教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 坂本 明彦
坂本

坂本 明彦 (さかもと あきひこ)  / Akihiko Sakamoto

生命に必須な物質「ポリアミン」について研究しています。ポリアミンは細胞増殖を促進する一方で、酸化分解されると非常に毒性の強いアクロレインを産生します。最近、このアクロレインが脳梗塞やアルツハイマー病といった疾患に関与していることが明らかになりました。アクロレインの毒性機序や毒性除去化合物の探索し、これらのような病気の早期発見や治療を目指して、日々研究しています。

所属 薬学部 薬学科 助教
学位 博士(薬科学)  ( 千葉科学大学 2014年 3月 )
専門分野 生化学 、分子生物学
学歴・職歴 2014年3月 千葉科学大学大学院 薬科学研究科 薬科学専攻 博士課程 修了
主な担当科目【学部】 基礎生物学、生化学Ⅰ、病態生理学Ⅱ、薬学基礎実習、生命薬学実習1
主な論文・著書 <学術論文>
Sakamoto A., Terui Y., Uemura T., Igarashi K., Kashiwagi K.: Translational Regulation of Clock Genes BMAL1 and REV-ERBα by Polyamines. Int. J. Mol. Sci. 22, e1307. (2021)
Sakamoto A., Terui Y., Uemura T., Igarashi K., Kashiwagi K.: Polyamines regulate gene expression by stimulating translation of histone acetyltransferase mRNAs. J. Biol. Chem. 95(26). 8736-8745. (2020)
Sakamoto A., Uemura T., Terui Y., Yoshida M., Fukuda K., Nakamura T., Kashiwagi K., Igarashi K.: Development of an ELISA for measurement of urinary 3-hydroxypropyl mercapturic acid (3-HPMA), the marker of stroke. Med. Sci. 8, 33. (2020)
Sakamoto A., Sahara J., Kawai G., Yamamoto K., Ishihama A., Uemura T., Igarashi K., Kashiwagi K., Terui Y.: Cytotoxic Mechanism of Excess Polyamines Functions through Translational Repression of Specific Proteins Encoded by Polyamine Modulon. Int J Mol Sci. 21, e2406. (2020)
Uemura T., Suzuki T., Ko K., Nakamura M., Dohmae N., Sakamoto A., Terui Y., Toida T., Kashiwagi K., Igarashi K.: Structural change and degradation of cytoskeleton due to the acrolein conjugation with vimentin and actin during brain infarction. Cytoskeleton (Hoboken) 10, 414-421. (2020)
Uemura T., Suzuki T., Ko K., Watanabe K., Dohmae N., Sakamoto A., Terui Y., Toida T., Kashiwagi K., Igarashi, K.: Inhibition of dendritic spine extension through acrolein conjugation with α-, β-tubulin proteins. Int. J. Biochem. Cell Biol. 113, 58-66. (2019)
Uemura T, Watanabe K, Ko K, Higashi K, Kogure N, Kitajima M, Takayama H, Takao K, Sugita Y, Sakamoto A, Terui Y, Toida T, Kashiwagi K, Igarashi K.: Protective Effects of Brain Infarction by N-Acetylcysteine Derivatives. Stroke. 49, 1727-1733. (2019)
Terui, Y., Yoshida, T., Sakamoto, A., Saito, D., Oshima, T., Kawazoe, M.,Yokoyama, S., Igarashi, K., Kashiwagi, K.: Polyamines protect nucleic acids against depurination. Int. J. Biochem. Cell Biol. 99, 147-153. (2018)
坂本明彦. 細胞増殖因子ポリアミンによるヒストンアセチル化酵素の翻訳促進. 月刊 細胞. 52(9), 24-26. (2020)
坂本明彦, 富取秀行. ポリアミンの酸化分解により産生されるアクロレインの細胞毒性と疾患. ポリアミン 3(2), 38-46. (2016)

所属学会 日本薬学会、日本生化学会、日本ポリアミン学会
資格 薬剤師
その他 ◯ 外部資金取得状況
2021年4月~2024年3月 文部科学省 科研費(若手研究) 代表
2019年4月~2021年3月 文部科学省 科研費(若手研究) 代表
2018年4月~2021年3月 公益財団法人 喫煙科学研究財団研究助成 若手研究 代表

出張講義

講義No. 085
分類 薬学・化学系分野
テーマ ポリアミンから産生されるアクロレインの解毒機構と医療への応用
概要 アクロレインは、生体内では細胞内に非常にたくさんあるポリアミンから産生され、食用油やタバコの煙にも含まれる非常に毒性の高い不飽和アルデヒドです。この毒性の強いアクロレインが体内でどのように代謝されるか説明します。また、アクロレインの脳梗塞やアルツハイマー病といった疾患マーカーとしての有用性と新薬開発への可能性を解説します。
page top