ごあいさつ

理事長あいさつ

学校法人加計学園 理事長・総長 加計孝太郎の写真

新たなる飛躍を。

学校法人加計学園 理事長・総長
加計 孝太郎( かけ こうたろう )

本学は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロにより危機管理の重要性を痛感、“危機管理に対処できる人材を育成したい”という想いから2004年に開学しました。この間、本学で学んだ皆さんの先輩たちは、全国でその能力を開花させ活躍しています。また、東日本大震災発生時には、本学学生消防隊が隣の旭市へ救援活動に赴き、見事に本学設立の目的を達成してくれました。天災・人災がより大規模かつ複雑化していく中で、危機管理を必要とする分野がさらに拡大しつつあります。それに応えるべく、本学も新たに看護学部を設置し、医療現場における危機管理のスペシャリスト養成も手がけることとなりました。私たちとともに、新たなる飛躍を目指す皆さんのご入学を心からお待ちしています。一緒に頑張りましょう。

学長あいさつ

千葉科学大学 学長 木曽功の写真

未来の「健康と安全・安心」を担おう。

千葉科学大学 学長
木曽 功(きそ いさお)

本学は「健康で安全・安心な社会の構築」に寄与できる人材の育成を教育目標に掲げて2004年4月に開学した大学です。薬学部と危機管理学部の2つの学部でスタートしましたが、開学11年目の2014年に3番目の学部として看護学部を開設しました。3つの学部のいずれにおいても危機管理の基礎を身につけることができます。薬剤師、看護師、保健師、臨床検査技師、臨床工学技士、救急救命士などの国家資格を取って「人を助ける仕事」をしてみませんか。あるいは消防官、警察官や役所・企業で危機管理に関する仕事をすることで「安全安心の確保」に役立ってみませんか。2010年度には大学院に博士課程ができ、2013年3月には最初の千葉科学大学博士が誕生しました。皆さんもチャレンジしてみませんか。千葉科学大学は掲げた教育目標に賛同する若者を歓迎します。

このページの先頭へ