取得)が開講され、111名の方が受講され、110名合格しました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。今回は『心肺蘇生法 大切な人の「命」を守ろう』をテーマに多くの方にご参加頂きました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。今回は『日ごろの疲れ、癒しませんか~アロマハンドマッサージ~』をテーマに大変多くの方にご参加頂きました。
CIS(千葉科学大学)フォーラム2018を開催致しました。基調講演では国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所 代表 本保芳明 氏による「食と観光 ~ガストロノミー・ツーリズムのトレンド~」をテーマに、大変多くの方にご聴講頂きました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。今回は『認知症を学ぶ~病気と介護・制度~』をテーマに大変多くの方にご参加頂きました。
看護学部主催「まちの保健室」が本学エクステンションセンターにて開催されました。今回は『脳を活性化させていきいき生活』をテーマに大変多くの方にご参加頂きました。
銚子中心市街地活性化委員会と木村ゼミ生・青澄祭実行委員会・学生委員長との意見交換会が開催されました。
銚子中心市街地活性化研究会と「銚子地域振興に関する覚書」を締結しました。
千葉科学おうえん協議会平成30年度定時総会が開催され、学生消防隊・スターラビッツに支援金が贈呈されました。

一般・教育機関の方へメニュー

全般
教職員募集
一般の方へ
市民公開講座情報
危機管理学セミナー情報
教育機関の方へ
大学見学
企業の方へ
教員の研究内容紹介