教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 澁川 明正
澁川

澁川 明正 (しぶかわ あきまさ)  / Shibukawa Akimasa

分離分析や熱分析、質量分析などの技術を用いて、薬と生体高分子との結合を解析する新しい分析システムの開発とその応用研究に興味があります。カラムスイッチング技術と質量分析計をカップリングした新規HPLCシステムを用いる遊離型薬物の高感度分析や、等温滴定型熱量計による簡便な結合分析などに関する研究を行っています。

所属 薬学部 薬学科 教授
薬学研究科 薬科学専攻 教授
学位 薬学博士  ( 京都大学 1987年 7月 )
専門分野 薬品分析化学
学歴・職歴 1981年3月 京都大学薬学部卒業
1983年7月 京都大学薬学部助手に就任
1997年7月 京都大学大学院薬学研究科助教授に就任
2004年4月 千葉科学大学薬学部教授に就任
主な担当科目【学部】 薬品分析学Ⅰ、薬品分析学Ⅱ、機器分析学、日本薬局方、医薬品開発、生命薬科学ゼミナール、薬品分析物理学実習、卒業研究
主な担当科目【大学院】 薬品物理学・分析化学特論、薬品物理学・分析化学演習B、薬学特論、特別研究
主な論文・著書 <著書>
新しい機能形態学ーヒトの成り立ちとその働き 第3版 (共著、2015)
オーラルヘルスケア機能性食品の開発と応用ーアンチエイジングを目指した口腔ケアを中心にー (共著、2013)
<学術論文>
Decrease in pyridoxal-5'-phosphate concentration and increase in pyridoxal concentration in rat plasma by 4'-O-methylpyridoxine administration (共著、Nutrition Res、2015)
イチョウ葉エキスの薬理活性 (共著、 千葉科学大学紀要、2012)
Toxicity of 4'-O-methylpyridoxine-5'-glucoside in Ginkgo biloba seeds (共著、Food Chemistry、2011)
High-Performance Liquid Chromatographic Determination of Ginkgotoxin and Ginkgotoxin-5' Glucoside in Ginkgo Biloba Seeds  (共著、Journal of Liquid Chromatography & Related Technologies. 2006)
Mixed antagonistic effects of bilobalide at ρ1 GABAC receptor  (共著、Neuroscience. 2006)
<著書>
乳香の生理活性 (共著、Aroma Research. 2006)
「薬学分析化学」 廣川書店(東京) 2015年1月(部分担当)
「薬学分析科学の最前線」 じほう(東京) 2010年3月 (部分担当)
「薬学分析化学の基礎と応用」 廣川書店(東京) 2007年10月(部分担当)
「HPLCにおける最適条件の設定とトラブル対策」 技術情報協会(東京) 2002年5月(部分担当)
<学術論文>
"Simultaneous determination of unbound thyroid hormones in human plasma using high performance frontal analysis with electrochemical detection", T.Kimura, K.Nakanishi, T.Nakagawa, A.Shibukawa K.Matsuzak, J.Pharm.Biomed.Anal., 38 204-209, 2005.
"High-performance frontal analysis of the binding of thyroxine enantiomers to human serum albumin" T.Kimura, K.Nakanishi, T.Nakagawa, A.Shibukawa, K.Matsuzak, i Pharm.Res., 22, 667-675, 2004.
"Role of phospholipids in drug - LDL bindings as studied by high performance frontal analysis / capillary electrophoresis" Y.Kuroda, Y.Watanabe, A.Shibukawa, T.Nakagawa J.Pharm.Biomed.Anal., 128, 1023-1027, 2003
"Capillary electrophoretic study on pH dependence of enantioselective disopyramide binding to genetic variants of human α1-acid glycoprotein" Y.Kuroda, S.Matsumoto,    A.Shibukawa, T.Nakagawa、 Analyst, 128, 1023-1027, 2003
高性能先端分析法(High-Performance Frontal Analysis)の簡便なExcelシミュレーション 杉本、稲垣、大高、澁川 千葉科学大学紀要(第9号、2016年)p75-83
ヒト血清アルブミンへの薬物結合に及ぼす測定条件の影響-高感度型等温滴定型熱量計VP-ITCを用いた検討 大高、塚本、内藤、杉本、澁川 千葉科学大学紀要(第10号、2017年)p69-75
Effect of thyme (Thymus vulgaris L.) leaves and its constituents on the activities of xenobiotic-metabolizing enzymes in the mouse liver. (共著、J. Med. Food、2005)
<発表>
Requirement for the functions of NF-Y transcription factor A, B and C subunits and p38 MAP kinase in neurite outgrowth in PC12 cells (共著、 Annual Meeting of American Society for Cell Biology、2015)

所属学会 日本薬学会、日本分析化学会
日本薬学会、日本分析化学会
日本薬学会、日本分析化学会
日本薬学会、日本分析化学会
資格 薬剤師
薬剤師
薬剤師
薬剤師
その他 出張講義テーマ
・「薬学部紹介」  ~ 「薬学部で学べるもの」「薬学部卒業後の進路」「薬学科と生命薬科学科の違い」などについて
・「体の中のみぎ・ひだり」  ~薬物のキラリティーについて
page top