新着情報News

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. NEWS 新着情報
  3. 【危機管理学科】木村ゼミ学生による被災地支援の新システム「OSUSOWAKE おすそわけ」の実証実験が千葉日報で紹介されました。

【危機管理学科】木村ゼミ学生による被災地支援の新システム「OSUSOWAKE おすそわけ」の実証実験が千葉日報で紹介されました。

21.08.30

「被災地支援に銚子産品 新システム実証実験開始 千葉科学大×まちづくり団体」(千葉日報2021年8月30日)

日本初!地域ぐるみでローリングストック「OSUSOWAKE」はじめます!
https://congrant.com/project/choshientaku/3425

【実証実験の内容】(危機管理学科 木村栄宏教授より)
・災害が発生して支援に動くという通常の流れと異なり、日常から地域ぐるみで地元企業に 備蓄して備えようとする共助のローリングストック。
・期間中(1期を半年間)、事前に協定を結んでいる地域、団体から支援の要請があった場合は、備蓄されている地元産品は企業から直送され、参加者の手元には報告書が送られる。
・支援要請がなかった場合は、産品は参加者に個別に送られ、次への備えを続けていただく。
・この仕組みを通して、日常からの防災意識の向上と、寄付参加意識が醸成することを目指し、地元千葉科学大学生の専門的な学びを参加者、地域に提供すると共に、協定先地域の拡充と連携を進め、OSUSOWAKEの理念を、全国、世界へと広げていく広報活動を実践するための実証実験。
・今回、実証実験として、防災の日を前にした8月27日から開始、11月の青澄祭での発表をGOALにして実施。


page top