教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 柳澤 泰任
柳澤

柳澤 泰任 (やなぎさわ やすひで)  / Yasuhide Yanagisawa

食品中の有効成分について研究しています。現在のところ、日本の伝統食品である納豆中に含まれている血栓溶解酵素“ナットウキナーゼ”と、骨形成に必須である“ビタミンK2”に注目をして研究を行っています。特性や構造は完全には明らかにされていませんが、それらを解明することで、機能性食品だけではなく、生活習慣病を予防する予防薬の開発につなげることを目指して基礎研究を行っています。

所属 薬学部 薬学科 講師
学位 博士(工学)  ( 倉敷芸術科学大学 2004年 3月 )
専門分野 食品機能学 、衛生薬学
学歴・職歴 2004年3月 倉敷芸術科学大学 産業科学技術研究科 機能物質化学専攻 博士課程 修了
主な担当科目【学部】 衛生薬学Ⅰ(部分担当)、衛生薬学Ⅱ、衛生薬学実習
主な論文・著書 <著書>
柳澤泰任, 須見洋行:ナットウキナーゼによる動脈硬化症予防日本医事新報,東京, 55-56, 2019
<学術論文>
T. Chatake, Y. Yanagisawa, R. Inoue, M.Sugiyama, T.Matsuo, S.Fujiwara, T.Ohsugi H. Sumi: Purification and structural characterization of water‐soluble  menaquinone‐7 produced by Bacillus subtilis natto. jfbc.12630 Vol.42 (6), (2018)
茶竹俊行, 齊藤剛, 柳澤泰任:生物物理学的手法を用いた納豆菌の研究 -納豆菌が生産する生理活性物質と納豆菌の放射線耐性. 放射線生物研究 Radiation Biology Research Communications. 53 (4), 280-290 (2018)
Y. Yanagisawa, T. Chatake, T. Saito, K. Morishima,R. Inoue1, M. Sugiyama: Biophysical studies of Bacillus subtilis natto. KURRI Progress Report 2017, Research Reactor Institute, Kyoto University, 213-213, (2018)
柳澤泰任,太田さくら,足立達美,内藤佐和,須見洋行,齊藤剛,茶竹俊行: ナットウキナーゼとメナキノン-7の構造研究, テンペ研究会誌13, 7-13 (2017)
T.Chatake, S.Fujiwara, I.Tanaka, Y.yanagisawa:DeVelopment of Improved Techniques for Neutron Biology. KURRI Progress Report 2014, Research Reactor Institute KyotoUniversity p12, (2015)
須見洋行,今井雅敏,内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳澤泰任,吉田悦男,丸山眞杉: ビーポーレン,ローヤルゼリーのBacillus subtilis nattoによる発酵―循環改善,骨疾患予防剤の開発―,New Food Industry. 56 (3)7-12, (2014)
Y. Yanagisawa, T.Chatake, S.Naito, T.Ohsugi, C.Yatagai, H. Sumi, A. Kawaguchi, K. Chiba-Kamosida, M. Ogawa, T. Adachi, and Y. Morimoto: X-ray structure determination and deuteration of nattokinase. J Synchrotron Radiat. 20(Pt 6): 875-879 (2013)
須見洋行,内藤佐和,鈴木理恵,齋藤丈介,チャンリャンリャン,矢田貝智恵子,大杉忠則,吉田悦男,柳澤泰任,丸山眞杉: ナットウキナーゼの強力なエラスチン分解活性およびエラスタチナールによる阻害. New Food Industry. 1月号12-16(2012)
T. Chatake, T. Ishikawa, Y. Yanagisawa, T. Yamada, I.Tanaka, S. Fujiwara, Y.Morimoro: High-resolution X-ray study of the effects of deuteration on crystal growth and the crystal structure of proteinase K. Acta Crystallogr. F67, 1334-1338 (2011)
須見洋行, 内藤佐和,矢田貝智恵子,大杉忠則,柳澤泰任, 丸山眞杉: ナットウキナーゼの国際単位(IU)による力価検定法.,FOOD Style 21. 14 (3), 52-54 (2010)
Y. Yanagisawa, T. Chatake, K. Chiba-Kamoshida, S. Naito, T. Ohsugi, H. Sumi, I. Yasuda, Y. Morimoto: Purification Crystallization and Preliminary X-ray Diffraction Experiment of Nattokinase from Bacillus subtilis natto. Acta Crystallogr. F66, 1670-1673 (2010)
須見洋行, 内藤佐和, 矢田貝智恵子, 大杉忠則, 柳澤泰任: 納豆菌(Bacillus subtilis natto, SL-001)が培養液中に生産する水溶性ビタミンK薬理と臨床.18(5), 297-305(2008)
Y.Yanagisawa,and H. Sumi: Natto bacillus contains a largeamountof water-soluble vitamin K (menaquinone-7). jfbc. 29 (3) 267-277 (2005)
<発表>
H. Sumi, C. Yatagai S. Naito, Y. Yanagisawa, M.Maruyama: Highest Nattokinase Activity in Japanese Fermented Food-Natto. ISTH 2019 is the XXVII Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (Melbourne, Australia)
柳澤 泰任 , 笹沼 美夕, 小笠原 瑠美 , 内藤 佐和, 矢田貝 智恵子, 足立 達美, 須見 洋行:キャベツ醗酵によるナットウキナーゼの生産性に及ぼす糖類添加の効果,日本薬学会 第139年会(2019年3月 千葉)
柳澤 泰任, 安田 有里, 大杉 忠則, 矢田貝 智恵子, 足立 達美, 須見 洋行: 納豆菌によるナットウキナーゼの生産性に及ぼすD体アミノ酸添加の効果,日本薬学会第139年会(2019年3月 千葉)
柳澤泰任,大杉忠則,矢田貝智恵子,須見洋行, D体アミノ酸添加によるナットウキナーゼの増産,日本農芸化学会2018年度大会(名古屋)
Y. Yanagisawa, T. I t o , and H. Sumi:Very High Production of Nattokinase by D-amino Acids. ISTH 2017 is the XXVI Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (Berlin, Germany)
ナットウキナーゼの結晶化および重水耐性菌の培養.平成28年度テンペ研究会(2016年8月 倉敷)
ナットウキナーゼの結晶化およびビタミンK2の生産.おかやまバイオアクティブ研究会, 第46回シンポジウム(2014年10月 倉敷)
Y. Yanagisawa, T. Chatake, Y. Morimoto, A. Katagiri, R. Kazama, T. Adachi, H. Sumi: X-ray structure determination and deuteration of nattokinase. 4th International Symposium on Diffraction Structural Biology (May 2013, Nagoya)

所属学会 日本薬学会、日本農芸化学会、食品衛生学会
その他 外部資金取得状況 :2014年4月~2017年3月文部科学省 科研費(若手研究B)代表

共同研究:血栓溶解酵素“ ナットウキナーゼ ”及び骨形成に重要な物質“ ビタミンK2 ”について、倉敷芸術科学大学生命科学部、京都大学複合原子力科学研究所と共同研究を行っています。
page top