教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 福永 優子
福永

福永 優子 (ふくなが ゆうこ)  / Yuko Fukunaga

伴侶動物の高齢化に伴う行動異常や運動機能の低下は、人と動物が共生していく上で問題となる場合が少なくありません。中枢神経や運動神経における神経シナプスの加齢による機能的変化および形態学的変化を解析することで、加齢に伴う認知障害や運動機能の低下について、その機序の解明と予防の提案を目指します。加えて老化研究に応用可能な運動神経と筋細胞との共培養システムの確立にも取り組んでいます。

所属 危機管理学部 動物危機管理学科 教授
学位 博士(医学)  ( 和歌山県立医科大学 1999年 1月 )
専門分野 神経生物学 、機能形態学
学歴・職歴 1992年3月 大阪府立大学農学部獣医学科 卒業
1992年4月 参天製薬株式会社中央研究所
1993年5月 和歌山県立医科大学 助手
2001年1月 理化学研究所 播磨研究所 連携研究員
2009年7月 兵庫県立大学 生命理学研究科 助教
主な担当科目【学部】 動物機能形態学、動物生理学、動物のくすり、動物機能形態学実習、発生工学実習、動物危機管理演習、卒業研究
主な論文・著書 <学術論文>
Activation of NMDA receptors thickens the postsynaptic density via proteolysis. (Neurosci Res, 2015, 101:6-14)
Structural analysis of the PSD-95 cluster by electron tomography and CEMOVIS: a proposal for the application of the genetically encoded metallothionein tag. (Microscopy, 2014, 63(3), 227-234)
Enhanced detection efficiency of genetically encoded tag allows the visualization of monomeric proteins by electron microscopy. (J Electron Microsc, 2012, 61(4), 229-236)
シナプスの形態 (Clinical Neuroscience, 2010, 28(8) 852-85)
Electron microscopic analysis of a fusion protein of postsynaptic density-95 and metallothionein in cultured hippocampal neurons. (J Electron Microsc, 2007, 56(4), 119-129)
The interaction between PSD-95 and Ca2+/calmodulin is enhanced by PDZ-binding proteins. (J Biochem, 2005, 138, 177?182)
Extrasynaptic NMDARs oppose synaptic NMDARs by triggering CREB shut-off and cell death pathways. (Nat Neurosci, 2002, 5(5), 405-14)
Enkephalinergic neurons in the periaqueductal gray and morphine withdrawal. (Jpn J Pharmacol, 2000, 82 (3), 175-180)
Effects of peptidase inhibitors, [D-Ala2, Met5]-enkephalinamide and antiserum to methionine-enkephalin microinjected into the caudal periaqueductal gray on morphine withdrawal in rats. (Jpn J Pharmacol, 1998, 78, 455-461)
Time course of morphine withdrawal and preproenkephalin gene expression in the periaqueductal gray of rats. (Mol Brain Res, 1998, 55, 221-231)

所属学会 日本神経科学学会、日本細胞生物学会、日本生化学会、日本薬理学会
資格 獣医師
page top