教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 小林 照幸
小林

小林 照幸 (こばやし てるゆき)  / Teruyuki Kobayashi

細菌は環境の変化に対して適切な遺伝子を適切な量で発現させることにより対応しています。栄養源に対する応答もその一つですが、様々な栄養源が同時に存在する場合に細胞内でどのような調節が行われているかはあまりよく分かっていません。私はこれらの代謝調節機構の解明を目的として研究を行っています。

所属 薬学部 薬学科 准教授
薬学研究科 薬科学専攻 准教授
学位 博士(薬学)  ( 静岡県立大学 2000年 3月 )
専門分野 生化学 、分子生物学
学歴・職歴 2000年3月 静岡県立大学 大学院 薬学研究科 製薬学専攻 博士課程 修了
主な担当科目【学部】 生化学 I、 生化学 II、生物学実験、いのちのしくみⅠ(生化学)、卒業研究
主な担当科目【大学院】 生化学・分子生物学演習A、生化学・分子生物学特論、特別研究
主な論文・著書 <学術論文>
Properties of a novel intracellular poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase with high specific activity (PhaZd) in Wautersia eutropha H16.T. Abe, T. Kobayashi, and T. Saito Journal of Bacteriology. 187, 6982-6990 (2005)
Novel intracellular 3-hydroxybutyrate-oligomer hydrolase in Wautersia eutropha H16. T. Kobayashi, K. Uchino, T. Abe, Y. Yamazaki, and T. Saito Journal of Bacteriology. 187, 5129-5135 (2005)
Properties of an intracellular poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase (PhaZ1) from Rhodobacter spheroids. T. Kobayashi, K. Nishikori, and T. Saito Current Microbiology. 49, 199-202 (2004)
Roles of poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase and 3HB-oligomer hydrolase in bacterial PHB metabolism. A. Sugiyama, T. Kobayashi, M. Shiraki, and T. Saito: Current Microbiology. 48, 424-427 (2004)
Catalytic triad of intracellular poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase (PhaZ1) in Ralstonia eutropha H16. T. Kobayashi and T. Saito Journal of Bioscience and Bioengineering. 96, 487-492 (2003)
<著書>
ポリエステルの生合成および生分解 高分子 Vol. 50, pp. 378-381 (共著 2001年)
Biopolymers, Volume 3b, Polyesters II-Properties and Chemical Synthesis pp. 23-39, WILEY (共著 2002年)
高分子の寿命予測と長寿命化技術 pp. 91-97 エヌ・ティー・エス (共著 2002年)

所属学会 日本生化学会、日本生物工学会、日本農芸化学会、日本ゲノム微生物学会
その他 小見川総合病院付属看護専門学校 非常勤講師(2011年~)
page top