教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 坂 芳樹
坂

坂 芳樹 (ばん よしき)  / Yoshiki Ban

長年、製薬会社で医薬品の非臨床安全性評価を実験動物を用いて行ってきました。我々の身近にある医薬品などの化学物質には女性が妊娠しているときに服用ことで胎児に影響を及ぼす化合物がありますが、その作用機序は明確になっていません。本研究室では様々な化学物質の胎児に対する影響について、胎児培養技術を用いて機序を解明することを目指します。

所属 危機管理学部 動物危機管理学科 准教授
学位 獣医学博士  ( 山口大学 1999年 3月 )
専門分野 実験動物学 、毒性学 、発生学 、眼科学
学歴・職歴 1983年3月 日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 畜産学科 卒業
1999年3月 山口大学連合大学院 獣医学研究科 後期博士課程 修了
2002年4月 万有製薬㈱ 安全性研究所 グループマネージャー
2009年7月 大正製薬㈱ 安全性動態研究所 グループマネージャー
主な担当科目【学部】 実験動物学I、実験動物学II、動物関連法規、情報リテラシー、動物危機管理入門、実験動物学実習、発生工学実習
主な論文・著書 <学術論文>
Repairability of skeletal alterations induced by sodium valproate in rats (共著、Congenital Anomalies, in press)
Effects of reduced food intake for 4 weeks on physical parameters in toxicity studies in dogs (共著、The Journal of Toxicological Science, 2017)
Spontaneous ocular abnormalities in Crl:CD(SD) rats (Eye Research, 2008)
Impairment of male fertility induced by muscarinicreceptor antagonists in rats (Reproductive Toxicology, 2002)
Collaborative study on rat sperm motion analysis using CellSoft 4000 semen analyzer (The Journal of Toxicological Science, 2001)
<発表>
Evaluation of streptozotocin-induced lens opacities by using retro-illumination camera in rats (共著、57th Annual Meeting of Society of Toxicology, 2018)
Corneal lesions in rats induced by intraperitoneal injection of the anesthetic mixture of 3 drugs (共著、36th Annual Meeting of Society of Toxicological Pathology, 2017)
アルビノラットにおける汎用赤外線カメラを用いた瞳孔径の定量解析(共著、第34回比較眼科学会、2014)
ラットにおける臨界期バルプロ酸ナトリウム投与による骨格異常の生後修復性及び出生児の機能への影響(共著、第53回日本先天異常学会学術集会、2013)
ラットのN-Methyl-D-Aspartate誘発網膜神経毒性におけるβ-エストラジオールの機能及び形態に対する作用(共著、第31回比較眼科学会、2011)
所属学会 日本先天異常学会(評議員)、比較眼科学会(評議員)
資格 日本先天異常学会認定 生殖発生毒性専門家
比較眼科学会認定 基礎眼科学専門家
その他 受賞:日本毒性学会 田邊賞 (2002年)
page top