1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 看護学部
  4. 教員紹介

各教員の担当科目・研究内容・業績は教員氏名をクリックすることで閲覧できます 一般教育・教職課程 教員紹介はこちら

安藤 智子 教授
行政保健師として33年間勤務し、実践を通して地区組織活動、介護予防ケアマネジメント、ケアマネジャー支援、高齢者虐待防止等の研究に取り組んできました。 保健師は公衆衛生看護学に基づき、地域住民全体の健康を守る専門職です。多様な健康課題を分析し、住民と共に解決する地域ケアシステムのあり方を研究したいと思っています。
[専門分野]公衆衛生看護学
市原 真穂 教授
病気や障害をもった子どもと家族が、地域で安心・安全に暮らしながら、子どもの可能性を最大限に引き出す看護援助の方法や、ケアシステム作りについて、専門看護師の資格を活かして病院や福祉施設と連携した研究を行っています。
[専門分野]小児看護学
今井 弥生 教授
在宅療養者と家族介護者のQOLについて関係性について研究しています。
[専門分野]在宅看護学
梅田 君枝 教授
災害被災者のストレスや睡眠障害、心身のケア、応急仮設住宅の生活環境、被災地のコミュニティ支援など災害看護に関する研究を行っています。また、成人看護学に関して、成人期のセルフケアと慢性疾患をテーマとしています。
[専門分野]成人看護学
梶原 睦子 教授
病気で人工肛門や人工膀胱(ストーマ)をつくられた人たちのケアについて研究しています。ストーマ保有者の心理や、適応過程、日常生活支援を中心に研究をしています。また、その人たちが装具装着をする部分の皮膚の変化についての調査も行っています。ストーマ保有者のQOLの向上を目指しており、社会活動の一環として、ストーマ看護外来も行っていますし、患者会への参加もしています。ストーマは排泄の障がいなので、排泄についての心理で、特に、においの問題にも関心を向けて研究しています。
[専門分野]成人看護学
高橋 方子 教授
日本文化に即した終末期医療の意思決定について研究をしています。また看護職の専門性や裁量、看護技術教育や臨地実習指導について研究しています。
[専門分野]基盤看護学
冨樫 千秋 教授
2025年には看護師が約25万人不足するといわれています。看護職の健康・安全に関して看護職に還元できる研究をしています。離職の要因、インシデント・アクシデントの要因、出産後のキャリア継続要因が研究テーマです。
[専門分野]基盤看護学
長島 緑 教授
障がい者、高齢者の生活全般の支援と看護について取り組んでいます。認知障害のある排泄ケアにおけるケアストラテジーの抽出より排泄ケアプログラムを開発しています。また、高次脳機能障害者と認知症者やその介護する家族に対して関わり方について研究しています。ケア支援・研究支援では、障がいのあるひとのスポーツと健康を支援するケアにおいて研修支援や研究支援などをしています。
[専門分野]老年看護学
村山 より子 教授
[専門分野]母性看護学
渡辺 浩美 教授
自閉症スペクトラム者への支援について研究をしています。
[専門分野]精神看護学
上杉 英生 准教授
専門・認定看護師による診断・治療開始時期のがんカウンセリングの実態を把握するための予備調査を行った後、看護師主導型オリエンテーション・プログラム(以下、本プログラム)を開発し実施可能性を検討すること、対照群を置いた比較試験にて有効性を検証していくことである。
[専門分野]成人看護学
大山 真貴子 准教授
[専門分野]成人看護学
久木元 理恵 准教授
障がいをもつ子どもと家族の看護、小児看護学教育方法
[専門分野]小児看護学
小磯 京子 准教授
災害により避難している被災者、特に高齢者を対象に避難生活の変化が及ぼすストレスに関する影響を調査し、生活を再建するために必要な支援やケアの研究に取り組んでいます。
[専門分野]老年看護学
武者 貴美子 准教授
児童虐待は大きな社会問題です。一助産師として最も関わることのできる周産期において、「母親による乳幼児虐待の予防に向けた育児支援」をテーマとして研究を行っています。本校の特色でありますところの地域住民のニーズに即し、母子の健康と幸せを願いつつ母性看護教育・研究を実践していきます。
[専門分野]母性看護学
米倉 摩弥 准教授
テキストに載っている看護技術を患者に提供した場合、患者にどのような影響があるのかを検証しています。たとえば、脳血管疾患により利き手が麻痺してしまった人が利き手交換をして食事をすると、利き手で食べた時と何がどのように違うのかについて研究しています。また、初学者はいつ・どの時期に観察の能力を身につけるのか、ベッド周囲の環境の危険について気づくのか、看護介入獲得の学びのプロセスについても研究しています。
[専門分野]基盤看護学
青木 君恵 講師
がん看護の臨床経験からがん患者の認知体験に焦点をあて、患者様の体験を理解した上でその人らしい生き方を支えられる看護として何ができるのか、何をすればよいのか研究を通して考えています。
[専門分野]成人看護学
大塚 朱美 講師
高等学校において教諭(看護)と養護教諭を経験したことをいかし、看護と養護の関係性や事例を通した健康相談の理論化、後期中等教育と生涯学習などをテーマとしています。
[専門分野]基盤看護学
鈴木 康宏 講師
取り組んでいるテーマは、家事育児などの家庭役割と職場における仕事役割との両立葛藤(ワーク・ファミリー・コンフリクト Work-family conflict)に焦点をあて、看護師として仕事を継続し、家庭生活の充実も可能となる環境や仕組みについて考えていく事です。今後は、自分で状況を判断し考えることができるような自立した看護師の育成に向けた看護教育についても研究を進めて行きたいと考えております。
[専門分野]基盤看護学
髙木 典子 講師
[専門分野]小児看護学
髙橋 玲子 講師
公衆衛生看護学における地区活動の効果的な方策について研究しています。地域住民が主体的に健康づくり活動を行えるような保健師活動の在り方を追求したいと思っています。
[専門分野]公衆衛生看護学
丹野 志保 講師
[専門分野]老年看護学
デッカー 清美 講師
[専門分野]精神看護学
平野 和美 講師
訪問看護が介入した方のご遺族へのグリーフケアに関する研究をしています。どのような介入が効果的なのかを明らかにし、看護教育や実践の場で活用できることを目指しています。
[専門分野]在宅看護学
度會 裕子 講師
リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から、女性の各ライフステージに関わる研究を行っています。健康教育,知識の普及・啓発,健康相談,保健指導の中で“自分の身体を知り、自分の身体を守る。自分で考えて選びより良い生活”を行える活動に関する研究に取り組んでいます。
[専門分野]母性看護学
石田 直江 助教
[専門分野]基盤看護学
菅谷 しづ子 助教
基盤となる看護技術の効果的な指導方法について、根拠となる学習の部分(認知領域)とベッドサイドでの援助技術の実際との関連を深めたいと考えています。助産師としてはバースレビューの効果的な方法について関心があります。出産を肯定的に受け止めることのできるかかわりを研究したいと考えています。
[専門分野]基盤看護学
野本 真理映 助教
[専門分野]精神看護学
澁佐 徳紀 助手
災害看護に興味を持っています。臨床では循環器病棟での経験があり、災害時の循環器系疾患の予防等に臨床での経験を生かして取り組んでいきたいと考えています。
[専門分野]成人看護学
page top