教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 髙﨑 みどり
髙﨑

髙﨑 みどり (たかさき みどり)  / Midori Takasaki

現C11:C66代医療においても多くの天然資源資源由来の医薬品やそれらをリード化合物とした合成医薬品が利用されています。私達は、植物、生薬などから、がんや生活習慣病に対して予防・治療効果のある成分を探索し、新しい医薬品開発の糸口を得ることを目的として研究を進めています。また、漢方方剤は複数の生薬から構成されていますが、それらの相乗・相加などの併用効果についても科学的に検討し、生薬を組み合わせて用いる意義を明らかにしたいと考えています。

所属 薬学部 薬学科 教授
薬学研究科 薬科学専攻 教授
薬学研究科 薬学専攻 教授
千葉科学大学 薬学部 キャリアセンター参与 就職委員
学位 博士(薬学)  ( 京都薬科大学 1995年 3月 )
専門分野 生薬学 、天然物化学 、漢方医学
学歴・職歴 1984年3月 京都薬科大学 薬学部 薬学科 卒業
1999~2000年 オーストラリア国立大学博士留学
2004年3月まで 京都薬科大学 講師
主な担当科目【学部】 生薬学Ⅰ、生薬学Ⅱ、漢方医薬学総論、薬用資源学実習、特別実習
主な担当科目【大学院】 有機化学・薬用資源学特論、有機化学・薬用資源学演習C、特別講義Ⅲ、医療薬学ゼミナールⅢ
主な論文・著書 <著書>
新訂生薬学(改訂第8版)(木村孟淳、酒井英二、牧野利明 編集) 南江堂 2017年3月(分担:pp 70-106)  
Medicinal and Aromatic Plants - Industrial Profiles Vol.22. Eucalyptus The genus Eucalyptus (ed. by J. J. W. Coppen, Tayler & Francis : London, 2002年9月)(分担:pp 269-290)
Studies in Natural Products Chemistry Vol.24. Bioactive Natural Products (ed. by Atta-ur Rahman, Elsevier Science : Amsterdam, 2001年1月)(分担:pp 215-267)
<学術論文>
Chemoprevention of skin cancer: effect of Lawsonia inermisL. (Henna) leaf powder and its pigment artifact, lawsone in the Epstein-Barr virus early antigen activation assay and in two-stage mouse skin carcinogenesis models. GJ. Kapadia, GS. Rao, R. Sridhar, E. Ichiishi, M. Takasaki, N. Suzuki, T.Konoshima, A. Iida, H. Tokuda  Anticancer Agents Med. Chem. 2013, 13(No.10), 1500-1507
Oral chemoprevention of skin cancer in mice by benzophenone sunscreens dioxybenzone and octabenzone in drinking water. GS. Rao, H. Tokuda, E. Ichiishi, M. Takasaki, A. Iida, N. Suzuki, T. Konoshima, GJ. Kapadia Anticancer Res. 2013, 33(No.6), 2535-2540
Cancer chemopreventive activity of diversin from Ferula diversivittata in vitro and in vivo. M. Iranshahi, A. Sahebkar, ST. Hosseini, M. Takasaki, T.Konoshima, H. Tokuda Phytomedicine, 2010, 17(No.3), 269-273
Cancer preventive agents. Part 8: Chemopreventive effects of stevioside and related compounds. M.Takasaki, T.Konoshima, M.Kozuka, H.Tokuda, J. Takayasu, H. Nishino, M. Miyakoshi, K. Mizutani, KH. Lee Bioorg. Med. Chem., 2009, 17(No.2), 600-605
Correlation between oxidation potencials and inhibitory effects on Epstein-Barr virus activation of flavonoids. J.Koyama, I. Morita, N. Kobayashi, T.Konoshima, M. Takasaki, T. Osakai, H. Tokuda Cancer Letters, 2008, 263(No.1), 61-66
Arctigenin from Fructus Arctii is anovel suppressor of heat shock response in mammaloan cells. K. Ishihara, N. Yamagami, Y. Saoto, M. Takasaki, T. Konoshima, T. Hatayama Cell Stress & Chaperone, 2006, 11(No.2), 154-161
Which trees do wild common brushtail possum (Trichosurus vulpecula) prefer? Problems and solution in scaling laboratory findings to diet selections in the field. NJ. Scrivener, CN. Johnson, IR. Wallis, M. Takasaki, WJ. Foley, AK. Krockenberger Evolutionary Ecology Research, 2004, 6, 77-87

所属学会 日本薬学会、日本生薬学会、日本癌学会、日本がん予防学会、日本フードファクター学会
資格 薬剤師
その他 資金取得状況:
・科学研究費補助金 2008~2010年度 基盤研究C(研究代表者)「生薬・漢方方剤による発がん予防は可能か」
・科学研究費補助金 2003~2005年度 基盤研究C(研究分担者)「天然代替甘味物質の発がん予防作用に関する研究」

社会貢献:
・加計グループ大学間遠隔講義 「生薬学」担当(2008年度~2015年度)
・教員免許状更新講習講師 (2009年度~  )「薬と人間」
・茨城県生涯学習センター県民大学講師 (2011年7月)
・科学研究費委員会専門委員 (2012年12月~2014年11月)

出張講義テーマ:
・植物からの贈り物-人間の歴史とともに始まった薬の話
・ユーカリとコアラ(有袋類)の関係
・漢方薬とはどんなものでしょうか?
page top