教員検索

  1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教員検索
  3. 坂本 明彦
坂本

坂本 明彦 (さかもと あきひこ)  / Akihiko Sakamoto

生命に必須な物質「ポリアミン」について研究しています。ポリアミンは細胞増殖を促進する一方で、酸化分解されると非常に毒性の強いアクロレインを産生します。最近、このアクロレインが脳梗塞やアルツハイマー病といった疾患に関与していることが明らかになりました。アクロレインの毒性機序や毒性除去化合物の探索し、これらのような病気の早期発見や治療を目指して、日々研究しています。

所属 薬学部 薬学科 助教
学位 博士(薬科学)  ( 千葉科学大学 2014年 3月 )
専門分野 生化学 、分子生物学
学歴・職歴 2014年3月 千葉科学大学大学院 薬科学研究科 薬科学専攻 博士課程 修了
主な担当科目【学部】 生物学、病態生化学Ⅱ(部分担当)、病態生理学Ⅱ、生物学実験、病態生化学実習
主な論文・著書 <学術論文>
Decrease in acrolein toxicity based on the decline of polyamine oxidases. Uemura, T., Nakamura, M., Sakamoto, A., Suzuki, T., Dohmae, N., Terui, Y., Tomitori, H., Casero, R. A., Jr., Kashiwagi, K., Igarashi, K. Int. J. Biochem. Cell Biol. 2016;79:151-157
Effect of spermidine analogues on cell growth of?Escherichia coli?polyamine requiring mutant MA261.? Yoshida, T., Sakamoto, A., Terui, Y., Takao, K., Sugita, Y., Yamamoto, K., Ishihama, A., Igarashi, K., Kashiwagi, K. PLoS One. 2016;11:e0159494
ポリアミンの酸化分解により産生されるアクロレインの細胞毒性と疾患. 坂本明彦,富取秀行? ポリアミン?2016;3 (2):38-46
Toxic acrolein production due to Ca2+?influx by the NMDA receptor during stroke. Nakamura M, Uemura T, Saiki R, Sakamoto A, Park H, Nishimura K, Terui Y, Toida T, Kashiwagi K, Igarashi K. Atherosclerosis.?2016;244:131-137?
Three members of polyamine modulon under oxidative stress conditions: two transcription factors (SoxR and EmrR) and a glutathione synthetic enzyme (GshA). Sakamoto A, Terui Y, Yoshida T, Yamamoto T, Suzuki H, Yamamoto K, Ishihama A, Igarashi K, Kashiwagi K. PLoS One. 2015;10(4):e0124883.
Polyamine stimulation of eEF1A synthesis based on the unusual position of a complementary sequence to 18S rRNA in eEF1A mRNA. Terui Y, Sakamoto A, Yoshida T, Kasahara T, Tomitori H, Higashi K, Igarashi K, Kashiwagi K. Amino Acids. 2015;47(2):345-56.
Antibacterial effects of protruding and recessed shark skin micropatterned surfaces of polyacrylate plate with a shallow groove. Sakamoto A, Terui Y, Horie C, Fukui T, Masuzawa T, Sugawara S, Shigeta K, Shigeta T, Igarashi K, Kashiwagi K. FEMS Microbiol Lett. 2014;361:10-16.
Spermidine is required for morphogenesis in the human pathogenic fungus, Penicillium marneffei. Kummasook A, Cooper CR Jr, Sakamoto A, Terui Y, Kashiwagi K, Vanittanakom N. Fungal Genet Biol. 2013;58-59:25-32.
Properties of putrescine uptake by PotFGHI and PuuP and their physiological significance in Escherichia coli. Terui Y, Saroj SD, Sakamoto A, Yoshida T, Higashi K, Kurihara S, Suzuki H, Toida T, Kashiwagi K, Igarashi K. Amino Acids. 2014;46(3):661-70.

所属学会 日本薬学会、日本生化学会、日本ポリアミン学会
資格 薬剤師
page top