教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 三森  盛亮
 三森

三森  盛亮 (みもり せいすけ)  / Seisuke Mimori

動脈硬化症の発症・進展・退縮に関与する糖タンパク質について、遺伝子組換え技術を用い、その機能と、糖タンパク質からの刺激に対し細胞が応答するメカニズムを調べ、創薬への応用を目指します。個体を形成した細胞は、働きが特化しています。そのため、増殖する細胞はその場所も限られています。増殖した細胞は本来働く場所へと移動しますが、その仕組みを明らかにしようと研究を行っています。

所属 薬学部 薬学科 講師
学位 博士(農学)  ( 東京農工大学 2014年 3月 )
専門分野 分子生物学
学歴・職歴 2001年3月 工学院大学 工学部 応用化学科 卒業
2003年3月 東京農工大学大学院 生物システム応用科学研究科 生物システム応用科学専攻 修了
主な担当科目【学部】 生物学、化学実験、生物学実験、薬化学実習、特別実習
主な論文・著書 <学術論文>
Involvement of endoplasmic reticulum stress and neurite outgrowth in the model mice of autism spectrum disorder. (共著、Neurochem Int. in press, 2017)
Neuroprotective Effects of 4-phenylbutyric Acid and Its Derivatives: Possible Therapeutics for Neurodegenerative Diseases. (共著、Journal of Health Science. 5:9-17, 2017)
Correlation between brain damage, associated biomarkers, and medication in psychiatric inpatients: A cross-sectional study. (共著、Clin Chim Acta. 464:50-56, 2017)
A New Methodology for Functionalization at the 3-Position of Indoles by a Combination of Boron Lewis Acid with Nitriles. (共著、Chem Pharm Bull. 63, 538-545, 2015)
Increased Silent Brain Infarction Accompanied With High Prevalence of Diabetes and Dyslipidemia in Psychiatric Inpatients:A Cross-Sectional Study. (共著、Prim Care Companion CNS Disord. 17(2), 2015)
Evaluation of synthetic naphthalene derivatives as novel chemical chaperones that mimic 4-phenylbutyric acid. (共著、Bioorg Med Chem Lett. 25, 811-814, 2015)
Aberrant neuronal differentiation and inhition of dendrite outgrowth resulting from endoplasmic reticulum stress. (共著、J Neurosci Res. 92, 1122-1133, 2014)
4-Phenylbutyric acid protects against neuronal cell death by primarily acting as a chemical chaperone rather than histone deacetylase inhibitor. (共著、Bioorg Med Chem Lett. 23, 6015-6018, 2013)
Discovery of synthetic methoxy-substituted 4-phenylbutyric acid derivatives as chemical chaperones. (共著、Chem Lett. 42, 1051-1052, 2013)
Protective effects of 4-phenylbutyrate derivatives on the neuronal cell death and endoplasmic reticulum stress. (共著、Biol Pharm Bull. 35, 84-90, 2012)

所属学会 日本薬学会(医薬化学部会を含む)
その他 研究費獲得実績 平成21年 日本科学協会笹川科学研究助成
出張講義テーマ 「薬学部における生命薬科学科と理系大学の違いについて」
page top