教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 生城山 勝巳
生城山

生城山 勝巳 (ふきの かつみ)  / Katsumi Fukino

医薬品の効果や副作用は人によって現れ方が異なります。肝機能や腎機能はこの個人差の要因としてきわめて重要です。また、薬剤師が副作用を早期発見するためには、患者の臨床症状などの変化を的確に把握する技能を身に付ける必要があります。現在、医薬品の薬効・副作用発現の個人差と腎臓の関係、副作用早期発見を目的とした薬剤師のフィジカルアセスメント(身体評価)技能の教育法について研究しています。

所属 薬学部 薬学科 教授
学位 博士(薬学)  ( 千葉大学 2008年 3月 )
専門分野 フィジカルアセスメント 、臨床薬学
学歴・職歴 1988年3月 千葉大学 薬学部 総合薬品科学科 卒業
1990年3月 千葉大学大学院 薬学研究科 博士前期(修士)課程 修了
1990年4月 東京逓信病院 薬剤部
1999年7月 医療法人社団普照会 井上記念病院 薬剤部
主な担当科目【学部】 フィジカルアセスメント演習、臨床薬剤学Ⅰ(部分担当)、臨床薬剤学Ⅲ、医薬品情報・評価学(情報薬学)、救急・災害薬学
主な論文・著書 <著書>
緒方宏泰総監修,日本アプライドセラピューティクス学会編集,「月刊薬事2016年4月臨時増刊号(Vol.58 No.6) 病棟に行く前に知っておきたいCommon Disease」,じほう(東京),2016年4月(分担執筆).
日本アプライドセラピューティクス学会編集,「2ページで理解する標準薬物治療ファイル 改訂2版」,南山堂(東京),2015年12月(分担執筆).
<学術論文>
生城山勝巳,薬剤師に求められるフィジカルアセスメント ―その法的解釈と概要―,千葉科学大学紀要 10,143-151,2017.
生城山勝巳,トピックス/薬学教育モデル・コアカリキュラム平成25年度改訂版の概要,在宅薬学,2(1),31-36,2015.
"Effects of N-acetyltransferase 2 (NAT2), CYP2E1 and Glutathione-S-transferase (GST) genotypes on the serum concentrations of isoniazid and metabolites in tuberculosis patients", Katsumi Fukino, Yuka Sasaki, Shigekazu Hirai, Takayuki Nakamura, Masayo Hashimoto, Fumio Yamagishi and Koichi Ueno, The Journal of Toxicological Sciences, 33(2), 187~195 (2008).
"Methylenetetrahydrofolate reductase and reduced folate carrier-1 genotypes and the serum methotrexate concentrations in patients with rheumatoid arthritis", K.Fukino, T.Kawashima, M.Suzuki, K.Ueno, The Journal of Toxicological Sciences, 32(4), 449~452 (2007).
"Analysis between clinical Efficacy of Salazosulfapyridine and plasma concentrations of Sulfapyridine in patients with rheumatoid arthritis", K.Fukino, M.Hashimoto, K.Kato, E.Negishi, M.Suzuki, H.Moriya, K.Ueno, The Japanese Journal of Therapeutic Drug Monitoring, 24(2), 113~121 (2007).
<発表>
シンポジウム「チーム医療を推進するための大学における取り組み」オーガナイザー・座長/講演「救急・集中治療ならびに災害医療分野における活動を志向した薬学教育の実践 ~実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラムより~」(2016年8月,日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会)
生城山勝巳,、飯嶋久志,薬局薬剤師がフィジカルアセスメントを行う上での問題点は何か?,日本薬学会第134年会(熊本),2014年3月.

所属学会 日本集団災害医学会、日本腎臓病薬物療法学会、日本医療薬学会、、日本在宅薬学会、日本薬学会
資格 薬剤師/第一種衛生管理者
一般社団法人日本集団災害医学会 PhDLSプロバイダー
一般社団法人日本在宅薬学会 ディレクター/エヴァンジェリスト
その他 【ワークショップ、招待講演】(主なもの)
ワークショップ「バイタルサイン・フィジカルアセスメント基礎講座」オーガナイザー(2016年8月,日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会)
「薬剤師のフィジカルアセスメント」(2014年5月,千葉大学薬友会・平成26年度卒後教育研修講座)
「糖尿病の薬剤管理指導とフィジカルアセスメントのポイント」(2014年3月,千葉県薬剤師会・第4回薬剤師生涯学習研修会)
「心電図」(2016~2017年,千葉県病院薬剤師会・中堅薬剤師研修会アドバンスコース,計2回)
「周術期の輸液療法のポイント」(2013~2017年,千葉県病院薬剤師会・中堅薬剤師研修会,計5回)
「フィジカルアセスメントの基礎知識」等(2005~2017年,千葉県病院薬剤師会・基礎実務研修会,計12回)

【受賞】
2010年11月 第43回塩田賞(一般社団法人国立医療学会)
2008年6月 平成20年度 大日本住友製薬賞/「TDM研究」優秀論文賞(日本TDM学会)

【その他】
日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会(千葉) 組織委員(2016年8月)
第20回日本医療薬学会年会(千葉) 組織委員(2010年11月)
page top