教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 照井 祐介
照井

照井 祐介 (てるい ゆうすけ)  / Yusuke Terui

“ポリアミンの生理機能解明”を研究テーマにしています。ポリアミンは全ての生物に含まれる生命に必須な生理活性アミンです。生体内で合成されますが、食物から摂取することもできます。ポリアミンは細胞増殖促進や生存率維持作用を持つので、ガンで増加することが知られています。また、ポリアミンが少なくて病気になる遺伝病も見つかっています。これらに基づき、ポリアミンの細胞増殖促進や細胞内濃度調節機序の基礎的な研究を行なっています。

所属 薬学部 薬学科 教授
薬学研究科 薬科学専攻 教授
薬学科長・薬学研究科薬科学専攻長
学位 博士(生命科学)  ( 東京薬科大学 2005年 3月 )
専門分野 生化学 、分子生物学
学歴・職歴 2005年3月 東京薬科大学 大学院 生命科学研究科 生命科学専攻 博士課程 修了
主な担当科目【学部】 病態生理学、病態生化学 I(部分担当) 、生化学 I (部分担当)、病態生化学実習、特別実習
主な担当科目【大学院】 薬理学・病態生化学特論、薬理学・病態生理学演習B、特別研究
主な論文・著書 <学術論文>
Imamura, M., Higashi, K., Yamaguchi, K., Asakura, K., Furihata, T., Terui, Y., Satake, T., Maegawa, J., Yasumura, K., Ibuki,A., Akase, T., Nishimura, K., Kashiwagi, K., Linhardt, R. J., Igarashi, K., Toida, T.: Polyamines release the let-7b-mediated suppression of initiation codon recognition during the protein synthesis of EXT2. Sci. Rep. 6, 33549 (2016)
Uemura, T., Nakamura, M., Sakamoto, A., Suzuki, T., Dohmae, N., Terui, Y., Tomitori, H., Casero, R. A., Jr., Kashiwagi, K., Igarashi, K.: Decrease in acrolein toxicity based on the decline of polyamine oxidases. Int. J. Biochem. Cell Biol. 79, 151-157 (2016)
Yoshida, T., Sakamoto, A., Terui, Y., Takao, K., Sugita, Y., Yamamoto, K., Ishihama, A., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Effect of spermidine analogues on cell growth of Escherichia coli polyamine requiring mutant MA261. PLoS One. 11, e0159494 (2016)
Hori, H., Terui, Y., Nakamoto, C., Iwashita, C., Ochi, A., Watanabe, K., Oshima, T.: Effets of polyamines from Thermus thermophiles, an extreme-thermophilic eubacterium, on tRNA methylation by tRNA (Gm18) methyltransferase (TrmH). J. Biochem. 159 (5). 509-517 (2016)
Ge, D., Higashi, K., Ito, D., Nagano, K., Ishikawa, R., Terui, Y., Higashi, K., Moribe, K., Linhardt, RJ., Toida, T.: Poly-ion Complex of Chondroitin Sulfate and Spermine and Its Effect on Oral Chondroitin Sulfate Bioavailability. Chem. Pharm. Bull. 64 (5). 390-398 (2016)
Nakamura, M., Uemura, T., Saiki, R., Sakamoto, A., Park, H., Nishimura, K., Terui, Y., Toida, T., Kashiwagi, K., Igarashi, K.: Toxic acrolein production due to Ca2+ influx by the NMDA receptor during stroke. Atherosclerosis. 244, 131-137 (2016)
<著書>
Sakamoto, A., Terui, Y., Yoshida, T., Yamamoto, T., Suzuki, H., Yamamoto, K., Ishihama, A., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Three members of polyamine modulon under oxidative stress conditions: two transcription factors (SoxR and EmrR) and a glutathione synthetic enzyme (GshA). PLoS One 10(4), e0124883 (2015)
<学術論文>
Terui, Y., Sakamoto, A., Yoshida, T., Kasahara, T., Tomitori, H., Higashi, K., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Polyamine stimulation of eEF1A synthesis based on the unusual position of a complementary sequence to 18S rRNA in eEF1A mRNA. Amino Acids 47(2), 345-356 (2015)
照井祐介, ポリアミンによる蛋白質合成促進, ポリアミン 2 (2), 46-53 (2015)
照井祐介, 細菌を寄せ付けない!?生物の驚くべき体表面加工, 生物工学 93(6), 352 (2015)

所属学会 日本薬学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本ポリアミン学会
資格 薬剤師
第1種作業環境測定士
その他 ◯ 出張講義テーマ
微生物とポリアミン

◯ 受賞履歴
2014年5月 千葉科学大学教育研究功労賞
2004年9月 永井國太郎記念奨学金

◯ 外部資金取得状況
2016年4月~2020年3月 文部科学省 科研費(基盤研究C) 代表
2014年4月~2016年3月 文部科学省 科研費(若手研究B) 代表
2012年4月~2014年3月 文部科学省 科研費(若手研究B) 代表
2011年4月~2014年3月 文部科学省 科研費(基盤研究C) 分担
2012年1月~2012年12月 濱口生化学振興財団研究助成 代表

◯ 教育上の役割
  入試広報室参与

◯ 社会貢献及び地域貢献
  日本ポリアミン学会広報委員(2013-2016年度)、日本ポリアミン学会企画・運営委員(2017-)
page top