1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 看護学部
「健康で安全・安心な生活の確保」を柱に

薬学部イメージ看護学は、対象の「健康」と「生活上に関わるケアニーズ」に確実に応えるため、常に対象者の立場を重視し、人権の尊重、安全の保障、危機予防を重視した学問です。本学看護学部では、「危機管理」と密なる関連性を持った看護学である、災害看護学、国際看護学、リスクマネジメント論、感染看護学のうち3科目を必修科目とし、看護の立場から安全・安心な健康生活を追究する危機管理の素養を培うことを目指します。また、少子高齢化社会の到来、疾患構造の変化、医療技術の進歩により、保健医療福祉に対する国民のニーズは多様化し、現在の医療現場では、チーム医療を担う人材の質の高さが求められています。チーム医療の一員として、地域医療の発展に寄与するため、本学部では、既存の2学部と連携した教育を実施し、他職種とのチームアプローチを重視しながら、地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を養成します。

「次世代を担う看護職になりたい」
あなたの「志」を支援するexcitingなプログラムと手厚い支援

学部長 池邉 敏子 教授
学部長
池邉 敏子 教授
今後、我が国の保健医療福祉が抱える諸課題・問題の解決には、過去のデータ・経験則に依拠するだけでなく、「予測不可能」なことにも立ち向かえる強い「志」が必要です。本学部では、まず「看護職になりたい」という強い「志」を持った方の入学を望みます。その「志」の具現化に向けて、私たちはexcitingなプログラムを準備しています。例えば、入学初期からあなたの「志」達成のプログラムが始まります。高校生からの専門職になるための意識のchangeです。加えて、次世代を担うあなたが、卒後引き受ける看護実践現場の課題を、現場の看護職の研究を通して入学初期から触れることもできます。さらに、いくつかご紹介しましょう。本学カリキュラムの特徴には、「危機管理」があります。看護学部においては、看護における危機管理意識の高い看護職の具体的スキルとしてAHA(American Heart Association)のBLS(Basic Life Support)プロバイダーコースが受講できます。合格者はAHAの国際ライセンスが修得できます。是非、チャレンジしてみてください。また、これからの保健医療福祉は、チームによって行われます。チームを構成する多職種理解・連携を学生のうちから経験できるプログラムも用意されています。すべてをご紹介できないことは残念ですが、最後に、教育施設の充実は言うまでもなく、教員の手厚い支援を含めた教育環境に恵まれた中で、有意義な4年間を過ごしてみませんか。

看護学部の教育4つのポイント

ヒューマンケアの理念に基づいた看護専門職を育成
「人を助けたい」という信念は、救命のみならず、ケアする、看取るというケアリングの根本理念とも連動していることから、ヒューマンケアの理念に基づいた看護実践者を養成します
薬学部、危機管理学部と連携した講義を実施し、他職種とのチームアプローチを重視し看護を提供できる人材を育成
「いのちと生活Ⅲ(生活と危機管理)」「いのちと生活Ⅳ(薬と危機管理)」「医療専門職連携導入」「医療専門職連携発展」などの既存2学部と連携する科目を開設し、他職種と協働できる幅広い見識を持った看護専門職を養成します。
危機管理意識の高い人材を育成
国内初の危機管理学部のある大学ならではの災害看護学・リスクマネジメント論・感染看護学・国際看護学を開講し、危機管理意識の高い人材を養成します。
地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を育成。
疾病構造の変化、ならびに医療の高度化・地域化は、チームでの保健医療福祉サービスが求められることから、地域住民のニーズに即したサービスについて理解するため、地元の保健医療機関を中心に実習を行います。
学科 定員
看護学科 80名

教育研究上の目標・目的・教育方針

安全・安心な健康生活の確保に向けて、豊かな人間性と高い倫理観、高い専門性と自律性を有し、看護の立場から見た危機管理の素養を身に付け、看護を創造し、看護実践の改革に寄与していける基礎的能力を持った人材の育成を目的とする。

page top