1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 危機管理学部
  4. 動物危機管理学科
  5. 教員紹介

各教員の担当科目・研究内容・業績は教員氏名をクリックすることで閲覧できます
一般教育・教職課程 教員紹介はこちら

堀本 政夫 教授
医薬品をはじめ、農薬、動物用医薬品などの化学物質が、次世代(胎児や小児)に及ぼす影響(リスク)をより的確に評価するため、実験動物を用いた安全性評価法に関する研究を行っています。また、薬や機能性食品などの効果をより正確に評価するためにヒトの病態に模した実験動物が用いられますが、このような病態モデル動物を作製して、肥満や脂肪肝に関する研究にも取り組んでいます。
[専門分野]毒性学、実験動物学、実験奇形学、生殖発生毒性学、医薬品安全性学、レギュラトリーサイエンス
小沼 守 教授
この研究室は伴侶動物の臨床を科学する研究室です。主に伴侶動物におけるエビデンスのある獣医療を提供するための診断基準の構築や貴重な臨床データの集積による疫学調査、サプリメントなどの新規素材の開発を行い、これらの臨床応用を目指しています。また、もうひとつの柱として臨床に必要なコミュニケーション能力に関する臨床心理学的研究や教育活動も積極的に行っております。
[専門分野]臨床獣医学、動物看護学
植木 岳雪 教授
第四紀と呼ばれる過去250万年間の地形・地質のなりたちを研究しています。石や土は自ら語りかけてくれないので,野外を歩いたり、室内の実験・分析のデータを総合して、自然の歴史のジグソーパズルを組み立てていきます。それをもとにした学校教育・生涯教育の実践も行います。
[専門分野]地質学、自然地理学、理科教育学
塚本 浩司 教授
仮説実験授業の理論を基にした〈たのしい科学教育〉に関する研究をしています。その研究を基に,内外の科学講座や教育系学会に発表・紹介する活動を行っています。
[専門分野]科学教育
戸塚 唯氏 教授
教育場面における教師と生徒の心理について研究しています。また環境教育にも興味を持ち,効果的な環境教育の方法などについて,心理学的に研究を行っています。
[専門分野]社会心理学、教育心理学
福永 優子 教授
動物医療の発達や飼育環境の改善等により、伴侶動物の寿命は延びています。伴侶動物の加齢による行動異常や運動機能の低下は、人と動物が共生していく上で問題となる場合が少なくありません。加齢による認知障害や運動機能の低下に関し、その機序の解明と予防の提案を目指します。
[専門分野]神経生物学、機能形態学
熊谷 圭二郞 准教授
学級集団や学習集団における人間関係について研究しています。また,臨床心理士としての活動を行うとともに支援的対話のあり方についても研究を進めています。
[専門分野]教育学、教育方法、学級経営
小濱 剛 准教授
沿岸海域における大型浮遊・付着動物の生態やそれに関連する水質環境について、生態学・化学の両側面から、沿岸海域における生態環境の保全について検討しています。
[専門分野]生物海洋学、海洋環境学
坂 芳樹 准教授
医薬品や農薬などの化学物質には次世代への影響(発生毒性)を有する化合物があります。これらの化合物の次世代への影響を精査するために、実験動物を用いたin vitro系の手法を利用して発生毒性の機序を解明することを目指します。
[専門分野]実験動物学、毒性学、眼科学
佐藤 周史 講師
独立行政法人の機関で長年働き、その牧場や民間育種会社で繋養している家畜集団を材料として、ゲノム情報と形質の関連を調査し、改良に利用可能なゲノム情報の研究に携わってきました。一方、研究機関においても最新の解析ツールを用いた成果が数多く公表されていることを踏まえ、日本の畜産を盛り上げていく上で有効な技術の開発とその実用化を目指します。
[専門分野]産業動物学、家畜育種学、分子生物学
澁谷 未央 講師
海棲哺乳類であるゴマフアザラシの生息状況や移動、潜水行動等を研究してきました。彼らの行動特性を行動学的、認知学的視点から解明することを目指し、野生下と飼育下で研究に取り組みます。また、銚子周辺海域にて鯨類や板鰓類の季節別生息状況や回遊状況等の研究にも取り組みます。一方で、前任の加瀬先生が取り組んでこられた陸棲哺乳類の野生動物管理学的研究もカメラセンサー等を用い継続して行います。野生・飼育下での研究を通じ水族館や動物園の飼育動物種の生態や行動に適した環境エンリッチメントの構築を目指します。
[専門分野]海棲哺乳類学、野生動物学、生態学
山口 太一 助教
現在の魚の養殖システムでは、現在の魚食の要求量から計算すると、今後の世界的な人口の増加に対して限界があります。これからは内陸部のような閉鎖的な空間で、好適環境水という低コストで安全な飼育水を循環させ、魚を飼育する新たな養殖方法を確立することを目指します。
[専門分野]好適環境水
阿部 仁美 助手
動物医療従事者向けのシミュレータの開発および実践教育における効果の研究を行っています。動物の代替,動物医療従事者の手技向上は動物実験における3Rの理念に基づきます。シミュレータの開発から,一定レベルの教育の提供を目指します。
[専門分野]動物看護学、シミュレーション教育
page top